文字サイズ + 標準
トップページ最新情報 > コロナ関連 ≫ 群馬県の「社会経済活動再開に向けたガイドライン」に基づく警戒度「1」への引下げに伴う本学の対応について【5月28日時点】

群馬県の「社会経済活動再開に向けたガイドライン」に基づく警戒度「1」への引下げに伴う本学の対応について【5月28日時点】

5月28日から群馬県の「社会経済活動再開に向けたガイドライン」に基づく警戒度が「1」に引き下げられることに伴い、次のとおり取り扱います。

(新型コロナ)群馬県の警戒度は【1】

1 授業について

 引き続き、対面授業を実施します。

2 部活動・サークル活動について

 感染防止措置を徹底し、次の事項を厳守した上で、部活動・サークル活動でのクラブ棟の一部利用を再開します。教室・体育館・ラーニングコモンズも引き続き利用可とします。

  ・一時に入室する人数の制限
  ・入室者(利用者)の利用日時及び氏名の記録
  ・会議や打合せなど、クラブ棟以外で実施できることについては、極力、教室等を利用

3 県外移動等について

 混雑した場所や感染の拡大している都道府県への移動は、十分注意してください。

4 入構規制について

 学外者についても感染防止対策を実施した上で、入構を可とします。

5 新型コロナウイルス感染症対策の徹底を!

県の警戒度は引き下げられましたが、全く感染リスクが解消されたわけではありません。引き続き、感染対策を怠らないようにしましょう。

〇会食等においては、特に感染対策を忘れずに!

会食や飲み会では、マスクを外すこととなるため、必然的に感染リスクが高まります。食事中は外しても、会話の際はマスクを着用するなど、「感染リスクを下げながら会食をする」ことを意識してください。

〇身体的距離の確保・換気・手洗い・手指消毒を徹底!

手指消毒の徹底、大声を避ける、十分な換気を行う、対人距離を確保する等、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。

〇学内では、引き続きマスクを着用しましょう!

学内での活動においては、他者とのコミュニケーションを図ることが基本となるため、引き続きマスクの着用が必要です。

〇検温・体調管理を心掛けましょう!

自分では軽い症状や無症状であっても、気づかずに周囲の人に感染を広めてしまう可能性があります。決して無理をせず、風邪症状、倦怠感、味覚・嗅覚異常などがあれば、軽い症状であっても、通学せずに自宅で療養してください。連絡があれば、欠席にはせず、不利益にならないように配慮します。

〇不安なときは、1人で悩まず相談を!

このウイルスには誰もが感染する可能性があります。感染者をはじめ、関係者を責めたりせず、共に支えあって、活力のある大学を一緒に築いていきましょう。不安なことがあれば、1人で悩まず、大学に相談してください。

※再び感染が拡大しないよう、皆さんのご協力をお願いします。※