2014年12月アーカイブ

カリキュラム・卒業認定基準

CURRICULUM POLICY

建築学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、共通教育科目、専門教育科目(専門基礎科目、専門科目)に分けて、以下のカリキュラムを開設し、年次に従って実施します。

  1. 1年次においては、教養科目で構成されている共通教育科目とともに、建築学の基本となる設計、計画、構造の基礎に関する専門基礎科目を学ぶ。
  2. 2年次においては、1年次の専門基礎科目に加えて、建築学の基礎をより発展させた専門基礎科目のほか、建築設計、構造力学、建築計画、環境工学に関する専門科目について学び、建築設計者・技術者として必要な基礎知識を身に付ける。
    また、実習・演習科目を通して、自己表現力を身に付ける。
  3. 3年次においては、専門科目を中心に学び、建築計画・意匠分野、建築構造・材料分野、建築環境・設備分野に分けて、学生が自主的に履修計画を立て、希望する専門分野の科目を履修する。また、実験科目を通して、問題提起・解決能力を身に付けるほか、建築インターンシップでは、学外の企業で実務を体験することにより、倫理観や社会的責任を理解する。
  4. 4年次においては、専任教員の研究室に所属し、卒業研究・設計に取り組むことで、技術論文のまとめ方、プレゼンテーション方法、討議の仕方などについて学び、大学教育の総まとめを行う。

cul_arc01_2016.gif

DIPLOMA POLICY

卒業に必要な単位数を修得し、以下に示す能力を有すると認められたものに学位を授与します。

  1. 自ら発見した問題を、自ら調べ、自ら考えて解決する能力を身に付けている。
  2. 学んだ技術や知識をもとに、柔軟に対応できる応用力を身に付けている。
  3. 建築設計者・技術者として必要な基礎知識を持ち、記述能力、描画能力、ものを作る能力を通して、自分の考えを表現することができる。
  4. 建築設計者・技術者として備えるべき倫理観を持ち、社会的責任を理解している。
  5. 建築に関わる生活の豊かさ、人間の健康、地域社会、環境について考えた空間を創造することができる。
専門教育科目
専門基礎科目
専門科目
必修
必修
選択
1年次
前期
建築学概論
建築設計基礎Ⅰ
建築構造
建築材料
後期
建築計画Ⅰ
建築設計基礎Ⅱ
建築構造力学Ⅰ
木質構造 建築情報処理
バウビオロギーⅠ
2年次
前期
建築設計Ⅰ
建築史Ⅰ
インテリアⅠ
建築計画Ⅱ
建築構造力学Ⅱ
建築環境工学Ⅰ
バウビオロギーⅡ
建築設計ワークショップ
後期
建築設計Ⅱ
鋼構造Ⅰ
鉄筋コンクリート構造Ⅰ
建築環境工学Ⅱ
建築計画Ⅲ
インテリアⅡ
建築史Ⅱ
建築生産
建築構造力学Ⅲ
建築構造計画
3年次
前期
都市環境計画Ⅰ 建築法規
建築設計Ⅲ
建築設備Ⅰ
建築史Ⅲ
鋼構造Ⅱ
耐震工学
建築構造力学Ⅳ
鉄筋コンクリート構造Ⅱ
空気環境学
聴覚・音響学
建築インターンシップ
後期
建築施工

建築設計Ⅳ
都市環境計画Ⅱ
鋼構造設計
地盤・建築基礎構造
建築積算
建築マネジメント
建築設備Ⅱ
建築計画実験
建築環境実験
建築構造実験
建築ゼミナール

4年次
前期
卒業研究

建築計画特論
鉄筋コンクリート構造設計
環境デザイン特論

後期
建築構造特論

なお,上記の専門教育科目は,平成30年4月入学の1年次生が対象
» 3つのポリシー 工学部

授業紹介

建物を建設する段階の業務知識を学ぶ建築生産と設計の基礎を学ぶ建築設計基礎Ⅱでは、このような授業をしています。

建築設計基礎II

1年生の建築設計基礎は、I(前期)とII(後期)とからなり、これからの設計活動を展開するための基礎体力を養います。道具の扱い方、線の種類と意味、図面の種類と描き方、そのような「お作法」を前期で学び、早く・正しく・美しく描くことを癖としつつ、後期になって少しずつ自分のアイデアを図面や模型制作を通して発信することを学びます。

建築構造実験

安全で快適な建築空間を実現する建築構造技術は、建築構造の力学的性状を理解し活用しなければなりません。そして、建築物を長く使用するためには施工方法や維持管理方法の知識も重要です。この講義では、建築施工現場見学、建築物の劣化診断や振動測定、構造材料や部材の加力実験などの実習を通じて、建築技術者として必要な知識を養います。

