2014年12月アーカイブ

カリキュラム・卒業認定基準

CURRICULUM POLICY

社会環境工学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、共通教育科目、専門教育科目(専門基礎科目、専門科目)に分けて、以下のカリキュラムを開設し、年次に従って実施します。

  1. 1年次は、学習・教育到達目標の「想像力」に係わる項目を達成するために設けられた人文・社会科学科目や外国語科目等と専門教育科目、同じく「基礎学力」に係わる項目を達成するために設けられた自然科学科目と専門教育科目を学ぶ。
  2. 2年次は、上記の学習に引き続きとりくむとともに、実習や演習を行う専門教育科目(専門基礎科目)をとおし、学習・教育到達目標の「提案力」に係わる項目を達成するための学習を始める。
  3. 3年次は、専門教育科目(主に専門科目)によって学習・教育到達目標の「基礎学力」に係わる項目を達成するための学習に引き続きとりくむとともに、実験や実習をあつかう専門教育科目(専門科目)によって「提案力」に係わる項目を達成するための学習を積み重ねていく。
  4. 4年次は、主に卒業研究にとりくみ、学習・教育到達目標の「提案力」に係わる項目を達成するための学習の総仕上げとする。

cul_civ01_2016.gif

DIPLOMA POLICY

卒業に必要な単位数を修得し、以下に示す能力を有すると認められたものに学位を授与します。

  1. 人類の持続可能な発展、技術と自然や社会との係わり合いを考えながら、自立した技術者として責任ある判断のもとに行動することができる。(学習・教育到達目標の「想像力」)
  2. 社会基盤工学と環境工学に関する基礎を学び、この分野の技術者として備えるべき知識を身に付けている。(学習・教育到達目標の「基礎学力」)
  3. 自ら問題意識をもって課題に取り組み、その結果を社会との係わりの中で生かすことができる。(学習・教育到達目標の「提案力」)
専門教育科目
専門基礎科目
専門科目
必修
選択
必修
選択必修
1年次
前期
社会環境工学概論
構造力学Ⅰ
基礎力学演習
環境の科学
後期
構造力学Ⅱ
測量学Ⅰ
応用数学
構造解析演習
2年次
前期
建設材料
構造力学Ⅲ
測量実習Ⅰ
循環システム工学
プロジェクト演習Ⅰ
景観原論 水文学
後期
コンクリート工学Ⅰ
地盤工学Ⅰ
水理学
水理学演習
計画数理
工学情報処理
プロジェクト演習Ⅱ
測量学Ⅱ 景観工学
土木地質学
3年次
前期
鋼構造学
コンクリート工学Ⅱ
地盤工学Ⅱ
交通計画
環境水質工学
プロジェクト演習Ⅲ
地盤・材料実験
河川工学
観光・レクレーション計画
測量実習Ⅱ
インターンシップ
後期
防災工学 コンクリート工学Ⅲ
地域・都市計画
水・環境実験
プロジェクト演習Ⅳ
構造物設計論
維持管理工学
水環境工学
建設マネジメント
4年次
前期
卒業研究 構造耐震工学
色彩工学
後期

» 3つのポリシー 工学部

JABEE 認定

認定証 「社会環境工学科」社会環境工学科の教育プログラムはJABEEの認定を受けています。   学習・教育到達目標という表現はその認定基準の文言に合わせました。

 JABEE認定技術者教育プログラム修了証明書の発行手続きについて [PDF:89.9KB]
 平成20年度建設工学科昼間主コース卒業生の皆様へ [PDF:79.2KB]

工学部 「社会環境工学科」 は2007年度 JABEE(日本技術者教育認定機構)認定を受けました。

>> 官報11ページをご覧ください [PDF:184KB]
>> JABEEホームページ
>> 日本技術士会ホームページ

授業紹介

1・2年次の専門基礎科目を学んだ後、社会基盤工学と環境工学に関する演習・実験を行います。これらを行うことにより、講義で習った理論などをより深く理解できるようになり、研究室に所属し卒業研究に取り組みます。

計画数理

lesson_civ05.jpg近年の社会基盤整備では、都市活動の実態や市民意識を踏まえたまちづくりが求められています。また、実験結果や計算結果をわかりやすく伝えることが重要です。本授業では、アンケート調査の設計、データの収集・整理方法、統計的な分析方法、プレゼンテーションに至る一連の流れを学び、演習問題を解くことにより理解を深めます。

地盤工学I

lesson_civ06.jpg社会基盤施設を下から支えているのは地盤です。また、砂や粘土は盛土などの材料として利用されます。そこで、地盤を形づくっている土について、その分類法や力学的な性質を学びます。構造物の設計をするために必要となる基礎事項を扱う重要な科目です。土がみせる不思議なふるまいを式に表すときの独特な考え方に目を開くことになるはずです。

景観原論

lesson_civ01.jpg

景観工学は、個々の景観が固有の文化であるという立場に立ち、普遍性を持つ理論的な目で、国土の形姿から身の回りの環境に至るまで、その質の目利きをします。また、居心地の良い美しい環境を創り出すために、種々の学問分野の知見に学びながら、景観独自の原理の発見と、それに基づく理論及び技術的知識体系の構築を目指します。景観原論はその入門です。

測量実習I

lesson_civ01.jpg

建設工事を行う際に必要となる測量作業の基本(距離測量、角測量、トラバース測量、水準測量、平板測量)を、班ごとに分かれ、実習形式で学びます。実社会で働く際、本当に役に立つ実習とするため、本学の教員に加えて測量会社のベテラン技術者を講師に招き、実際の測量作業におけるノウハウや最先端の測量技術も盛り込んだ実習を行っています。

