受賞・成果の最近の記事

 建築学科・建築学専攻の学生が、シンエネルギー株式会社主催の学生を対象としたバイオマス発電用ペレット収蔵施設外装デザインアイデアコンテストに入選しました。

審査委員

  • 審査委員長 宮崎 浩
  • 審査委員  藤野 高志、植木 茶織、高橋 伸也

受賞作品

作品名: 「Ishiguro Lab イシグロ ラボ」

  受 賞: 優秀賞
  受賞者: 海野美帆 (建築学専攻 1年生:石黒研究室)
       緒方秀臣、小林良成 (建築学科 3年生:石黒研究室)
海小緒シンエネ.jpg

作品名: 「ピンポンツリースポンジ」

  受 賞: 佳 作
  受賞者: 石渡智彦、城田陸人 (建築学科 3年生:石黒研究室)

石渡シンエネルギー 賞状.jpg海野緒方小林.jpg石渡城田1.jpg

表彰式の様子

 2017年10月26~27日にアオーレ長岡にて開催された2017年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会において,建築学専攻 博士前期課程2年の茂木拓也君が発表した論文が奨励賞(学生部門)を受賞し,2018年5月30日に表彰式が行われました。

受賞者一覧

発表演題

地中熱を利用した全館空調住宅に関する研究

茂木拓也(前橋工科大学大学院),三田村輝章(前橋工科大学),原澤浩毅(ハラサワホーム)

jses_mogi.jpg

※ 賞状に一部加工を施しています。

 毎日新聞社,一般社団法人総合デザイナー協会(DAS)主催,大阪デザイン振興プラザ,大阪芸術大学(銀の卵賞),サントリーコミュニケーションズ(株)協力の「第49回 毎日・DAS学生デザイン賞 大学生の部 "金の卵賞"」において,建築学科3年生が入選しました.

審査委員

  • 総合審査委員長 嶋 高宏(DAS理事長)
  • 審査・実行委員長 藤田 隆
  • 他42名

審査結果

受賞作品

作品名: 「まちを巻き込む」

受 賞: 入 選

受賞者: 佐野 歩美 (建築学科 3年生)

作品名: 「ズレが生み出すテラス」

受 賞: 入 選

受賞者: 石山 寛子 (建築学科 3年生)

パネル 1.jpg

パネル1

パネル 2.jpg

パネル2

パネル 3.jpg

パネル3

佐野歩美さんの作品

パネル-石山.jpg

石山寛子さんの作品

賞状1.jpg

賞状-石山.jpg

※:賞状に一部加工を施しています.

 建築学科 若松均教授の設計した「緑ヶ丘のコーポラティブハウス」が,「2018年日本建築学会作品選奨」に選出されました.その年の作品選集掲載作品96 作品(海外作品は除く)なかから,特に優れた11作品が作品選奨として選出されています.

「緑ヶ丘のコーポラティブハウス」

建築学会作品紹介_緑が丘のコーポラティブハウス 3.jpg

作 品>>建築学会作品紹介_緑が丘のコーポラティブハウス.pdf

詳細は>>日本建築学会

 埼玉県住まいづくり協議会(風間健会長=高砂建設社長)は平成29年12月18日,埼玉県県民健康センターで「第5回埼玉県環境住宅賞」の表彰式を行いました.建築部門,アイデア部門,学生部門に合計60作品の応募があり,建築学科の石川恒夫教授が「審査委員長特別賞」を受賞しました.

審査委員
委員長 三井所 清典(芝浦工業大学名誉教授、日本建築士会連合会会長)
    秋元 智子(NPO環境ネットワーク埼玉 理事・事務局長) 
    片淵 重幸(埼玉県地区設計監理協会 相談役理事)  
    佐藤 啓智(埼玉県建築士事務所協会 副会長) 
    松岡 大介(ものつくり大学 准教授)

受賞作品
  作品名: 「通り土間をもつ家ー内と外の多様な関係ー」
  受 賞: 審査委員長特別賞
  受賞者: 石川恒夫(前橋工科大学)+ビオ・ハウス・ジャパン一級建築士事務所*
       施工 落合伸光(㈱ビオ・クラフト)
      *ビオ・ハウス・ジャパンは本学発のベンチャー企業です。

賞状 審査委員長特別賞-1.jpg※:賞状に一部加工を施しています.


