文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 教育・研究課程 » 博士後期課程 » 環境・生命工学専攻-生命工学分野

環境・生命工学専攻-生命工学分野

環境・生命工学専攻では、循環型社会の構築を環境負荷低減の視点から推進する環境共生技術と人々の医療・福祉・食・環境における質の高い生活を実現するための生命工学技術について専門性の高い教育研究を行います。
生命工学分野では、生命現象の解明と理解に関する研究や医療・福祉・食・環境分野における生命工学技術の開発や応用研究に取り組み、現在の社会が直面する様々な課題を生命工学の観点から解決するための専門分野を教育研究します。
さらに、環境デザイン工学分野と互いに強く連携することによって、環境共生技術と生命工学技術の融合による技術を研究によって推進する先導的な教育研究を行います。

研究室一覧

研究室名職名教員名等研究内容
井田
機能ゲノミクス
研究室
教授 さかた かつみ
坂田 克己
複数の生物学的階層のデータ統合に基づいた相互作用ネットワークについて研究します。ネットワークを生物情報の視点から解析するのに留まらず、社会ネットワークや環境系を含めた大きな視点から議論する。
知識情報処理
研究室
教授 しょう ねい
鍾 寧
(Ning Zhong)
知能情報学に基づく情報処理技術に関する新たな基礎理論、方法論およびシステムの創出を目指す。特に、DM技術、WI技術を融合して、ビジネスインテリジェンス、脳情報学などのための全く新しいツールを提供するための研究開発を行う。
理論生物
研究室
教授 ほんま けいいち
本間 桂一
開発した手法を使い、タンパク質の天然変性領域の特性と進化的保存を分析する。疾病に関与するなど重要な機能を持つタンパク質に特化した分析も行う。立体構造領域と比較することにより、天然変性領域の持つ機能を解明して行く。
バイオ
インフォマティクス
研究室
准教授 さとう まきひこ
佐藤 眞木彦
博士後期課程では、新たな最適化の手法やバイオデータの解析手法を、情報科学や統計手法を用いて開発し、より有用な知見を引き出す研究を行う。これらの研究を通じて、創薬等の実用的な成果につながる研究を目指していく。
情報生命化学
研究室
教授 なかむら けんすけ
中村 建介
分子生物学の進歩により、大量の情報を生み出す測定技術が次々と現れている。これらの情報を適切に処理し、生命現象の理解へ向けて深く斬り込める知識と技術・共用を兼ね備えた人材の育成を目指す。
タンパク質情報
研究室
准教授 ふくち さとし
福地 佐斗志
前期課程での成果を発展させ、より高度な応用・深い知識の取得を目指すとともに、得られた成果を原著論文としてまとめる力を養う。
生体制御
システム
研究室
教授 はらかわ てつみ
原川 哲美
感性を与える楽器の研究開発インターネットの普及の結果、生活や社会活動がかなり緻密に管理されている。その反面、ストレスや疲労という負の側面が注目されている。そこで、癒しを与える情報の創出が大きく注目されている。その感性を与えるメディアの研究を行っている。
システム神経科学&
神経工学
研究室
教授 いまむら かずゆき
今村 一之
脳の可塑性を計測する方法を学ぶ。視覚野可塑性に関して、国際的なレベルでの研究を遂行できる知識と技術を習得する。単一神経細胞の活動を利用して機器を制御する方法についての研究を実施する。
光診断技術
研究室
教授 のむら やすとも
野村 保友
新たな光診断技術の開発・応用および光学測定の基礎技術の幅広い応用研究を行う。
形状情報処理
研究室
教授 むかい しんじ
向井 伸治
機械・生体系のデジタルデザインにおける形状モデルの生成処理手法の開発研究、並びに形状計測、形状再現、ラピッドプロトタイピングといった一連の形状情報処理システムを利用した新しいデザイン手法の研究を行う。
生体計測
研究室
