2014年12月アーカイブ

カリキュラム・卒業認定基準

CURRICULUM POLICY

建築学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、共通教育科目、専門教育科目(専門基礎科目、専門科目)に分けて、以下のカリキュラムを開設し、年次に従って実施します。

  1. 1年次においては、教養科目で構成されている共通教育科目とともに、建築学の基本となる設計、計画、構造の基礎に関する専門基礎科目を学ぶ。
  2. 2年次においては、1年次の専門基礎科目に加えて、建築学の基礎をより発展させた専門基礎科目のほか、建築設計、構造力学、建築計画、環境工学に関する専門科目について学び、建築設計者・技術者として必要な基礎知識を身に付ける。
    また、実習・演習科目を通して、自己表現力を身に付ける。
  3. 3年次においては、専門科目を中心に学び、建築計画・意匠分野、建築構造・材料分野、建築環境・設備分野に分けて、学生が自主的に履修計画を立て、希望する専門分野の科目を履修する。また、実験科目を通して、問題提起・解決能力を身に付けるほか、建築インターンシップでは、学外の企業で実務を体験することにより、倫理観や社会的責任を理解する。
  4. 4年次においては、専任教員の研究室に所属し、卒業研究・設計に取り組むことで、技術論文のまとめ方、プレゼンテーション方法、討議の仕方などについて学び、大学教育の総まとめを行う。

cul_arc01_2016.gif

DIPLOMA POLICY

卒業に必要な単位数を修得し、以下に示す能力を有すると認められたものに学位を授与します。

  1. 自ら発見した問題を、自ら調べ、自ら考えて解決する能力を身に付けている。
  2. 学んだ技術や知識をもとに、柔軟に対応できる応用力を身に付けている。
  3. 建築設計者・技術者として必要な基礎知識を持ち、記述能力、描画能力、ものを作る能力を通して、自分の考えを表現することができる。
  4. 建築設計者・技術者として備えるべき倫理観を持ち、社会的責任を理解している。
  5. 建築に関わる生活の豊かさ、人間の健康、地域社会、環境について考えた空間を創造することができる。
専門教育科目
専門基礎科目
専門科目
必修
必修
選択必修
1年次
前期
建築設計基礎Ⅰ
建築構造
建築学概論
建築材料
後期
建築設計基礎Ⅱ
建築構造力学Ⅰ
建築計画Ⅰ
木質構造 建築デザイン実習
建築情報処理
バウビオロギーⅠ
2年次
前期
建築構造力学Ⅱ
建築計画Ⅱ
建築設計Ⅰ
インテリアⅠ
建築史Ⅰ
建築環境工学Ⅰ
バウビオロギーⅡ
建築設計ワークショップ
後期
鉄筋コンクリート構造Ⅰ
鋼構造Ⅰ
建築設計Ⅱ
建築環境工学Ⅱ
建築構造力学Ⅲ
建築計画Ⅲ
インテリアⅡ
建築史Ⅱ
建築生産
建築構造計画
3年次
前期
都市環境計画Ⅰ 建築法規
建築設計Ⅲ
建築設備Ⅰ
聴覚・音響学
鋼構造Ⅱ
建築構造力学Ⅳ
建築史Ⅲ
建築インターンシップ
鉄筋コンクリート構造Ⅱ
空気環境学
建築計画実験
耐震工学
後期
建築施工 建築設計Ⅳ
都市環境計画Ⅱ
地盤・建築基礎構造
建築環境実験
建築構造実験
鋼構造設計
建築積算
建築マネジメント
建築設備Ⅱ
建築ゼミナール
4年次
前期
卒業研究 鉄筋コンクリート構造設計
建築計画特論
後期
建築構造特論

» 3つのポリシー 工学部

授業紹介

建物を建設する段階の業務知識を学ぶ建築生産と設計の基礎を学ぶ建築設計基礎Ⅱでは、このような授業をしています。

地盤・建築基礎構造

lesson_arc05.jpg

いかに素晴らしい建築物であっても、それを支える基礎構造の設計を疎かにすると成り立ちません。基礎構造は建築物からの荷重を支え、それを安全に地盤へ伝えるためには、地盤の性質をよく理解することが大切です。そこで講義では、土の物理的・力学的性質や基礎構造を中心に、構造設計や施工管理などの建築技術者として必要な知識を修得します。

