文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 教育・研究課程 » 博士前期課程 » 建設工学専攻

建設工学専攻

将来の可能性を広げる場所

message_civ01.jpg

建設工学専攻
さん

建設工学専攻は、本学学部の社会環境工学科を卒業し、進学する学生が多く、定員はあまり多くありませんが、その分少人数で講義が行われますので、集中して学習する環境が整っています。また、修得しなければならない講義自体はさほど多くないので、研究に多く時間がとれ、研究テーマに関する知識をより深く学ぶことができます。
就職先に関しては、公務員や建設会社などが多いですが、より上位の公務員や、大手の会社などを狙える可能性が広がると思います。

概要

材料・構造、地域計画、地域環境整備の3分野を柱とします。材料・構造分野では、火山・地震災害等に対応する地盤特性の解明や構造物に関する技術開発を行います。地域計画分野では、中山間地域の過疎化問題や地域経営問題、都市の中心部の空洞化や都市のスプロール化にともなう公共交通問題を取り扱うとともに、景観を十分に考慮した人にやさしい地域の開発と計画のあり方を検討します。地域環境整備分野では、循環型社会の形成を目指して水環境整備、大気環境整備に関する技術開発を取り扱います。それぞれの分野は他分野と連携して教育研究を進めます。

civil01.jpg
コンクリート梁の強度試験

civil02.jpg
円柱供試体の強度試験

civil03.jpg
水質・大気現地調査

civil04.jpg
水質・大気データの解析

研究室一覧

分野研究室名職名教員名等研究内容
材料・
構造
構造工学
研究室
教授 おかの もとゆき
岡野 素之

鉄筋コンクリートは、力学的性質の違うコンクリートと鉄筋で構成された合理的なシステムであり、これを対象としています。構造工学分野では、解析ツールにより破壊に至る性能について研究しています。耐震分野では主に制振構造に関して地震応答解析を行い履歴特性やエネルギー吸収について研究しています。いずれも実験を実施することがあります。

地盤材料
研究室
教授 つちくら とおる
土倉 泰

マンホールは、まわりを砂で埋めて設置します。地震でこの砂が液状化するとマンホールは浮き上がり通常の生活に支障がでます。そこで、減災に役立てるため、種々の砂の液状化試験に取り組んでいます。また、群馬には古くから伝わる石積みの技術があります。石積み構造物の強さをシミュレーションで明らかにするための研究に取り組んでいます。

建設材料
研究室
准教授 したま こういちろう
舌間 孝一郎

コンクリートの耐久性能は、その強度よりも施工要因で決定します。群馬県内の実構造物を研究対象とし、多岐にわたる施工要因と耐久性能の関係について、コンクリートの表層性能に着目して定量化を試みます。近年実用化されている高強度・高靱性コンクリート材料を用いて、メーカーと共同で既設構造物の補強部材や制震部材の開発を行います。

建設材料化学研究室 准教授 さがわ たかひろ
佐川 孝広

世界中で水の次に使用されている材料がコンクリートです。コンクリート無しでは、私たちの生活は成り立ちません。当研究室では、各種分析機器を用いてコンクリートをミクロな視点で捉え、セメント系材料の水和反応に立脚した硬化体の物性評価・予測を行うことで、低炭素化社会と高耐久インフラの実現に貢献する研究を行っています。

鋼・複合構造
研究室
准教授 たにぐち のぞむ
谷口 望

土木構造物のうち、鋼構造物、および、鋼とコンクリートでできた複合構造物について、様々な課題を取り扱っています。

防災地盤工学研究室 准教授 もり ともひろ
森 友宏

近年、人間の生活領域の拡大および自然外力の激甚化により、災害の発生頻度が増加してきており、事前に、発生する災害の種類、発生確率、規模を予測し、防災対策を講じることが求められている。本研究室では、地盤の物理・力学的特性に基づいた災害発生の予測手法、防災技術の開発、災害情報を用いたリスクコミュニケーション等の研究を行う。

地域
計画
景観
研究室
教 授 こばやし とおる
小林 享

景観や観光の問題を扱うには、言葉や時間と同様に人間の想像力が創る「景観美」と、享受する者の心構えとしての態度や作法、すなわち「心身の美」の二つの視点が求められます。この両者によって成り立つ文化的足跡がわが国の名勝や名所を育んできました。こうした考えの下でわれわれに共有できる美的な眺め方や味わい方を地方の風土をモデルに検討します。

地域
環境
整備
循環システム
研究室
教 授 たなか つねお
田中 恒夫

「持続可能性」、「地域循環圏」、「水素社会」、「生物多様性」、「生物・物理化学・電気化学」などをキーワードに研究開発を進めています。最近では、排水や酸性河川水などの電解により回収できる栄養塩類、希少金属、水素などの鉱物・エネルギー資源およびその技術を軸とした自然共生型地域資源循環圏の構築の可能性について検討しています。

水工学
研究室
准教授 ひらかわ りゅういち
平川 隆一

流域を適切に保全あるいは改良していくために、水・土砂・物質環境と人間及び生物との関係をより良いものに変えていくことが求められています。本研究室では、地表水や地下水を対象として、水の流動・物質移動・生態系への影響について室内実験や現地観測及び数値シミュレーションにより研究します。

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

工学研究科博士前期課程 建設工学専攻科目一覧表

研究分野
授業科目名
単 位 数
毎週授業
時限数
担当教員
備考
必修
選択
前期
後期
材料・構造分野
構造工学特論
2
1
岡野 素之
材料力学特論
2
1
土倉 秦
連続体力学特論
2
1
土倉 秦
維持管理工学特論
2
1
舌間 孝一郎
コンクリート工学特論
2
1
舌間 孝一郎
コンクリート構造特論
2
1
佐川 孝広
建設材料学特論
2
1
佐川 孝広
鋼構造学特論
2
1
谷口 望
複合構造学特論
2
1
谷口 望
土木地質学特論
2
1
森 友宏
防災工学特論
2
1
森 友宏
地域計画分野
計画数理特論
2
1
湯沢 昭
プロジェクト評価特論
2
1
湯沢 昭
景観デザイン特論
2
1
小林 享
風景学特論
2
1
小林 享
地域環境整備分野
水質工学特論
2
1
田中 恒夫
循環システム工学特論
2
1
田中 恒夫
建設情報処理特論
2
1
梅津 剛
数値流体力学特論
2
1
梅津 剛
水文学特論
2
1
平川 隆一
河川環境工学特論
2
1
平川 隆一
特 別 研 究
8
2
2
湯沢・小林(享)
岡野・田中・土倉
舌間・佐川・谷口
平川・森

主な進路

主な就職先・大学院進学先(キャリアセンター)