文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介情報・生命工学群 ≫ 在校生・卒業生メッセージ
情報・生命工学群

在校生・卒業生メッセージ

自分の可能性が広がり、成長を実感。

情報システムプログラム

生命情報学科 4年
百瀬 真悟 さん
(長野県立松本蟻ヶ崎高等学校 出身)

生命科学と情報技術の両方を学ぶことができ、幅広い知識を身に付けることができるこの大学を選びました。高校とは違い、自分で考え、選択しなくてはいけない場面も多いですが、その分、自分の可能性が広がり、成長を実感することができます。先生方は一人ひとりをフォローしてくれますし、授業によってはTA(ティーチングアシスタント)もついてくれるので、より理解が深まります。苦手意識のあったプログラミングも、授業がきっかけで楽しいと思えるようになり、これを仕事にしたいと思うようになりました。

工学分野と医科学分野の両方を学べる。

医工学プログラム

システム生体工学科 3年
伊藤 泰輔 さん
(富山県立魚津高等学校 出身)

工学部への進学を考える中で、生体工学に興味があったことから前橋工科大学への進学を決めました。電子回路やプログラミングなどの工学分野と、生理学や解剖学などの医科学分野の両方を学べることは、大きな魅力だと思います。授業にはグループで行う実験等もあり、班員と協力しながら課題を進めます。実験後の資料作成や発表等では、実験したことを自分で考え、自分の言葉で説明するスキルが身に付いたと感じました。将来は、大学で学んだことを活かし、人々の健康や福祉に貢献できる仕事を目指したいと思います。

様々なジャンルに挑戦したい。

生物応用プログラム

生物工学科 3年
佐藤 優 さん
(東京農業大学第二高等学校 出身)

高校時代の生物の先生のように、将来について悩んでいる生徒をサポートできる教員になりたいと思い、教員免許が取れるこの大学を選びました。学生の人数が多くないので、先生方は学生の顔と名前をおぼえてくれたり、一人ひとりに時間をかけて指導をしてくれるところがこの大学の魅力で、学生にとっても学びやすい環境だと思います。大学での学びが深まる中で、就職や大学院への進学など、いろいろな可能性があることに気づきました。これからどんな勉強ができるのか、様々なジャンルに挑戦してみたいと思っています。

社会で活躍する先輩からのメッセージ

授業も卒業研究も就職活動も、先生方のサポートに支えられて。

情報システムプログラム

株式会社ジーシーシー システム4部 勤務
長沢 良樹 さん
令和2年3月 生命情報学科 卒業
(伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校 出身)

システムエンジニアとして、システムのプログラムの改修に携わっています。私は大学入学までプログラミング未経験者でしたが、今の仕事の基礎となるプログラミングの知識はすべて大学で学びました。また、先生方のサポートも厚く、授業の不明点の解消だけでなく、卒業研究や就職活動に関しても親身に相談に乗ってくださいました。就職活動中は、インターンシップや説明会等のイベントに積極的に参加し、資料だけでは知ることができない、先輩社員の人柄や、実際の仕事の流れを知り、会社のイメージをつかむことができたため、入社してからのギャップはなく、充実した社会人生活を送ることができています。

幅広い分野を学び、やりたい仕事がきっと見つかる。

医工学プログラム

株式会社ヤマト ソリューション設計部 勤務
岩﨑 すみれ さん
平成30年3月 システム生体工学科 卒業
(群馬県立渋川女子高等学校 出身)

建物の給排水衛生設備や空調換気設備の設計、3DCAD を使って図面を書く業務にあたっています。また、仕事をしながら様々な資格取得に挑戦することで、今よりもスキルアップを目指しています。前橋工科大学は、医療と工学の幅広い分野について学ぶことができるので、将来、就きたい仕事が決まっていなくても、入学してからやりたいことを見つけることができます。就職活動では、企業の説明会等に積極的に参加し、自分がやりたい仕事を見つけてほしいと思います。また、前橋工科大学には様々なサークルや行事があるので、ぜひ積極的に参加し、充実した学生生活を送ってください。

実験を通して学んだ論理的思考は、仕事にも通じる。

生物応用プログラム

一般財団法人日本規格協会 出版情報ユニット 勤務
金子 夏実 さん
平成31年3月 生物工学科 卒業
(群馬県立渋川女子高等学校 出身)

前橋工科大学は、人数が少ないので先生方との距離が近く、疑問などを気軽に質問することができました。卒業研究では、真剣に取り組めるよう、先生方のサポートも環境も整っていたと思います。今は、出版物の受注業務や販促活動をしています。仕事では、感情ではどうにもならないことも多いのですが、学生時代に学んだ論理的な視点で考えることや、学生時代に実験を通して学んだPDCA サイクルの考え方が、仕事をこなす上でも重要だと感じ、今も意識しています。就職活動で一番苦戦したのは、自己分析です。自分のことですが、いざ文章にするとなると難しかったので、早めに用意しておくことをおすすめします。