文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 教育・研究課程 » 博士後期課程 » 環境・生命工学専攻-環境デザイン工学分野

環境・生命工学専攻-環境デザイン工学分野

環境・生命工学専攻では、循環型社会の構築を環境負荷低減の視点から推進する環境共生技術と人々の医療・福祉・食・環境における質の高い生活を実現するための生命工学技術について専門性の高い教育研究を行います。
環境デザイン工学分野では、地域の良好な環境の保全を実現するため、地域の環境を構築する要素を自然、人間活動、人工物として捉え、これら構成要素間の環境負荷と構成要素全体の環境負荷を調和して総合的に低減する環境共生技術についての専門分野を教育研究します。
さらに、生命工学分野と互いに強く連携することによって、環境共生技術と生命工学技術の融合による技術を研究によって推進する先導的な教育研究を行います。

研究室一覧

研究室名職名教員名等研究内容
構造工学
研究室
教授 おかの もとゆき
岡野 素之
鉄筋コンクリート構造および合成構造などを対象として、地震による動的応答や損傷を数値解析により調査・分析し、新たな構造形式について研究する。
地盤材料
研究室
教授 つちくら とおる
土倉 泰
砂や石積み・コンクリートブロックなどの離散体の挙動をシミュレーションにより検討し、把握した現象を構造物設計に活かすための研究を行う。
建設材料化学
研究室
准教授 さがわ たかひろ
佐川 孝広
各種混和材料を用いたセメント硬化体に関し、精緻な水和反応解析に基づく物性・耐久性予測モデルの構築や新規材料開発に関する研究を行う。
防災地盤工学
研究室
准教授 もり ともひろ
森 友宏
自然災害の予測・防災技術に加え、災害発生の予測結果を適切に国民に周知する手法、および予測結果を用いたリスクコミュニケーションに関する研究を行う。
循環システム
工学
研究室
教授 たなか つねお
田中 恒夫
地域の持続可能性を志向し、一方向の物質の流れから循環システムへの転換に必要なソフトシステムやハード技術などについて研究する。
水工学
研究室
准教授 ひらかわ りゅういち
平川 隆一
地表水や地下水を対象として、水の流動や物質移動に加え、その生態系への影響についても研究する。また、数値シミュレーションによる解析も加える。
鋼・複合構造
研究室
准教授 たにぐち のぞむ
谷口 望
鋼構造および複合構造物に対して、新しい構造形式の開発、合理的な設計手法の開発、適切な維持管理手法について研究を行う。
都市環境計画
研究室
教授 みやざき ひとし
宮崎  均
地域環境を都市・観光地・農漁村など人間が居住する場としてとらえ、人間の意識・行動から環境要素を設定し、調査・分析から新たな計画技術の研究を行う。
地盤・
耐震工学
研究室
教授 せき たかお
関 崇夫
建築物を支える地盤と構造物の動的相互作用効果や基礎構造物の耐震性について地震応答解析により調査・分析し、新たな評価手法について研究を行う。
建築論・
建築意匠
研究室
教授 いしかわ つねお
石川 恒夫
芸術としての建築を求めた建築家・今井兼次の設計活動とその創作態度を遺稿資料から分析しつつ、モダニズムの更なる展開に応えるための設計手法の研究を行う。
構造信頼性
研究室
教授 たかはし としえ
高橋 利恵
工学システムの計画や設計にはさまざまな不確定性が存在する。確率論を用いた構造性能や荷重の評価及び方法論、設計法への適用に関する研究を行う。
鉄筋コンクリート系
構造研究室
准教授 きたの あつのり
北野 敦則
鉄筋コンクリート構造や鋼コンクリート合成構造における未整備の設計法について、解析的研究により応力伝達機構を考慮した新しい部材設計法に関する研究を行う。
建築設備
研究室
准教授 みたむら てるあき
三田村 輝章
建物内における熱・空気環境の諸問題を取り扱い、その快適性、健康性、省エネ性に関する実態把握と数値予測を通じて、最適な環境設計手法を構築する。
建築生産
研究室
准教授 つつみ ひろき
堤 洋樹
産官学との共同研究や実務作業を通じて、住宅から公共施設まで建物全般の実務的な管理・運用手法の提案・構築を行い、施設管理のあり方を問う。

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

環境デザイン工学専攻科目一覧表

研究分野
授業科目
単 位 数
担当教員
必須
選択
環境デザイン工学分野
建設工学論A
2
湯沢  昭
岡野 素之
田中 恒夫
佐川 孝広
谷口  望
平川 隆一
森 友宏
建設工学論B
2
建築学論A
2
宮崎  均
関  崇夫
石川 恒夫
高橋 利恵
北野 敦則
三田村 輝章
堤  洋樹
建築学論B
2
特別研究
6
環境・生命工学専攻
全教員

主な進路

主な就職先・大学院進学先(キャリアセンター)