2014年12月アーカイブ

カリキュラム・卒業認定基準

CURRICULUM POLICY

総合デザイン工学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、基礎教育科目、専門教育科目に分けて、以下のカリキュラムを開設し、年次に従って実施します。

  1. 1・2年次の自然科学系科目、人文・社会科学系科目および外国語科目では、既存の価値や社会の状況を多面的な視点から観察し問題を発見する能力を身に付けるための学修をする。
  2. 1年次の専門教育科目として、問題解決のための知識と実践の基礎的能力を修得するために、デザインに従事する人材が共通して必要とする、数理・情報、材料・構造、技術製図を学修する。
  3. 2年次の専門教育科目では、授業科目を段階的に配置し、学生各自の関心に沿った科目を学修することで学んだ知識や技術を深化させることで、専門的工学知識をもとに、機能、造形と視覚を意識した発想力豊かなものづくりのできる能力を養う。
  4. 3年次では、デザインについて学ぶ学生に対しては、プロダクトデザイン、建築・都市デザイン、情報デザインを知ることで、そこに共通するデザインの基礎を学ぶとともに、創造のための思考力を養い、材料・構造について学ぶ学生に対しては、建築構造家、設備技術者、施工技術者として必要な知識や技術を修得させる。
  5. 4年次では、卒業研究を通じて、問題発見から解決とその具現化を実践的に学修する過程の中で、コミュニケーション能力の向上を図るとともに、デザインの学修を継続的に行う能力を養う。

cul_de01_2016.gif

DIPLOMA POLICY

卒業に必要な単位数を修得し、以下に示す能力を有すると認められたものに学位を授与します。

  1. 既存の価値、社会の状況を多面的な視点から観察し、問題を発見する能力を身に付けている。
  2. 基礎教育科目とともに、数理・情報、材料、構造などの専門科目を学修することで、問題解決のための知識と実践の方法を修得している。
  3. 専門的工学知識をもとに、発想を具現化する技術を持ち、造形と視覚を意識したものづくりを行うことができる。
  4. 自らの考えや成果物を他者に伝達するとともに、 他者の考えを理解するコミュニケーション能力を身に付けている。
  5. 考えや成果物に対しての客観的な評価を通して、デザインの学修を継続的に行う能力を身に付けている。
専門教育科目
必修
選択
1年次
前期
デザイン基礎演習Ⅰ
エンジニアリングデザイン概論
情報処理技術の基礎
構造力学Ⅰ
建築構造
造形基礎工作Ⅰ
後期
構造力学Ⅱ
デザイン基礎演習Ⅱ
プログラミング入門
建築計画Ⅰ
都市計画
基礎数理Ⅰ
材料工学
造形基礎工作Ⅱ
2年次
前期
デザイン演習Ⅰ 建築計画Ⅱ
インテリアデザイン
建築史
材料力学
エンジニアリングデザインワークショップ
データ構造とアリゴリズム
プログラミングⅠ
デザインCAD
工学的現象のモデリング
インターンシップ
後期
デザイン演習Ⅱ
地域産業文化論
インテリアデザイン応用
鋼構造
熱環境工学
材料化学
基礎数理Ⅱ
プログラミングⅡ
メディア伝送技術
測量学基礎
プロダクトデザインⅠ
3年次
前期
測量実習
機能・技術・社会とカタチⅠ
デザイン演習Ⅲ
プロダクトデザインⅡ
グラフィックデザイン
地域活性化論
建築法規
材料実験
鉄筋コンクリート構造
音響工学
後期
総合デザイン工学研究基礎 都市デザイン
機能・技術・社会とカタチⅡ
広告学
環境情報デザイン
木質構造
構造実験
組積造
建築施工
瓦施工
建築設備
建築設備システム
アプリケーション開発
応用測量学
数値計算法
4年次
前期
卒業研究 耐震工学
アーバンスケープデザイン
コミュニティデザイン
後期
建築マネジメント

» 3つのポリシー 工学部

授業紹介

デザイン演習II

総合デザイン工学科の3つの柱である、空間系、プロダクト系、情報系のデザインを横断的に学びつつ、特定の分野を選択的に深く学習する。デザインの成果は講評会を通して評価され、自案の問題点と可能性を理解することを目指す。

数値計算法

科学技術の問題をコンピューターを使って数値的に解く方法を数値計算法といいます。今日、コンピューターによる数値計算は、科学技術をはじめとする様々な分野で必要不可欠な技術となっています。この授業では、様々な数値計算の手法についての基礎的な知識と実際にコンピューターによる数値計算を行う技術の修得を目標としています。

研究室

構造計画・構造設計研究室 担当教員/長谷川 一美

研究全般に渡って、「ものづくり」を基本テ-マとしています。構築すべき「もの」を実践的手法で解明して行く。「ものづくり」=構工法と位置付け、常に、バランス感覚を養い、構造(組成)が織りなす美しさを追及することを基本としています。

テーマ例
  • 構造計画
  • 構造設計全般(基礎構造・耐震構造・テンション構造)
  • プレキャストプレストレストコンクリ-ト構造全般、構法および
  • 工法・組み立て構造(木質、鋼、コンクリ-トetc,)
学びのキーワード
  • 構造設計/コンクリ-ト構造/鋼構造/建築工法

