文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 教育・研究課程 » 博士前期課程 » 生物工学専攻

生物工学専攻

食品成分の面白さをもっと知るために。

message_civ01.jpg

生物工学専攻
日浦 月穂 さん

私たちの生活は常に感染症の脅威にさらされており、ストレスや加齢、睡眠不足等に伴い低下する免疫力の強化が必要不可欠とされています。そんな中、毎日手軽に摂取できる食品からそれが果たせないかと思い、現在、動物細胞を用いて免疫賦活作用を有する乳酸菌の探索、および解析を行っています。食品成分が我々の体に与える効果はさまざまであり、それを明らかにすることで私たちの生活を豊かにしてくれます。機能性食品の基礎研究に携わる仕事に就き、社会に貢献できるような人になりたいです。

概要

新しい科学レベルの知見発見に重点を置く生物科学領域と、現在得られている科学的知見を活用して新たしい応用技術開発に重点を置く生物利用領域を置いて教育研究を進めます。生物科学領域では、分子生物学・タンパク質化学・微生物学・植物生理学の研究を行い健康・医療産業や植物産業などで活躍する人材を、生物利用領域では、食品工学・食品生理機能学・応用微生物・植物代謝工学という応用に重点を置いた研究を行い、食品産業・生物化学産業、環境産業などに役立つ人材育成を目視します。

bio01.jpg
「クリーンベンチ」
微生物などを無菌的に扱うために必要不可欠な機器
bio02.jpg
「高速液体クロマトグラフィー(HPLC)」
アミノ酸やポリフェノールなど様々な生体分子を分析する装置
IMG_0318.jpg
「ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)」
低分子の有機化合物など気化しやすい物質を同定・定量する装置
bio04.jpg
「イメージアナライザー」
発光を利用して高感度に生体物質を検出する装置

» 教員情報はこちら

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

工学研究科博士前期課程 生物工学専攻科目一覧表

研究分野
授業科目名
単 位 数
毎週授業
時限数
担当教員
備考
必修
選択
前期
後期
生物科学分野
分子生物学持論Ⅰ
2
1
善野 修平
分子生物学特論Ⅱ
2
1
善野 修平
タンパク質化学特論Ⅰ
2
1
門屋 利彦
タンパク質化学特論Ⅱ
2
1
門屋 利彦
糖鎖工学特論Ⅰ
2
1
星 淡子
糖鎖工学特論Ⅱ
2
1
星 淡子
微生物学特論Ⅰ
2
1
林 秀謙
微生物学特論Ⅱ
2
1
林 秀謙
植物生理学特論Ⅰ
2
1
中山 明
植物生理学特論Ⅱ
  
中山 明
生物利用分野
食品工学持論Ⅰ
2
1
本間 知夫
食品工学特論Ⅱ
2
1
本間 知夫
応用微生物学特論Ⅰ
2
1
尾形 智夫
応用微生物学特論Ⅱ
2
1
尾形 智夫
食品生理機能学特論Ⅰ
2
1
薩 秀夫
食品生理機能学特論Ⅱ
2
1
薩 秀夫
植物代謝工学特論Ⅰ
2
1
本多 一郎
植物代謝工学特論Ⅱ
2
1
本多 一郎
分野共通
生物工学特論Ⅰ
藤田清貴・南 栄一
戸澤 譲・石岡憲昭
浜名康栄・永井俊匡
鈴木義人・坂本光央
非常勤講師
生物工学特論Ⅱ
中山真義・藤井智幸・
鳴海一成・林義明・
日下部裕子・横尾岳彦・
井上亮・小林海渡
非常勤講師
インターンシップ
生物工学専攻全教員
生物工学特別演習Ⅰ
2
1
1
尾形智夫・門屋利彦
善野修平・本多一郎
本間知夫・林 秀謙
薩 秀夫・菅原一晴
星 淡子・中山 明
生物工学特別演習Ⅱ
2
1
1
尾形智夫・門屋利彦
善野修平・本多一郎
本間知夫・林 秀謙
薩 秀夫・菅原一晴
星 淡子・中山 明
特 別 研 究 Ⅰ
5
3
3
尾形智夫・門屋利彦
善野修平・本多一郎
本間知夫・林 秀謙
薩 秀夫・菅原一晴
星 淡子・中山 明
特 別 研 究 Ⅱ
5
3
3
尾形智夫・門屋利彦
善野修平・本多一郎
本間知夫・林 秀謙
薩 秀夫・菅原一晴
星 淡子・中山 明

教職課程

生物工学専攻には大学院教職課程が設置されており、高等学校教諭一種免許状(理科)所持者は、高等学校教諭専修免許状(理科)を取得できます。

主な進路

主な就職先・大学院進学先(キャリアセンター)