文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介 ≫ 総合デザイン工学科
Department of Integrated Design Engineering 総合デザイン工学科
工学を基礎とし、未来を拓くデザイン・マインドを身に付ける
未来を拓くデザイン、マインドを身に付ける-youtube

概要・最新情報

総合デザイン工学科 学科長 駒田 剛司 教授

デザインとは世の中に遍く存在するモノやコトに形を与え、私たちを取り巻く環境を再構成し続ける行為です。つまりデザインの対象は無限です。一方、デザインの核となるアイデアを思考する力は、対象に対して個別的なものではありません。総合デザイン工学科では、建築、都市、ランドスケープ、プロダクト、メディアアートなど、幅広い領域で活躍する教官が君たちを迎えます。それぞれの工学的知識を背景とした、多様なデザインアプローチを経験することによって、広い視野と感性を持った人材を育成することを目指しています。また、夜間の時間帯を中心に授業を開講することで、4年間でフレキシブルな学習のできる学科です。

デザイン

工学に裏付けされたデザイン力を養います。


プログラミング入門

デザイン

工学に裏付けされたデザイン力を養います。


環境デザインII

材料・構造

デザインを支える材料・構造技術に関する高い能力を養います。


構造腐食研究室

ADMISSION POLICY

学生像

  1. 地域社会に貢献したい

  2. デザイナー、建築家としての確かな基礎知識や技術を身に付けたい

  3. 構造家、設備系技術者、情報技術者として活躍したい

  4. 基礎的な倫理観や教養、専門的な知識に基づく、独創的な発想力と問題解決能力を身に付けたい

  5. 既に社会人であり、工学的専門知識を学び、将来的に仕事に生かしたい

能力

数学・理科の基礎的学力、想像力・理解力・描写力・表現力、発想力と問題解決能力についての資質を評価します。

<高等学校等での修得すべき科目>
数学 数学I・II・A・B(あるいは同等の科目)
理科 物理基礎(できれば物理も) 英語

» カリキュラム・卒業認定基準

資料