文字サイズ + 標準
Department of Architecture 建築学科

人間や自然環境に配慮し、
文化的・芸術的な視点から建築や都市のデザインやマネジメントについて学ぶ

概要・最新情報

建築学科  学科長  宮﨑  均 教授

建築学科は、建築計画・意匠、建築構造・材料と建築環境・設備の3分野から構成されています。本学科では、社会福祉や自然環境への配慮に加え、安全、健康、安らぎ、豊かさなど、文化的・芸術的な視点から建築と都市のデザインやマネジメントを推進する設計者と技術者の育成を目指しています。建築計画・意匠分野では、建築や都市の企画・設計・監理を行う能力を養います。建築構造・材料分野では、建築の構造理論を理解し、建物の構造の施工や施設、その設計・管理ができる能力を養います。そして、建築環境・設備分野では、建築内部の熱・音・空気・光などの環境評価や建築設備の仕組みを踏まえ、地域環境を尊重した機能的な建物の計画・設計ができる能力を養います。


建築計画・意匠

建築や都市の企画・設計・監理を行う能力を養います。



建築設計基礎II 木造の建物の間取りなどの描き方を学習している様子

建築構造・材料

建築の構造理論を理解し、構造の施工や施設の設計管理ができる能力を養います。


鉄筋コンクリート構造Ⅰ 鉄筋やコンクリートを用いて、実際に作成している様子

建築環境・設備

建築内部の熱・音・空気・光などの環境評価や設備の仕組みを勉強し、機能的な建物の計画・設計ができる能力を養います。


建築環境実験 屋外において、熱や音などの現場環境を測定している様子

ADMISSION POLICY

学生像

  1. 科学、社会、技術、芸術等の広い分野に関心を持っている

  2. 建築や都市の企画・設計・施工・監理・マネジメント等に関わる業務に従事したい

能力

数学・英語・理科・国語等、特に数学の基礎的学力を評価します。

<高等学校等での修得すべき科目>
数学 数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(あるいは同等の科目)
理科 物理(物理基礎を含む)
英語

» カリキュラム・卒業認定基準

資料

学科ページ内の動画をご覧になるにはそれぞれ下記のソフトが必要です。

  • ⇒ Windows Media Player(無料)ダウンロードはこちら
  • ⇒ Macromedia Flash Player(無料)ダウンロードはこちら