通り土間をもつ家ー内と外の多様な関係.jpg

 毎日新聞社主催,ヒノキヤグループ共催の「第三回学生住宅デザインコンテスト」において,建築学専攻の大学院生が入賞しました.

審査委員

  • 手塚 貴晴(建築家・手塚建築研究所 代表・東京都市大学 教授)
  • 粕谷 淳司(建築家・関東学院大学 専任講師)
  • 黒石 いずみ(青山学院大学 教授)

審査結果

受賞作品

作品名: 「私たちをとり囲む「ソレ」は棲む手がかりだった」

受 賞: 入 選

受賞者: 久保田 祐基(大学院修士博士課程 1年生)

賞状-1.jpg※:賞状に一部加工を施しています.

 8月31日~9月3日で開催された,2017年度日本建築学会大会学術講演会の環境工学部門において,建築学専攻1年生が若手優秀発表賞を受賞しました.本賞の受賞対象は,発表登録時に29歳以下の学生・若手研究者を対象としています.

受 賞 者 :茂木 拓也(建築学専攻1年)

講演題目:地中熱を利用した全館空調住宅に関する研究
     前橋市内のモデル住宅を対象とした年間を通じた性能評価とチューブ内結露に関する考察

moro_2017AIJ-1.jpg※:賞状に一部加工を施しています.

 8月31日~9月3日で開催された,2017年度日本建築学会大会学術講演会の建築歴史・意匠部門において、建築学専攻1年生が若手優秀発表賞を受賞しました。本賞の受賞対象は,発表登録時に29歳以下の学生・若手研究者を対象としています.

受 賞 者 :飯田 紗己(建築学専攻1年)

講演題目:旧丸山変電所の利活用に関する研究

賞状-1.jpg※:賞状に一部加工を施しています.

 建築学専攻の大学院生が「歴史的空間再編コンペ2017 ~第6回「学生の町・金沢」設計グランプリ~」において5位に入賞しました.その後行われました学生団体SNOUによる審査で,最優秀SNOU賞を受賞しました.

受賞作品

作品名: 「再考されるレガシー -伝統的建造物群保存地区における伝統継承のあり方の提示-」

受 賞:  最優秀SNOU賞

受賞者: 久保田 祐基(大学院修士博士課程 1年生)

EPSON080.JPG

※:賞状に一部加工を施しています.

賞状歴史的空間再編コンペ.jpg

受賞作品

IMG_5534.JPGのサムネイル画像

記念品(USBメモリー)

 建築学専攻の大学院生が「歴史的空間再編コンペ2017 ~第6回「学生の町・金沢」設計グランプリ~」において,5位に入賞しました.

審査委員

山名 善之(東京理科大学理工学部建築学科教授)                                                                                                 貝島 桃代(筑波大学芸術系准教授/アトリエ・ワン/ETHZ)                                                                                               真野 洋介(東京工業大学准教授 )                                                                                                          塚本 由晴(東京工業大学大学院教授/アトリエ・ワン)                                                                                            宮下 智裕(金沢工業大学准教授)                                                                                                        松田 達(武蔵野大学専任講師/松田達建築設計事務所代表)

   審査結果

受賞作品

作品名: 「再考されるレガシー -伝統的建造物群保存地区における伝統継承のあり方の提示-」

受 賞:  5 位

受賞者: 久保田 祐基(大学院修士博士課程 1年生)EPSON081-1.jpg

※:賞状に一部加工を施しています.

賞状歴史的空間再編コンペ.jpg受賞作品

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち受賞・成果カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。