教授 わん ふぇん
王  鋒
(Feng Wang)
生体情報の取得、処理および応用に関する研究を行う。
知能ロボット
システム
研究室
教授 しゅ せき
朱  赤
(Chi Zhu)
介護福祉ロボットなどの対人支援システムにおける必要なロボット技術を中心に、人間の力、筋電、また脳波信号を用いた信号処理技術、人間と直接接している必要な機構や電気制御を含むロボットシステムの構成と開発、およびその安全性を考慮した制御技術の開発などを展開して最先端の研究を行う。
適応信号処理
研究室
准教授 まつもと ひろき
松本 浩樹
高次統計量を用いた適応信号処理、特にブラインド信号処理に基づく推定と情報抽出・再生の理論構築と体系化及び具体的なアルゴリズムの研究を行っている。現在、欠損データのあるシステムや不均一にサンプリングされた信号を前提とした信号処理における各種アルゴリズムの研究に注力している。
神経機能工学
研究室
准教授 いしかわ やすゆき
石川 保幸
神経機能素子•神経ネットワークおよび生体制御機構の役割を解明する基礎研究とその工学的応用研究を行う。
神経電子計測
システム
研究室
准教授 おだがき   まさと
小田垣 雅人
脳神経を非侵襲的に計測する手法を用いたヒトの運動機能関連の脳機能解明を行う。
タンパク質化学
研究室
教授 かどや としひこ
門屋 利彦
生体反応機構の解明、生体物質の応用開発に関する研究の実施と成果の発表を通して、研究者および研究リーダーとして必要な諸要素が身につくよう指導する。
分子生物学
研究室
教授 ぜんの しゅうへい
善野 修平
機能性RNAが関与する遺伝子発現やタンパク質合成の制御システムの解明を目指す。miRNA、piRNA、siRNA等の機能解析について、研究指導を行う。
植物代謝工学
研究室
教授 ほんだ いちろう
本多 一郎
有機化学的手法及び植物工学的手法を用いて、植物の成長調節、品質の制御に関わる課題について研究指導を行う。
食品機能
開発工学
研究室
教授 ほんま ともお
本間 知夫
様々な評価系を用いて、食品の機能性や安全性を高めるための新しい工学的技術の開発に関わる研究について研究指導を行う。
応用微生物学
研究室
教授 おがた ともお
尾形 智夫
産業上有用な微生物の機能を改善、変化させ、より有用な菌株の造成を目指す。菌株の変化を遺伝子レベルで把握し、有用菌株育種のメカニズムの理解を目指す。
微生物工学
研究室
准教授 はやし ひでのり
林 秀謙
自然界から有用物貨生産菌の分離および同定を行い、その有用産物生産に関わる機能遺伝子解析の研究指導を行う。
食品生理
機能工学
研究室
准教授 さつ ひでお
薩 秀夫
機能性食品成分と生体との相互作用に関する分子・細胞レベルでの解析を通して、研究を進める上で必要な論理的思考やプレゼン能力などが身につくよう指導する。
生体情報解析
研究室
教 授 すがわら かずはる
菅原 一晴
細胞や生体分子を対象にその機能を解明する研究を行う。特に生体分子間相互作用をモニタリングする手法を開発し反応機構に関する知見を得ることを目的とする。

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

生命工学専攻科目一覧表

研究分野
授業科目
単 位 数
担当教員
必須
選択
生命工学分野
生命情報学論A
2
井田 憲一
坂田 克己
鍾  寧
本間 桂一
佐藤 眞木彦
中村 建介
福地 佐斗志
生命情報学論B
2
システム生体工学論A
2
原川 哲美
今村 一之
野村 保友
向井 伸治
王  鋒
朱  赤
松本 浩樹
石川 保幸
小田垣 雅人
システム生体工学論B
2
生物工学論A
2
門屋 利彦
善野 修平
本多 一郎
本間 知夫
尾形 智夫
林  秀謙
薩 秀夫
生物工学論B
2
特別研究
6
環境・生命工学専攻
全教員

主な進路

主な就職先・大学院進学先(キャリアセンター)