文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 教育・研究課程 » 博士前期課程 » システム生体工学専攻

システム生体工学専攻

自分を大きく成長させることのできる専攻です

message_civ01.jpg

システム生体工学専攻
さん

システム生体工学専攻では、主に生理学、工学を中心に学び、「将来医療機器を開発したい!」と考えている人にとって最適な学習環境であるといえます。また、そうでない人にとっても、本専攻は学生自身に考えさせるような授業・実習が多く、社会に必要な論理的思考力、問題発見・解決能力を身に付けることができます。実施している授業の分野も広く、自分の興味に合った学習プランを立てやすいのも魅力だと思います。

概要

生体情報計測システム、生体機能制御システム、システム神経工学の3つの領域を教育研究の柱とし、社会情勢や健康長寿の社会的ニーズを的確に把握し、それを工学シーズと融合させることができる高度で知的な素養を備え、多様に変化する社会で柔軟に活躍できる高度専門技術者・研究者の養成を目指しています。
生体情報計測システム領域では、未病の発現のための生体モニタリングシステムや生体情報処理などの教育研究を行います。生体機能制御システムでは、生体機能の回復と支援技術の教育研究を行います。システム神経工学領域では、神経機能を利用した生体機能の回復と支援システムの教育研究を行います。さらに、これらの教育研究から生まれた医療機器や福祉機器などが、日常生活を営む人々と協調するためのユビキタス環境にかかわる学術を教育研究します。

system01.jpg
NIRS脳機能解析装置のセンサー取り付け

system02.jpg
感性の与える楽器を音楽関係者に聴かせたときの印象の調査風景

system03.jpg
院生が学会でポスター発表している様子

system04.jpg
発光クラゲの蛍光タンパク遺伝子を発現したヒト腎臓由来細胞HEK293細胞の蛍光写真

研究室一覧

分野研究室名職 名教員名等研究内容
生体情報
計測システム
光診断技術
研究室
教授 のむら やすとも
野村 保友
近赤外光は血液ヘモグロビンの光吸収や生体組織による光散乱も弱いため体を透過しやすい特徴があります。細胞や生体分子を赤外光発光性の半導体量子ドットで染めて診断をする技術を開発しています。そのほか蛍光相関分光法による分子診断や光計測によるノンバーバルコミュニケーション技術を開発しています。
生体計測
研究室
教授 わん ふぇん
王  鋒
(Feng Wang)
生体から生じている様々な情報を計測して、新しい診断機器、健康モニタ、福祉機器の開発を目指しています。PVDFと呼ばれる高機能性材料を用いて乳がん触診センサや無拘束型心拍・呼吸センサの開発を中心に研究しています。最近では、脳波から予測に関する情報を抽出してブレイン-マシン・インターフェースに応用する研究も実施しています。
適応信号処理
研究室
准教授 まつもと ひろき
松本 浩樹
本研究室では適応信号処理やICTに関する研究を行っています。特に情報推定・抽出の理論の確立と体系化を行い、この理論を通信、音声、生体、医療、心理などに適用した技術を開発しています。さらに、これらに基づくICTを利用した遠隔医療システムや放送とネット配信を統合した双方向メディアなどのシステム構築を行っています。
生体機能
制御システム
生体制御
システム
研究室
教授 はらかわ てつみ
原川 哲美
高齢化社会を迎え、機能の衰えを補完するシステムの構築が急務となっています。脳波(EEG)、脳血流変化を計測可能な近赤外分光脳機能イメージング(NIRS)による非侵襲の計測方法による、脳機能の解明と脳活動の結果を外部に引き出す技術(BMI)が重要となっています。また生体機能の維持や健康増進に最も基本的な活動が歩行であることから、歩行に関する情報を、加速度計やGPSセンサなどで計測するシステムを開発中です。
形状情報処理
研究室
教授 むかい しんじ
向井 伸治
本研究室では形状情報処理の基礎研究と、形状モデルを設計・生産の分野や福祉工学の分野に応用する研究を行っています。形状モデリングの研究においては、新開発の形状データ記憶法を用いて、3次元形状の生成、分類・検索、形状計測・再構成、形状認識、視覚化、幾何推論などの問題を扱っています。
知能ロボット
システム
研究室
教授 しゅ せき
朱  赤
(Chi Zhu)
本研究室では対人支援システムや人間協調ロボットの開発を中心に行っています。パワーアシストスーツや全方向型移動者いすなど、福祉に関する問題の解決に工学的な視点から取り組んでいます。また脳波を用いたブレイン-マシン・インタフェース技術やヒトと協調する料理ロボットも開発しています。
システム
神経工学
システム
神経科学&
神経工学
研究室
教授 いまむら かずゆき
今村 一之
本研究室では生理学と工学系の諸学問領域を融合させることによって新しい福祉工学の確立を目指しています。最近では緑内障モデル動物の視覚中枢の機能変化と可逆性や、画像処理などの工学技術により運動野損傷モデル動物を利用した運動機能回復評価に取り組んでいます。また、英語論文の読み書きができるように訓練します。
神経機能工学
研究室
准教授 いしかわ やすゆき
石川 保幸
脳の機能のうち記憶のメカニズムについてはまだわかっていないことも多いです。本研究室では、どのような課程で脳が記憶を獲得していくかを明らかにするための研究を行っています。学習・記憶に関係する脳の領域を理解することで記憶が定着していくかを明らかにしたいと考えています。
神経電子計測
システム
研究室
准教授 おだがき   まさと
小田垣 雅人
ヒトの運動機能の解明やリハビリテーションなどに利用できる新しい機器の開発などを中心に研究しています。特にヒトの脳神経を非侵襲で刺激する経頭蓋磁気刺激により随意運動生成メカニズムの解明に取り組んでいます。また、我々の研究室では電子ペグボードという新しい作業療法装置を開発しており、群馬大学で実証実験しています。

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

工科大学研究科博士前期課程 システム生体工学専攻科目一覧表

研究分野
授業科目名
単 位 数
毎週授業
時限数
担当教員
備考
必修
選択
前期
後期
生体情報計測
システム分野
光診断学特論
2
1
野村 保友
生体計測工学特論
2
1
王 鋒
生体信号処理特論
2
1
松本 浩樹
生体データマイニング特論
2
1
小田垣 雅人
生体機能制御
システム分野
生体制御システム特論
2
1
原川 哲美
生体形状処理工学特論
2
1
向井 伸治
薄膜回路特論
2
1
長岡 範安
非常勤講師
ロボティックス制御特論
2
1
朱 赤
システム神経
工学分野
視覚神経科学特論
2
1
今村 一之
脳情報処理学特論
2
1
小田垣 雅人
分子イメージング科学特論
2
1
今村 一之
神経機能科学特論
2
1
石川 保幸
領域共通科目
プロジェクトⅠ
2
1
システム生体工学
専攻全教員
プロジェクトⅡ
2
システム生体工学
専攻全教員
プロジェクトⅢ
2
システム生体工学
専攻全教員
プロジェクトⅣ
2
システム生体工学
専攻全教員
インターンシップ
1
1
システム生体工学
専攻全教員
特 別 研 究
10
2
2
システム生体工学
専攻全教員

主な進路

主な就職先・大学院進学先(キャリアセンター)