建築設計II

lesson_arc06.jpgここでは、建築学科で1年半学んできた建築についての基礎的な知識と経験を生かし、実際の身近な敷地に人々が生活・活動する場を具体的な建築として設計します。与条件を読み解きながら模型や図面を通してスタディを繰り返し、自ら考えた案をひとつのかたちに完成させ、図面として表現するスキルを学び修得します。
さらに発表を通じてプレゼンテーション能力を高めることを目標とします。昨年度は小規模な3つの建物(学生のシェアハウス・境内の幼稚園・街なかのコミュニティセンター)の課題としました。

建築構造実験

人々が生活する上で必要不可欠である建築物を自然災害などから守るためには、建築構造をしっかりと理解することが重要です。座学で理解していても、実際には机上の空論になりかねません。そこで、この講義では見て触って造って壊してなど実際に体験することで、建築の構造、材料、施工、維持管理などについて建築技術者として必要な知識を養います。

建築設計I

2年生の設計Ⅰの目標は、身体寸法や日常生活の自然な人の行為を意識的にとらえることを趣旨とした課題を通して、エスキスを繰り返しながら深化・発展させる経験を積むことにあります。第一課題である段ボール椅子は中庭で審査・講評を行い、個性の発露を共に分かち合いました。作品は、折に触れて他の学生や一般市民に発表・展示する場を設けています。

建築生産

これまで「建築生産」と言えば、建物を建設する段階の業務知識の学習が中心でしたが、今日では建物を設計する前の企画段階から解体・リサイクルなど建物を取り壊す段階まで幅広い業務知識が求められます。特に近年では、環境や景気の悪化などの社会動向を受けて長寿命化の実現が求められるため、建物の運用・管理の段階から「建築生産」全体の業務を見直す動きが活発です。そこで本授業では、「建築生産」全般の業務と作業手順を学習します。

Teacher's Voice

teacher_arc01.jpg

建築学科
堤 洋樹 准教授

建築は、いわゆる建築家だけではなく、様々な分野の専門家が集まって一つの作品(建物)を作り上げる分野です。そのため建築学科では、建築に関わる多様な分野の専門家になるための勉強ができます。ぜひ建築に興味がある方は、本学の建築学科に入って、だれにも負けない技術と幅広い知識を備えた社会人になってください。

建築設計基礎II

手描きで図面を描くことで、木造建築の成り立ちを理解すると同時に、わかり易く正確に伝える表現のために重要な線の意味、記号の使い方、縮尺による省略の方法等、図面の描き方の基本ルールを身に付けます。建築模型も重要なコミュニケーションの道具として指導します。後半は、各自のコンセプトで大学内のバス停を設計し、図面、模型で表現してもらいます。一人一台、自分の製図台を専有して課題に取り組める製図室があり、自分の作業場所として、また友人と議論する場所として、授業時間外も利用できるようになっています。

Teacher's Voice

teacher_arc02.jpg

建築学科
石黒 由紀 准教授

建築の歴史は人類の歴史とともにあり、気候や風土、時代によって様々です。その多様性を知り、理解することは、文化や社会、人間が生きることそのものについて考えることにつながります。訪れるどこの街でも建築がいきいきと語りかけてくるようになります。さらに、自分で設計した建物が街に建ち上がり実際に使われるのは、大きな責任であるとともにかけがえのない感動があります。

環境工学・音環境研究室

当研究室では、省エネルギー建築の設計・研究、室内温熱環境測定・研究、騒音の実測調査・研究、人の聴覚に関する実験・研究など、主に人間生活のエネルギーと質に関する研究が主になります。上の写真は無響室で音源近傍での三次元音響インテンシティを測定する準備で、音源スピーカーから放射する音の流れを把握しようとしています。

構造信頼性研究室

大きな地震で建築物に被害があるとそこに住む人、活動をする人の生活が壊されてしまいます。いざという時に被害を最小限にするために、建築物の形や仕組みを検討し、建築物の安全性を確保することはとても大事なことです。解析を通じて、建築物の設計時に必要な安全性の検討及び既存の建物を安全に長く使用するための研究を行っています。

