文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介建築学科 ≫ カリキュラム・卒業認定基準
Department of Architecture 建築学科

カリキュラム・卒業認定基準

CURRICULUM POLICY

建築学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、共通教育科目、専門教育科目(専門基礎科目、専門科目)に分けて、以下のカリキュラムを開設し、年次に従って実施します。

  1. 1年次においては、教養科目で構成されている共通教育科目とともに、建築学の基本となる設計、計画、構造の基礎に関する専門基礎科目を学ぶ。
  2. 2年次においては、1年次の専門基礎科目に加えて、建築学の基礎をより発展させた専門基礎科目のほか、建築設計、構造力学、建築計画、環境工学に関する専門科目について学び、建築設計者・技術者として必要な基礎知識を身に付ける。
    また、実習・演習科目を通して、自己表現力を身に付ける。
  3. 3年次においては、専門科目を中心に学び、建築計画・意匠分野、建築構造・材料分野、建築環境・設備分野に分けて、学生が自主的に履修計画を立て、希望する専門分野の科目を履修する。また、実験科目を通して、問題提起・解決能力を身に付けるほか、建築インターンシップでは、学外の企業で実務を体験することにより、倫理観や社会的責任を理解する。
  4. 4年次においては、専任教員の研究室に所属し、卒業研究・設計に取り組むことで、技術論文のまとめ方、プレゼンテーション方法、討議の仕方などについて学び、大学教育の総まとめを行う。

cul_arc01_2016.gif

DIPLOMA POLICY

卒業に必要な単位数を修得し、以下に示す能力を有すると認められたものに学位を授与します。

  1. 自ら発見した問題を、自ら調べ、自ら考えて解決する能力を身に付けている。
  2. 学んだ技術や知識をもとに、柔軟に対応できる応用力を身に付けている。
  3. 建築設計者・技術者として必要な基礎知識を持ち、記述能力、描画能力、ものを作る能力を通して、自分の考えを表現することができる。
  4. 建築設計者・技術者として備えるべき倫理観を持ち、社会的責任を理解している。
  5. 建築に関わる生活の豊かさ、人間の健康、地域社会、環境について考えた空間を創造することができる。
専門教育科目
専門基礎科目
専門科目
必修
必修
選択必修
1年次
前期
建築設計基礎Ⅰ
建築構造
建築学概論
建築材料
後期
建築設計基礎Ⅱ
建築構造力学Ⅰ
建築計画Ⅰ
建築デザイン実習
建築生物学Ⅰ
2年次
前期
建築構造力学Ⅱ
建築計画Ⅱ
建築設計Ⅰ
インテリアⅠ
建築史Ⅰ
建築環境工学Ⅰ
建築造形論
建築生物学Ⅱ
建築情報処理
建築設計ワークショップ
後期
鉄筋コンクリート構造Ⅰ
鋼構造Ⅰ
建築設計Ⅱ
建築環境工学Ⅱ
木質構造 建築構造力学Ⅲ
建築計画Ⅲ
インテリアⅡ
建築史Ⅱ
建築生産
建築構造計画
3年次
前期
都市環境計画Ⅰ 建築法規
建築設計Ⅲ
建築設備Ⅰ
聴覚・音響学
鋼構造Ⅱ
建築構造力学Ⅳ
建築史Ⅲ
建築インターンシップ
鉄筋コンクリート構造Ⅱ
空気環境学
建築構造実験
耐震工学
後期
建築施工 建築設計Ⅳ
都市環境計画Ⅱ
地盤・建築基礎構造
計画・環境実験
建築構造力学Ⅴ
鋼構造設計
建築マネジメント
建築設備Ⅱ
4年次
前期
卒業研究 鉄筋コンクリート構造設計
建築計画特論
後期
建築構造特論

» 3つのポリシー 工学部