文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 教育・研究課程 » 博士前期課程 » 建築学専攻

建築学専攻

自身の道を進み、突き進んでいける研究空間

message_civ01.jpg

建築学専攻
さん

建築学専攻では、各々が専門的研究を進め、将来に繋がるアクションを起こすことができます。企業や団体とのプロジェクト進行、実施設計への関わり、海外の大学とのWS実施、建築学会論文発表など、学部では経験できない体験が可能です。また、先生方から学部時以上に濃密な指導を受けられるので、非常に充実した時間を過ごすことができます。
私の研究テーマは、空間体験における意匠的操作についてです。将来的には、インテリアや空間設計の仕事に携わりたいと考えています。知識の集積のみならず、それを繋ぎ発展させ、教養を深めることができるこの環境は、未来の自分への肥やしとなっていると感じます。
この有意義な研究空間で、皆さんも自身の探究心を貫いてみてはいかがですか。

概要

建築計画・意匠・環境設備分野、建築構造・材料分野の2分野を柱として、自然と調和した社会環境を構築する理論と技術を教育研究します。建築計画・意匠分野では、建築デザインのコンセプチュアルな面をより深く掘り下げるとともに、最終的に設計を社会的行為として捉えることのできる建築家及び建築技術者教育を目指します。建築構造・材料分野では、高度化、複雑化する建築物の構造メカニズムや挙動および構造物の性能に関する解析理論を取り扱い、自由な建築空間の創造に関する教育研究を行います。

archi01.jpg
建築デザインミーティング

archi02.jpg
街づくりコンセプトのプレゼンテーション

archi03.jpg
修士論文中間発表

archi04.jpg
修士設計発表会

研究室一覧

分野研究室名職名教員名等研究内容
建築計画・
意匠
都市環境計画研究室 教授 みやざき ひとし
宮崎  均

時代の流れは、「感性」「こころ」「環境」といった側面を重視した方向へ動いており、地域の個性、新しいアイデア、市民の活動が生まれてくるはずです。そして、その成果として、住んでいて良かったと実感が生まれ、地域社会を誇り高くアピールできるようになります。この様な考えの基に、個性ある地域環境を提案したり、温泉街のまちづくりの研究を行っています。

建築論・
建築意匠研究室
教授 いしかわ つねお
石川 恒夫

健康(バウビオロギー)と環境(バウエコロジー)の諸問題を 踏まえた居住空間の設計手法に関する研究を行いつつ、 設計実務から得られた知見を大学院教育に反映させている。また、建築は芸術であり、感動であることを生涯唱えた 建築家・今井兼次の設計活動の全貌を明らかにするため に、遺稿、図面資料を中心に研究を進めている。20世紀モダニズムは未完であり、精神的機能に応える建築の造形手法を今井兼次の創作態度から探る。

建築意匠・
建築設計研究室
教授 わかまつ ひとし
若松 均
建築は人々の関係はもとより、社会・歴史・文化・経済・環境・構造・設備など、さまざまな関係の中で成り立っています。実際の設計活動を通じて得られた経験と知見をもとに、これからの建築のあり方、人々の集まって生活・活動する場について研究しています。
環境情報
デザイン研究室
教授 たけや やすひこ
竹谷 康彦

人間が暮らす空間においての立体構造物は、身体的・視覚的に様々な影響を与えている。知覚し制御しうる「情報」としてそれらを捉え、機能や構造、意匠の枠組みとは異なる情報としてのデザインを研究する。新しい価値や暮らしとしての豊かさを目的としたデザインを目指し、デザイン範疇としてインタラクションやモーションデザインも含む研究であり、人間を中心としたインターフェースや体験のデザイン、仮想空間での実験も行っている。

建築意匠・
建築設計・
空間デザイン研究室
准教授 いしぐろ  ゆき
石黒 由紀

より良い建築を生み出すことを目的に、学部での研究、設計活動を更に具体的に深めていきます。実際の建築の設計や、設計競技への挑戦、他大学との交流、前橋のまちづくりへの参加、等の実践的活動を通し、人の身体と空間の関わりに重要なスケールやプロポーションの概念や、都市や地方のまちや建築の関係に潜む構成的な規則などを解明していきます。

空間デザイン研究室 准教授 こまだ たけし
駒田 剛司

建築と都市の豊かな関係を再発見することで新たなデザイン方法論を開発する。建築を都市から自律したものと捉える近代建築的な文脈では補足しきれない、両者をまたぐ領域の形態論的な特徴を明らかにする。バナキュラーな街路空間を形成する形態的要素の抽出とその分析。

建築構造・
材料
地盤・
耐震工学研究室
教授 せき たかお
関 崇夫

地震国の日本で建築物や基礎構造の地震被害を少なくするためには、建築物へ入力する地震動の大きさや建築物の揺れの大きさを把握する必要があります。研究室では、杭基礎の耐震設計を合理化するための地盤ばね評価法に関する研究、杭基礎建物へ入力する地震動を簡易に評価する研究や常時の地盤の微振動を利用して地盤構造を評価する研究を行っています。