将来について

取得可能な資格

  • 一級建築士・二級建築士
  • インテリアプランナー
  • 建築整備士
  • 設備設計一級建築士
  • 構造設計一級建築士
  • 建築積算士
  • 建築施工管理技士
  • 木造建築士

上記以外に、建築学科の卒業生が得られる受験資格として、商業施設士、管工事施工管理技士、建設機械施工技士、建築設備検査資格者、特殊建築物等検査資格者があります。

卒業後の主な進路

  • 本学または他大学の大学院進学
  • 建設関連企業(総合建設会社・建設コンサル タント会社・建築設計事務所など)
  • 不動産関連企業
  • 公務員 ほか

学科の年間行事予定

2018年度

実施日
行事内容
場所
4月5日 入学式

昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)

4月5日 在校生ガイダンス 前橋工科大学

4月6日~4月7日

新入生オリエンテーション 赤城青少年交流の家

5月26日

建築見学会

高崎市美術館,旧井上房一郎邸,群馬音楽センター,富岡製糸場,富岡市役所,上州富岡駅

6月20日 M2進捗状況報告会 前橋工科大学,152教室
8月7日~8月8日 オープンキャンパス 前橋工科大学
8月11日~8月12日 こども科学教室 前橋工科大学
9月5日~9月7日 第59回全国大学・高専卒業設計展示会 前橋工科大学
9月17日  保護者会 前橋工科大学
9月20日 建築インターンシップ報告会 前橋工科大学
10月10日 論文コース 中間発表会 前橋工科大学,543教室

10月17日 

M2設計中間審査 前橋工科大学
10月28日~10月29日 学園祭 前橋工科大学
10月31日 論文+設計コース 論文最終発表会 前橋工科大学,543教室
12月5日 M2予備審査 前橋工科大学

1月30日

M1進捗報告会 前橋工科大学,152教室
2月7日 M2本審査 前橋工科大学
2月8日 卒業設計審査会

前橋工科大学,513 アーキスタジオD

2月15日 論文コース 論文最終発表会 前橋工科大学,151教室
2月18日~2月20日 分野横断型パブリック・ヒヤリング(修士論文公聴会) 前橋工科大学
3月25日 学位授与式 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)

在校生・卒業生メッセージ

興味を持ち行動に移すことで知識や技能を高める

message_arc01.jpg

建築学科 3年
name_st_arc01.pngさん
(新潟市立高志中等教育学校出身)

本学で建築を学ぶには、学年が上がるにつれて莫大な知識や経験や技術を得る必要があります。建築の分野に限らず、機械や芸術の分野など様々で、それらの知能や経験値を上げるための手段として、先生や先輩、友人などと積極的に関わることが重要です。幸いなことに、本学はサークルや講演会などの活動に参加できる機会が多くあり、さらにより密な人間関係により刺激を受けることがよくあります。また、様々な所に参画して、未知の事物と触れ合うことも、今後の活動として重要であり、建築を学ぶ上で大切であると考えます。
あなたも私たちと一緒に学び体験する楽しさを大学生活で大いに感じてみませんか。

建築学という幅広い分野から、将来を考えることができる

message_arc02.jpg

独立行政法人 都市再生機構 勤務
name_st_arc02.png さん
平成29 年3 月 建築学科 卒業
(東京都立町田高等学校出身)

建築学科では、初年度に建築の基礎を学び、学年が上がるごとに専門的な授業を受けることができます。私の専攻は「建築マネジメント」。建築に関わるお金を軸に建築やまちづくりなどの実践的な研究を広く深く行っています。卒業後は、大学院へ進学して更に知識を深める人、建築関係の職種に就き身に付けた専門知識を生かす人などと、幅広い選択肢があります。建築学科の面白いところは、研究の対象になる領域がとても広いということ。
皆さんも自分の興味の続く限り、建築の勉強をしてみてください。建築をキーワードにして世界を見ると、今までとは周りの世界がまるで違うように見えるはずです。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。