情報メディアシステム研究室 担当教員/伊佐 浩史

音響や制御等のシミュレーションによる研究と、その結果のコンピューター・グラフィックスによる視覚化を研究しています。

テーマ例
  • 高速ディジタル通信における信号受信方式
  • 量子情報理論
学びのキーワード
  • 通信方式/変復調/信号処理/量子計算理論/量子情報

環境デザイン研究室 担当教員/稲見 成能

当研究室では、建築や都市・まちづくり等に関するテーマを対象に、人と環境の調和を目指した提案や調査研究を行なっています。

テーマ例
  • 都市景観に関する評価・法制度・履歴保存について
  • 都市施設に関する計画・デザインの在り方について
  • 住宅団地の持続可能性について
  • まちづくり・地域の活性化について
学びのキーワード
  • 都市計画・都市デザイン/都市景観・地域景観/人・モノ・環境/Art & Design/基礎造形

構造腐食研究室 担当教員/山中 憲行

本研究室では、繰返し荷重や地震荷重を受けたときの構造物の特性、腐食環境下の構造物の劣化特性について研究をしています。

テーマ例
  • コンクリートブロック全般
  • 低炭素鋼の腐食
  • 構造物の疲労特性
  • 構造物の耐震性能や力学性状
学びのキーワード
  • コンクリートブロック/腐食/疲労/耐震/瓦

プロダクトデザイン研究室 担当教員/江本 聞夫

人の移動のための乗り物やサービスのデザインを中心に、プロダクトデザインを研究し、提案を創出します。

テーマ例
  • プロダクトデザイン
  • 自動車デザイン
  • 電動ビークル開発
  • パーソナルモビリティ開発
学びのキーワード
  • 工業デザイン/プロダクトデザイン/ユニバーサルデザイン/環境デザイン

空間デザイン研究室 担当教員/駒田 剛司

建築デザインを軸とした空間の在り方を広く研究対象とします。

テーマ例
  • 集合住宅、コーポラティブハウス、住宅、店舗などの設計について
  • 前橋市街地活性化のためのハード、ソフト両面への提案
学びのキーワード
  • 設計論/建築論/景観・環境/公共性/地域 

環境・都市デザイン、ランドスケープ・アーキテクチュア研究室 担当教員/杉浦 榮

環境と人の関係から場や空間のあり方を捉え、都市や農村のありようから、土地利用や公共空間や建築施設などを含めた計画とデザインに関する研究を行います。

テーマ例
  • 都市再編・地域再生
  • 生態的都市論(ランドスケープ・アーバニズム)
  • 既産業空間の変遷・活用
学びのキーワード
  • 環境・地域/サスティナビリティ/公共・コミュニティ

将来について

取得可能な資格

  • 一級・二級建築士
  • 木造建築士
  • 1級・2級建築施工管理技士
  • 1級・2級造園施工管理技士
  • 1級・2級土木施工管理技士
  • 1級・2級管工事施工管理技士
  • 1級・2級電気工事管理技士
  • 1級・2級建設機械施工技士

卒業後の主な進路

  • 本学または他大学の大学院進学
  • 総合建設会社・建設コンサルタント会社・建築設計事務所など
  • 公務員 ほか

学科の年間行事予定

2017年度

実施日
行事内容
場所
4月5日 入学式 前橋市民文化会館
  新入生オリエンテーション
 
7月17日 オープンキャンパス 前橋工科大学

 

8月11日 こども科学実験 前橋工科大学
 
8月18日 オープンラボ 前橋工科大学
 
9月24日  保護者会 前橋工科大学
 
11月5日 オープンラボ 前橋工科大学
 
2月下旬 卒業研究発表会 前橋工科大学
3月初旬 卒業研究・作品展示会 前橋工科大学
 
3月26日 学位記授与式 前橋市民文化会館

在校生・卒業生メッセージ

互いの可能性を高めあう4年間に

総合デザイン工学科 3年
name_st_des01.png さん
(東京農業大学第二高等学校出身)

総合デザイン工学科では、空間デザインを中心に幅広くデザインを学ぶことが出来るので、自分の将来への視野を広げることができます。日用品から都市まで、モノを実際にデザインする機会や講義が多くあります。モノの設計製作の過程は楽しさだけではなく、大変な場合も多くあります。ですが、親身になってくださる先生方や学科の仲間とお互いに刺激を与えあうことで、モノの完成と共に大きな達成感を得ることが出来ました。また、講義までの時間を好きな様に計画することが出来るのも、この学科の良い所だと思います。私はサークルやアルバイト、興味のある分野の勉強など、講義以外でも充実した大学生活を送っています。視野を広げ、沢山の可能性を見つけることのできる総合デザイン工学科で学んでみませんか?

デザインは基礎の基礎から

株式会社ヤマト 勤務
name_st_des02.png さん
平成30 年3 月 総合デザイン工学科 卒業
(新潟県立柏崎高等学校出身)

総合デザイン工学科では建築やプロダクト、グラフィック、情報デザインなど様々な分野のデザインについて総合的に学ぶことができます。私は漠然としたものづくりへの興味から入学を決めましたが、実践的に幅広くデザインを学ぶことで、自分に合った分野を見つけ、より専門的な知識をつける事が出来ました。
また、夜間学科ということで日中に自分の時間を作ることができる点も魅力の一つです。自分の意識次第で実りの多い充実した学生生活を送ることが出来ます。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。