文字サイズ + 標準
前橋工科大学同窓会
トップページ » 同窓会 » 同窓会について » 会長あいさつ

会長あいさつ

    前橋工科大学同窓会 会長      写真1.jpg

信澤 宏由                    

 本学同窓会は、平成9年度、その前身である前橋市立工業短期大学同窓会を引き継ぐ形で、前橋工科大学同窓会と名称を改め、現在に至っております。

したがって、本学同窓会の歴史的源流は、半世紀を超えることになります。

 本同窓会は、会員相互の親睦をはかり、大学の発展に寄与することを目的とし、会員相互の親睦に関すること、学術技術・環境の向上に寄与すること等の事業を行っております。

 同窓会会員は、前橋工科大学卒業生、大学院工学研究科博士前期並びに博士後期課程修了生、前橋市立工業短期大学卒業生を正会員とし、さらに準会員である在学生と大学在職中の教職員等からなる特別会員をもって組織されております。

 同窓会正会員は、平成29年3月現在9,815名を数え、社会環境工学科・建築学科・生命情報学科・システム生体工学科・生物工学科・総合デザイン工学科の分野において真摯な活躍をしております。

 大学は、社会へ出るまでの学問の場であると同時に、学生同士の繋がり、教員と学生との繋がりも重要な要素であります。同窓会は、在学生と卒業生への支援、同時に卒業生の在学生、大学への支援の基盤となるところであります。大学と卒業生の、相互支援を容易にするため、現在、前橋・前橋市市役所・群馬県庁・高崎・桐生・太田・渋川北群馬・栃木の各支部で活動しております。会員の皆様には、お近くの支部を通じて同窓会活動にご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

 本同窓会は、後援会と強調しながら、施設拡充に対する付帯支援、文化事業、学生への活動支援、本学主催の地域研究開発等に関する後援活動を行っております。そして年数回定期的に、また必要に応じ役員会を開催し、本同窓会に関する当面の諸問題に対応いたしております。

 大学は、平成29年6月に前橋工科大学開学20周年記念事業が開催され、11月には新実験棟も完成予定であり、本学は益々充実して参ります。同窓生が卒業後も大学との連携を保ち、共に発展していけることを期待しております。

 結びとして、同窓会会員みなさまのご健勝とご多幸を祈念し、ご挨拶と致します。