文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 教育・研究課程 » 博士前期課程 » 生命情報学専攻

生命情報学専攻

進歩していく社会で貢献できる人材を目指す

message_civ01.jpg

生命情報学専攻
さん

生命情報学専攻では、大学4年からの研究の中心に、各々が自分の専門分野の知識を深めるために、分子生物学を始めとした生命科学とプログラミングを中心とした情報科学をより深く学びます。また大学院では大学時代に比べて授業が少ない分、自分に必要となる知識は自ら積極的に学ぶことが必要となります。しかし、私はこのことが勉学や毎日の生活に対するスタンスを大きく変え、あらゆることに積極的に取り組むことが出来るようになりました。このことは大学院に進学するメリットの一つだと思います。残りの大学院生活もこれらのことを生かし、将来進歩していく社会に少しでも貢献できるよう、日々精進していきます。

概要

知的情報処理領域では、新たな知的情報処理技術の開発及び知的情報処理技術とインターネットの融合を扱います。生命情報科学領域では、ゲノム、タンパク質、遺伝子発現など生物情報の情報学的解析及び生物情報から農学や医学に関する有益な情報を引き出す手法や情報システムを扱います。本専攻では、知的情報処理技術やそれを応用した情報システムの研究開発を図る高度専門技術者、ゲノム、タンパク質などの生物情報の情報学的解析やそれを応用した情報システムの研究開発を図る高度専門技術者、ならびに知的情報処理あるいは生命情報科学分野における研究能力の基盤を備えた人材を養成します。

life01.jpg
分子生物学会年会での研究発表

life02.jpg
日本経営工学会北関東支部研究発表会で優秀論文賞を受賞

life03.jpg
研究室での研究活動

life04.jpg
研究室でのゼミ風景

研究室一覧

分野研究室名職名教員名等研究内容
知的
情報
処理
ソフト
コンピューティング
研究室
教授 いだ けんいち
井田 憲一
実社会に存在するあいまいさを数学モデルとして表現する試みと、それによって定式化された各種最適化問題のための効率的な解法アルゴリズムの研究、並びにそのプログラム開発を行っている。
知識情報処理
研究室
教授 しょう ねい
鍾 寧
(Ning Zhong)
データ・知識・インテリジェンスを中心とする人工知能や知的情報処理技術の基礎から応用にわたる広範囲の研究を行います。主な研究テーマは、データマイニング、ウェブインテリジェンス(WI)、ブレインインフォマティクスなどの知的IT技術、認知神経科学に関するものです。特に、データマイニング技法がWIに融合して、ビジネス・インテリジェンス、ブレインインフォマティクスe-サービスなどのための全く新しい道具を提供するための研究・開発を行います。
理論計算機
科学
研究室
准教授 とおやま ひろあき
遠山 宏明
コンピュータで問題を解くためには、その計算方法であるアルゴリズムを見つける必要があります。アルゴリズムを工夫することで、同じ問題をより速く解くことができることになります。本研究室では、様々な問題を計算するための効率的なアルゴリズムの開発を始めとして、近似アルゴリズムや量子アルゴリズムなどの基礎的研究を行っています。
生命
情報
科学
機能ゲノミクス
研究室
教授 さかた かつみ
坂田 克己
生物相互作用ネットワーク(生態系、遺伝子網など)を研究しています。データ解析と計算機シミュレイションの方法で行います。これまでの研究(坂田ら2016)で、実態が異なるネットワークの挙動も共通モデルで記述できる見通しが得られました。当研究室では、海外を含め学外と広く人材協力し、新たな領域へチャレンジを続けています。
理論生物
研究室
教授 ほんま けいいち
本間 桂一
DNAは生物の設計図に過ぎず、生物体の機能のほとんどを担っているのはDNAに従って作られるタンパク質です。異常なDNA配列に従って異常なタンパク質が作られると、正常な機能が失われて病気になることがあります。当研究室は生物関係の大量データをコンピュータのふるいに掛け、タンパク質と病気などの生命現象との関わりを解明します。
情報生命化学
研究室
教授 なかむら けんすけ
中村 建介
我々人間を含む生物の働きは、タンパク質によって形作られ、DNAはそのタンパク質の設計図です。近年の技術革新によりこのDNA配列を簡便に読み取ることが出来るようになりました。蓄積しつつある大量のゲノム情報を、計算機を使って調べることで生命現象に対する理解を深め、医療や産業に役立てていくことを目指しています。
バイオ
インフォマティクス
研究室
准教授 さとう まきひこ
佐藤 眞木彦
幅広いバイオインフォマティクスの分野の中で、現在、ウェーブレット交換とサポートベクトルマシンを応用した遺伝子のプロモータ解析について研究しています。また、この手法を他の生物配列に適用できるかに関しても調べています。さらに、免疫の多様性を創出する機構を積極的に導入した、新たな免疫アルゴリズムを考案し、その有用性や適用範囲などを積極的に研究しています。
タンパク質情報
研究室
准教授 ふくち さとし
福地 佐斗志
タンパク質のアミノ酸配列・立体構造等に加え、ゲノム・遺伝子発現・相互作用データ等のデータベース情報をコンピュータで解析し、新たな知見を得ることを目標としています。生命科学・情報学的手法の力を付けるとともに、問題解決・発見、プレゼンテーション力を養うことを目指しています。成果が上がれば、学会発表も積極的に行っています。
システム生物学
研究室
准教授 せきぐち たつや
関口 達也
生き物は、自分の体を作り上げるために必要な物質の合成、不要になった物質の分解、細胞間の連携などを行うことにより個体の生命活動を維持しています。しかし、その機構の大部分は解明されていません。本研究室では、生物機能を1つのシステムとしてとらえ、情報科学的手法で解析し、生命現象の解明や工学への応用に関する研究を行っています。

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

工学研究科博士前期課程 生命情報学専攻科目一覧表

研究分野
授業科目名
単 位 数
毎週授業
時限数
担当教員
備考
必修
選択
前期
後期
知的情報処理分野
数理計画特論
2
1
井田 憲一
知識データ処理特論
2
1
鍾 寧
コンピュータアーキテクチャ特論
2
1
冨澤 眞樹
計算量理論特論
2
1
遠山 宏明
アルゴリズム特論
2
1
玄 光男
非常勤講師
知的情報処理領域
プロジェクト
2
1
井田・鍾
冨澤・遠山
生命情報科学分野
機能ゲノミクス特論
2
1
坂田 克己
構造生物学特論
2
1
本間 桂一
バイオインフォマティクス特論
2
1
佐藤 眞木彦
生物情報化学特論
2
1
中村 建介
システム生物学特論
2
1
関口 達也
プロテオミクス特論
2
1
福地 佐斗志
生命情報処理領域
プロジェクト
2
1
坂田・本間
佐藤・ 福地
中村・関口

分 野 共 通

生命情報学特別講義
2
1
坂田・大島
齋藤
インターンシップ
2
1
坂田・大柳
特 別 演 習 Ⅰ(基礎)
2
1
井田・坂田
本間・ 鍾
佐藤・ 中村
福地・関口
特 別 演 習 Ⅱ(応用)
2
1
井田・坂田
本間・鍾
佐藤 中村
福地・関口
特 別 研 究
8
2
2
井田・坂田
本間・鍾
佐藤・中村
福地・関口
2年間在学で
単位認定する

主な進路

主な就職先・大学院進学先(キャリアセンター)