文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介 ≫ 社会環境工学科
Department of Civil and Environmental Engineering 社会環境工学科

土木工学と環境工学を学ぶ

概要・最新情報

社会環境工学科 学科長 土倉 泰 教授

社会環境工学科の教育プログラムは、土木・環境工学の分野で「地域づくり」を担う自立した技術者の育成を目標にかかげています。社会を円滑に機能させるためには、道路や鉄道、上下水道、電気通信網などが整備されていなければなりません。このような「公共」にかかわる施設の設計・施工・維持管理のことを勉強します。河川などの自然環境や生活環境の保全、都市計画もその対象です。市民が文化的水準の高い生活を送るための地域づくりについて一緒に考えていきましょう。


ADMISSION POLICY

学生像

  1. 道路、河川、港湾、鉄道、都市施設の整備・維持管理方法、地震や大雨による自然災害から市民生活を守るための対策、種々の環境問題に関心を持っている

  2. 広くものづくりに関心が高く、自然現象や社会現象の調査分析・実験などを通じて自然科学や社会科学の原理原則を探求したい

能力

数学・英語・理科・国語等、特に数学・物理の基礎的学力を評価します。

<高等学校等での修得すべき科目>
数学 数学I・II・III・A・B(あるいは同等の科目)
理科 物理(物理基礎を含む)
英語

» カリキュラム・卒業認定基準

JABEE 認定

認定証 「社会環境工学科」社会環境工学科の教育プログラムはJABEEの認定を受けています。

 JABEE認定技術者教育プログラム修了証明書の発行手続きについて [PDF:89.9KB]
 平成20年度建設工学科昼間主コース卒業生の皆様へ [PDF:79.2KB]

工学部 「社会環境工学科」 は2007年度 JABEE(日本技術者教育認定機構)認定を受けました。

>> 官報11ページをご覧ください [PDF:184KB]
>> JABEEホームページ
>> 日本技術士会ホームページ

資料

学科ページ内の動画をご覧になるにはそれぞれ下記のソフトが必要です。

  • ⇒ Windows Media Player(無料)ダウンロードはこちら
  • ⇒ Macromedia Flash Player(無料)ダウンロードはこちら