情報処理演習

lesson_civ01.jpg

土木構造物の設計に用いる構造解析は、近年はパソコンを用いて実施されるのが一般的です。そこで、本授業では、構造力学の講義授業と対応して、実際にパソコンを用いて構造解析を実践的に演習することを目的としています。本授業の内容は、卒業生の多くが就職する建設業界では、応用プログラミングも含めて多用される内容であるため、単純に計算を行うだけでなく、いかに計算内容・結果を分かりやすく表現するかが大きなポイントと考えています。

Teacher's Voice

teacher_civ01.jpg

社会環境工学科
谷口 望 准教授

土木構造物の設計・施工から維持管理に至るまでの様々な研究を行っています。過去に民間企業に勤務し、設計基準作成や設計審査、建設工事監督を行った経験を活かして、より実用的な研究を行うことを信条にして、世の中に幅広く貢献できる人材を育成することを目指しています。

測量学I・II

lesson_civ02.jpg

橋梁やトンネル、ビルなどの建設を行う場合、最初に行われる作業が測量です。建設地の面積や起伏、盛り土量などを正確に把握する必要があります。測量学Iでは、測量の概念、誤差の合理的な処理方法等を解説します。また器具および器械の仕組みを理解し、結果の出し方を学びます。測量学IIでは、測量学Iの知識をもとに路線測量・河川測量・地形測量などに加えて、GNSS測量・リモートセンシング・GISの基本について講述します。

Teacher's Voice

teacher_civ02.jpg

社会環境工学科
平川 隆一 准教授

社会資本の整備や自然環境の保全に取り組むためには、土木工学の基礎である測量の役割を理解しなければなりません。測量の講義と実習では、古くからの測量方法に加えて、近年の計測技術も学修し経験することで、建設・環境・防災・行政等の現場で実践できる技術者となることを目指します。

循環システム研究室

lesson_civ01.jpg

循環システム研究室では、物質循環システム構築による環境負荷の低減化、地下水や環境用水の浄化、排水からの有用物質の回収などについて研究しています。写真は、大学実験室においてモデル帯水層を構築し、汚染地下水を連続的に通水してその浄化特性を検討している様子です。社会環境工学科では、社会基盤工学に加え環境工学も学ぶことができます。

コンクリート研究室

lesson_civ01.jpg

重要構造物に大量に利用されているコンクリートを研究対象にしています。コンクリートの歴史は古く、多くの研究が国内外で行われてきましたが、いまだに実現象を正確に把握できていません。本研究室では、コンクリートの劣化問題を背景として、行政と協力した耐久性能確保システムの構築、ならびに、簡易検査技術や補強工法の開発を行っています。

将来について

取得可能な資格

  • 土木施工管理技士
  • 労働安全コンサルタント
  • 造園施工管理技士
  • 労働衛生コンサルタント
  • 技術士・技術士補
  • 環境再生医初級
  • 測量士・測量士補

(注)社会環境工学科(建設工学科昼間主コース)の教育プログラムは、日本技術者教育認定機構(JABEE)から認定されています。

卒業後の主な進路

  • 本学または他大学の大学院進学
  • 建設関連企業 (総合建設会社・建設コンサルタント会社など)
  • 環境関連企業
  • 鉄道・エネルギー関連企業
  • 県庁・市役所など公務員 ほか

在校生・卒業生メッセージ

幅広い知識を得て、得意分野をのばせる学科

message_civ01.jpg

社会環境工学科 4年
グィンディンフン さん
(愛知県立丹羽高等学校出身)

私は、東日本大震災の被害を目の当たりにし、なぜ構造物は壊れてしまったのか、なぜ被害が大きくなってしまったのか、と疑問に感じたのが土木の分野に興味を持ったきっかけでした。人々が安心して暮らせる街を作りたいと考え、本学科を志望しました。
土木の分野はとても幅広く、本学科では様々な分野を基礎から学ぶことができます。実習や実験では、グループで一つの課題に取り組むことが多く、知識や技術の修得はもちろん、コミュニケーション能力も身に付けることができます。整った実験設備や先生方の手厚いサポートのおかげで、充実した毎日を送っています。

自分の将来に繋げる

message_civ02.jpg

ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社 勤務
name_st_civ02.gif さん
平成29年3月 社会環境工学科 卒業
(茨城県立古河第三高等学校出身)

「暮らしをつくる」土木にはそういった役割があります。
橋、道路、駅など身の回りには土木構造物がありふれていて、生活の土木には、構造・環境・景観といった面があり、社会環境工学科では、興味のある分野を選択して様々な角度から土木について学ぶことができます。
私は土木構造物に関心があったので、構造工学研究室に入り、構造解析について研究をしていました。
就職先としては、建設会社や公務員などインフラを支える仕事に就く人が多く、自分の興味のある分野を学び、その知識を生かせる仕事に就ける魅力的な学科だと思います。

学科の年間行事予定

2018年度

実施日

行事内容

場所

4月5日 入学式 前橋市民文化会館
4月6日・7日 新入生オリエンテーション 国立赤城青少年交流の家
6月1日 開学記念日
8月7日、8日 オープンキャンパス 前橋工科大学
8月11日、12日 こども科学実験(複数の研究室が参加) 前橋工科大学
8~9月 インターンシップ(3年生のほとんどが参加) 群馬県庁・前橋市役所・建設会社・建設コンサルタントなど
9月下旬 インターンシップ報告会 前橋工科大学
9月17日 保護者会 前橋工科大学
9月下旬 修士論文・卒業研究中間発表会 前橋工科大学
10月ころ 3年生対象の現場見学会 県内外の建設工事現場など
11月ころ 学外講師の講演会 前橋工科大学
2月中旬 修士論文発表会(最終試験) 前橋工科大学
2月下旬 卒業研究発表会 前橋工科大学
3月25日 学位記授与式 前橋市民文化会館

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。