文字サイズ + 標準
トップページ前橋工科大について ≫ 学費に係る各種減免制度について

学費に係る各種減免制度について

 前橋工科大学では、学生の皆さまの学びたい気持ちを応援しております。
 授業料や入学料といった学費の各種減免制度は次のとおりです。

1.授業料減免等(現行制度)

通常減免

 次のいずれかに該当する方のうち、学業成績、人物ともに優秀と認められる方に対して授業料の減額を行います。(1年生前期の授業料は対象外)

(1)学資負担者が生活保護法に規定する要保護者及びそれに準じる程度に困窮していると認められる者(生活保護受給者は全額免除)
(2)納付期限前6か月以内において、学資負担者が天災その他の災害によって被災し、授業料の納付が困難である者
(住宅が半壊、半焼、水害にあっては床上2m以内の浸水の被害(居住又は営業に支障なしと認められたものは除く。)を受けた場合。これを超える被害を受けた場合は全額免除)
(3)納付期限前6か月以内において、学資負担者が死亡し、授業料の納付が困難であると認められる者(全額免除)
(4)私費外国人留学生で、授業料の納付が困難であると認められる者

徴収猶予

 授業料の納付期限を3か月延長する制度です。
  前期:4月30日 ⇒ 7月31日
  後期:10月31日 ⇒ 1月31日

分割徴収

 授業料の納付を2回に分割する制度です。
  前期:5月31日及び7月31日
  後期:11月30日及び1月31日

2.震災減免

 東日本大震災により被害を受けた方を対象とした減免制度です。
 ※平成30年度以前の入学者が対象となります。

3.前橋市出身入学者特待生

 市内の優秀な学生の確保と大学のレベルアップのため、次の条件を全て満たした方の年間授業料を半額免除します。

(1)入学者本人、その配偶者、1親等以内の親族が入学年の4月1日において、引き続き1年以上前橋市内に住んでいる方
(2)大学入試センター試験の成績(対象科目の全て)が全国平均点以上の方

 詳しくは こちら

4.入学料減免

市内入学者減免

 入学者本人、その配偶者、1親等以内の親族が入学年の4月1日において、引き続き1年以上前橋市内に住んでいる方が対象となり、入学料が半額となります。

その他入学料減免

 次のいずれかに該当する方に対して入学料の半額免除行います。

(1)入学手続き1年以内において、学資負担者が死亡し、経済的理由により入学料の納付が困難であると認められる者
(2)入学手続き1年以内において、学資負担者が天災その他の災害により被災し、入学料の納付が困難であると認められる者

修学支援新制度(令和2年度~)

 令和2年度から国が行う修学支援新制度について、本学も対象機関となりました。(こちら を参照)
 手続き等の詳細については、順次皆様にお知らせします。

 制度については こちら(文部科学省HPリンク)

規程等

 本件に係る規程等は こちら