文字サイズ + 標準
Department of Civil and Environmental Engineering 社会環境工学科

授業紹介

プログラミング演習

生命情報学科では、1年次から3年次までプログラミング言語演習を行います。ほとんどの学生は、コンピュータプログラムの初学者ですが、これらの演習を通じコンピュータプログラムを作成する技能を身につけることが出来ます。この技能は4年次の卒業研究・大学院での研究の基礎となり、またその知識を活かし、多くの学生が情報関連企業に就職します。

バイオインフォマティクス

バイオインフォマティクスとは、学科の名称となっている生命情報学そのものであり、生物のDNAやアミノ酸配列などに保持された「情報」を我々の生活の役に立つ知識に置き換えていく学問です。様々な生物が「進化」することによって発達してきた過程を解き明かしていくことで、医療や農業の発展の手がかりになる様な発見を目指し、ともに学びましょう。

研究室

生物情報化学研究室 担当教員/中村 建介

われわれ生物の姿や行動がどのようにして形作られているのかを知るために、ゲノムDNAの持つ「情報」を計算機で調べています。

テーマ例
  • 次世代シーケンサによる塩基配列データの解析
  • 分子軌道計算・分子力場計算・分子動力学計算などによる計算化学解析
  • タンパク質の配列及び立体構造解析・基質との相互
学びのキーワード
  • バイオインフォマティクス/微生物ゲノム解析/金属タンパク質/理論有機化学/次世代シーケンサ

機能ゲノミクス研究室 担当教員/坂田 克己

生物相互作用ネットワーク(遺伝子網、生態系など)を研究しています。データ解析と計算機シミュレーションの方法で行います。

テーマ例
  • 遺伝子網のモデリングとシミュレーション
学びのキーワード
  • 生物ネットワーク

知識情報処理研究室 担当教員/鍾 寧

データ・知識・インテリジェンスを中心とする人工知能や知的情報処理技術の基礎から応用にわたる広範囲の研究を行っています。

テーマ例
  • ウェブに基づく脳データベースの構築及び脳科学研究支援システム
  • 人間の高次認知メカニズムを解明するためのfMRI/EEG認知実験の設計及びデータマイニング技法、社会ネットワークインテリジェンス
  • ウィズダムウェブシステムの環境と基盤
学びのキーワード
  • 知能情報学/知識発見とデータマイニング/ウェブインテリジェンス/脳情報学/知識ベース・知識システム

理論生物研究室 担当教員/本間 桂一

DNA配列などの生物関係の大量データの山をコンピュータにより選別し、病気の発症メカニズムなどの宝探しをしています。

テーマ例
  • タンパク質の構造、配列、機能解析/ゲノム解析/DNAの変異と疾病の関係
学びのキーワード
  • バイオインフォマティクス/ゲノム情報処理/データベース生物学、タンパク質/構造生物学/天然変性領域

バイオインフォマティクス研究室 担当教員/佐藤 眞木彦

遺伝的アルゴリズムやサポートベクトルマシンなどの知的情報処理を中心に、ウェーブレット変換などとも組合わせた新たな適用分野を研究しています。

テーマ例
  • バイオインフォマティクス、及びそのシステム
  • 遺伝的アルゴリズムを適用した最適化問題
学びのキーワード
  • バイオインフォマティクス/タンパク質の立体構造予測/遺伝的アルゴリズム/免疫アルゴリズム/最適化

タンパク質情報研究室 担当教員/福地 佐斗志

近年、生物学で得られるようになった大量のデータをコンピュータで解析し新しいことを発見したいと思い頑張っています。

テーマ例
  • タンパク質構造・配列解析、ゲノム情報処理
  • 生命情報データベース構築等
学びのキーワード
  • バイオインフォマティックス/データベース生物学/プロテオーム情報処理

システム生物学研究室 担当教員/関口 達也

酵素反応の解析を行っています。そのために必要なアプリの開発や、微生物の代謝過程を数式で表現する方法の研究を行っています。

テーマ例
  • システム生物学実験研究者のための生化学反応シミュレータの設計・開発
学びのキーワード
  • バイオインフォマティクス/コンピュータシミュレーション/生体生命システム情報学

理論計算機科学研究室 担当教員/遠山 宏明

コンピュータで問題を解くために用いるアルゴリズム(計算方法)とそれに要する計算の手間(計算量)に関する研究しています。

テーマ例
  • クラスPとNP間の階層に関する研究
  • 最適化問題に対する近似手法に関する研究
  • 量子情報理論に関する基礎的研究
学びのキーワード
  • 計算量理論/近似アルゴリズム/量子情報理論

情報システム研究室 担当教員/冨澤 眞樹

拡張現実を利用したカード型教材、遊びながら学ぶという療育システムや小型コンピュータを使ったセンサーノードを開発しています。

テーマ例
  • 情報システムの分析/設計/開発/評価(情報推薦システム、コンテンツマネジメントシステム、教育システム)、組込みシステム(マイクロプロセッサ応用、組込みソフトウェア)
学びのキーワード
  • 計算機システム/情報ネットワーク/ソフトウェア/ウェブ情報学/学習支援システム

生体分子ダイナミクス研究室 担当教員/優 乙石

蛋白質など生体分子の形や動きを分子レベルで調べています。コンピューターで分子をモデリングして、計算機によってその動きをシミュレーションしています。

テーマ例
  • 蛋白質の形や動きを分子レベルで調べる
  • 蛋白質と小さな分子(水分子や薬剤分子など)との相互作用を調べる
  • 細胞内の特殊な環境が蛋白質の機能に与える影響を調べる
学びのキーワード
  • 分子シミュレーション/蛋白質立体構造、ダイナミクス、相互作用/細胞環境

将来について

取得可能な資格

  • ITパスポート試験
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • 医療情報技師

卒業後の主な進路

  • 本学または他大学の大学院進学
  • 情報通信関連企業
  • 製造関連企業(機械・電気・精密機器など)
  • 金融機関
  • 公務員 ほか