構造信頼性研究室 教授 たかはし としえ
高橋 利恵

構造物には多くの不確定性が存在し、その不確定性を考慮して構造物の安全性を検討する必要があります。構造物の信頼性設計法に関する研究、構造物のシステム信頼性解析法に関する研究、構造物の状態予測に関する研究、意志決定法を用いた診断システムの開発などのテーマを通じて建築構造物の安全性に関する研究を行っています。

構造計画・
構造設計研究室
教授 はせがわ かずみ
長谷川 一美

「もの」の本質を構造的観点から解き明かし、目指すべき「もの」の「ものづくり」を実践します。様々な「もの」の組成を構築物の構法に応用し、具体的な工法にどの様に結びつけられるのか。ここでは「ものづくり」の「つくる」を、「創る」、「作る」、「造る」と定義します。そして、発想から実践までを、構法である構造システム、工法である生産から組み立てを一連のフロ-とし、様々な材料に適用して行くことを研究します。その過程では模型製作及び解析により「ものの美しさ」を実証検証して行きます。

鉄筋コンクリート系
構造研究室
准教授 きたの あつのり
北野 敦則

RC 部材と鉄骨部材を適材適所に配置した合成構造が開発されており、構造実験あるいは解析手法によって、その構造の安全性を検証する必要があります。多種多様な鋼とコンクリート接合部を網羅した設計法の確立を目指して研究を行っています。また、SRC構造の施工性の煩雑さを軽減するために、施工性を簡略化した新しいSRC構造の開発研究も行っています。

建築生産
研究室
准教授 つつみ ひろき
堤 洋樹

建物の長寿命化を実現する具体的な手法を確立するため、建物運用・管理についてソフト・ハードの両面から調査・分析を行います。近年は、公共施設のマネジメント手法に関する研究を中心に、既存建物の劣化及び管理状況の調査、木造大壁の非破壊検査手法に関する実験、建物の平均寿命の算定、劣化状況を踏まえた維持保全計画の策定などを行っています。

環境工学・
設備
環境工学・
音環境研究室
准教授 せきぐち まさお
関口 正男

建物は夏に涼しく冬に温かく静かさを保てる性能を、建築設備、省エネルギー、室内の音環境実感の向上を基本に研究します。

建築設備研究室 准教授 みたむら てるあき
三田村 輝章

建物は,見た目の美しさや地震に対する強さも大切ですが、室内で快適に、そして健康に過ごせることも必要です。当研究室では、室内の温冷感、空気汚染などを考える「建築環境工学」と呼ばれる分野の研究を行っています。省エネで快適・健康な空間の実現を目標として、ゼロエネルギー住宅やアレルギー対策住宅の開発などに取り組んでいます。

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

工学研究科博士前期課程 建築学専攻科目一覧表

研究分野
授業科目名
単 位 数

毎週授業
時限数

担当教員
備考
必修
選択
前期
後期
建築計画・意匠分野
建築意匠特論A
2
1
松井 淳
建築意匠特論B
2
1
石川 恒夫
建築意匠特論C
2
1
石黒 由紀
地域環境計画特論
2
1
宮崎 均
建築史特論
2
1
臼井 敬太郎
ランドスケープ特論
2
1
高島 秀訓
非常勤講師
都市景デザイン特論
2
1
韓 亜由美
建築設計演習A
2
1
松井 淳
建築設計演習B
2
1
石田 敏明
建築設計演習C
2
1
石黒 由紀
建築構造・材料分野
建築構造計画特論
2
1
坪田 張二
非常勤講師
建築生産特論
2
1
堤 洋樹
建築構造設計演習
2
1
高橋 利恵
建築マネジメント特論
2
1
沼本 要七
非常勤講師

建築鉄筋コンクリート
構造設計演習

2
1
北 野 敦 則

建築地震工学特論

2
1
関  崇 夫

構造デザイン特論

2
1
長谷川 一美

建築複合構造設計
演習

2
1
称原 良一
非常勤講師
建築耐震工学演習
2
関  崇 夫
環境工学・設備分野
環境建築学特論
2
1
大澤 元毅
非常勤講師
環境管理計画特論
2
1
白江 龍三
非常勤講師
地域生態学特論
2
1
岩隈 利輝
非常勤講師
建築設備設計演習
2
1
岡田 弘之
非常勤講師
空気環境計画特論
2
1
三田村 輝章
騒音防止工学特論
2
1
関口 正男
インターンシップA
4
大学院
全教員
インターンシップB
4
大学院
全教員
インターンシップC
4
大学院
全教員
インターンシップD
2
大学院
全教員
特 別 研 究
8
2
2
石田・宮崎(均)
松井・関・石川(恒)
高橋(利)・長谷川
韓・北野 三田村
堤・石黒

主な進路

主な就職先・大学院進学先(キャリアセンター)