研究室

地盤・耐震工学研究室 担当教員/関 崇夫

建築物の地震被害を少なくするために、建築物へ入力する地震動の大きさや建築物の揺れの大きさを把握するための研究を行っています。

テーマ例
  • 地盤の振動解析について
  • 地盤と構造物の動的相互作用に関する研究
  • 杭の鉛直支持力・水平抵抗に関する研究
学びのキーワード
  • 耐震設計/地盤と構造物/基礎構造/地盤の挙動/地震工学

都市環境計画研究室 担当教員/宮﨑 均

都市・農村・漁村などの人間が生活する場を人間の意識行動から調査・分析し、新たな都市環境を計画しています。

テーマ例
  • 温泉街のまちづくりに関する研究
  • 地域環境管理計画手法の研究
  • 農・漁村と都市交流に関する研究
  • 特色あるまちづくりに関する研究
学びのキーワード
  • 都市景観/人間の行動心理/シミュレーション/デザインサーベイ/建築と都市との関係性

構造信頼性研究室 担当教員/高橋 利恵

解析を通じて建築物の形や性能を検討し、設計に必要な安全性の検討や既存建築物を安全に長く使用するための研究を行っています。

テーマ例
  • 統計データの分析
  • 確率論の利用
  • 意思決定論の利用
  • 構造解析
  • 構造設計 
  • 信頼性解析手法および信頼性を用いた構造物の評価
学びのキーワード
  • 構造解析/確率論/信頼性解析

建築意匠・建築設計研究室 担当教員/若松 均

実際の設計活動を通じて得られた経験と知見をもとに、これからの建築のあり方、人々が集まって生活・活動する場について研究しています。

テーマ例
  • 建築意匠
  • 建築計画
  • 建築の形式・空間構成について
  • 住宅
  • 集合住宅
  • その他の実際の設計について
学びのキーワード
  • 設計論/住宅論/建築論/意匠/景観・環境

建築論・建築意匠研究室 担当教員/石川 恒夫

建築は芸術であり、芸術は感動であるとの思いから、建築家研究や作品研究を行い、また健康な住まいと暮らし方を提案するバウビオロギーの普及・啓蒙のために研究を行い、作品制作を同時に行っています。

テーマ例
  • バウビオロギー(建築生物学)に基づく住宅設計手法に関する基礎的研究(シックハウス、電磁波、色彩、ライフサイクルなど)
  • 作家研究
  • 建築家・今井兼次の創作活動に関する研究、健康なまちづくり、健康な住まいづくり
学びのキーワード
  • 健康な住まい/有機的建築/木造建築/シックハウス/建築意匠/近代建築/ライフサイクル/自然素材/木造

環境工学・音環境研究室 担当教員/関口 正男

建物は夏に涼しく冬に温かく静かさを保てる性能を、建築設備、省エネルギー、室内の音環境実感の向上を基本に研究します。

テーマ例
  • 微細霧を利用した屋外環境の冷却手法
  • 建築の省エネルギー化を目指した省エネルギー型改修手法の研究、騒音防止技術
  • その他建築環境と快適性能に関すること
学びのキーワード
  • 騒音防止/聴覚/熱環境/建築設備/省エネルギー

鉄筋コンクリート系構造研究室 担当教員/北野 敦則

多種多様な鋼とコンクリート接合部を網羅した設計法の研究を行っています。また、SRC構造の施工性の煩雑さを軽減するための開発研究も行っています。

テーマ例
  • 鋼とコンクリート合成構造(SRC造も含む)部材のせん断設計に関する研究
  • 鉄筋コンクリート構造部材のせん断設計に関する研究
  • コンクリート系構造の補修・補強に関する研究
学びのキーワード
  • 鋼コンクリート合成構造/鉄筋コンクリート構造/構造設計/耐震補強

建築意匠・建築設計・空間デザイン研究室 担当教員/石黒 由紀

社会や都市の中における建築やまち、インテリアの新しいあり方を模索し、文化や歴史をふまえながら実践的に研究や設計をしています。

テーマ例
  • 建築のスケールについて
  • 地域文化施設の新しいあり方、スポーツ(アート)によるまちの活性化
  • 風景としての建築
  • 空家の利活用
  • 都市居住の快適性
  • 建築の構成
  • 場所性について
  • 外部・内部の領域を意識した建築空間
  • 養蚕農家の空間構成、南牧村の集落
学びのキーワード
  • 建築意匠/デザイン/設計論/住宅論/建築論/スケール/建築の構成/景観/地域/まちづくり/養蚕農家/南牧村

建築生産研究室 担当教員/堤 洋樹

建物の長寿命化を実現する具体的な手法を確立するため、建物運用・管理についてソフト・ハードの両面から調査・分析を行います。

テーマ例
  • 建物の寿命及び増改築に影響を与える要因
  • 建物の維持管理手法に関する実験・システム構築
学びのキーワード
  • 建築・都市経済/保存・再生/生産管理/保全技術/建築工法

建築設備研究室 担当教員/三田村 輝章

省エネルギーで、且つ、快適・健康に過ごせる建物の実現に向けて、室内環境の問題や空調設備に関する研究を行っています。

テーマ例
  • 建物内における熱環境、湿気環境、空気環境、エネルギー消費量に関する調査
  • 数値シミュレーションによる熱・空気環境の予測
  • 省エネルギーシステムの計画・評価
学びのキーワード
  • 熱環境/空気環境/環境設備計画/建築設備/環境設計

建築史研究室 担当教員/臼井 敬太郎

建築史研究室では歴史的建築を訪ね、また文献や図面資料を読み解き、先達の挑戦に学び、今日の建築に生かす知恵を発見します。

テーマ例
  • 近代建築に関する研究
  • 歴史的建築を活用した教育普及活動
学びのキーワード
  • 近代建築史/保存・活用/景観・環境

将来について

取得可能な資格

  • 木造建築士
  • 一級・二級建築士
  • インテリアプランナー
  • 建築設備士
  • 設備設計一級建築士
  • 構造設計一級建築士
  • 建築施工管理技士

上記以外に、建築学科の卒業生が得られる受験資格として、商業施設士、管工事施工管理技士、建設機械施工技士、建築設備検査資格者、特殊建築物等検査資格者があります。

卒業後の主な進路

  • 本学または他大学の大学院進学
  • 建設関連企業(総合建設会社・建設コンサル タント会社・建築設計事務所など)
  • 不動産関連企業
  • 公務員 ほか

学科の年間行事予定

2018年度

実施日
行事内容
場所
4月5日 入学式

昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)

4月5日 在校生ガイダンス 前橋工科大学

4月6日~4月7日

新入生オリエンテーション 赤城青少年交流の家

5月26日

建築見学会

高崎市美術館,旧井上房一郎邸,群馬音楽センター,富岡製糸場,富岡市役所,上州富岡駅

6月20日 M2進捗状況報告会 前橋工科大学,152教室
8月7日~8月8日 オープンキャンパス 前橋工科大学
8月11日~8月12日 こども科学教室 前橋工科大学
9月5日~9月7日 第59回全国大学・高専卒業設計展示会 前橋工科大学
9月17日  保護者会 前橋工科大学
9月20日 建築インターンシップ報告会 前橋工科大学
10月10日 論文コース 中間発表会 前橋工科大学,543教室

10月17日 

M2設計中間審査 前橋工科大学
10月28日~10月29日 学園祭 前橋工科大学
10月31日 論文+設計コース 論文最終発表会 前橋工科大学,543教室
12月5日 M2予備審査 前橋工科大学

1月30日

M1進捗報告会 前橋工科大学,152教室
2月7日 M2本審査 前橋工科大学
2月8日 卒業設計審査会

前橋工科大学,513 アーキスタジオD

2月15日 論文コース 論文最終発表会 前橋工科大学,151教室
2月18日~2月20日 分野横断型パブリック・ヒヤリング(修士論文公聴会) 前橋工科大学
3月25日 学位授与式 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)

在校生・卒業生メッセージ

自分のこだわりを創造する

建築学科 4年
さん
(群馬県立高崎東高等学校出身)

本学の建築学科では、1年次に建築基礎、2年次からは本格的な設計の授業が始まり、住宅といったスケールの小さいものから、公共施設など、学年が上がるごとに課題の難易度も上がっていきます。私が数ある課題の中から最も面白いと感じた設計は、"集合住宅"です。家族構成を考えたり、プライバシーとパブリックな空間をどのように構成すれば住む人が快適に生活する事が出来るか、など、身近な住宅だからこそ、設計によって人の繋がりや関係性なども創造する事が出来るということに気づけました。建築は奥が深くて、楽しい側面ばかりではないけれど、自分のこだわりを持って日々の生活に励んで行く事が大切だと感じています。

これから建築を志す皆さんへ。 

message_arc02.jpg

積水ハウス株式会社 勤務
name_st_arc02.png さん
平成30 年3 月 建築学科 卒業
(石川県 私立星稜高等学校)

前橋工科大学の建築学科では公立大学ならではの少人数授業が特徴です。先生との距離も近く、様々なお話を聞かせていただくことが出来ます。また設計の授業の際には一人一つの作業机が与えられます。自分だけの机があることで自由に作業が出来ますし、好きなだけ建築を学ぶことが出来ます。これは他の大学にはないこの大学の強みです。大学生は本当に自由な時間が多いです。アルバイトをしたり、友達と遊んだり、旅行に行ったりと自分の好きなように時間を使うことが出来ます。どのように時間を消費するかは人それぞれですが、これから大学生になる皆さんには、自分の将来に繋がるような時間の使い方をして欲しいと思います。自由な時間があるうちに様々な経験をして欲しいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。