文字サイズ + 標準
トップページ ≫ 基礎教育センター

基礎教育センター

共通教育科目

本学の授業科目は、共通教育科目と専門教育科目の2つの科目群をもって構成されています。前者の共通教育科目は、大学生として必要な知性や教養、外国語力などを身に付ける人文・社会科学と外国語科目、専門教育科目を理解するための基礎となる自然科学科目からなっています。
本学では、共通教育科目の教育を実施する機関として基礎教育センターを設け、各学科との連携を図りながら教育を行っています。

目的

共通教育科目(人文・社会科学科目、外国語科目、自然科学科目など)の実施

構成教員

» 教員情報はこちら

     
人文・社会科学、外国語科目
哲学 日本国憲法 心理学
文学 国際関係論 美術
文化人類学 技術者理論 言語学
歴史学 生命倫理 マスメディア論
科学技術史 英語 経営学
経済学 フランス語 地理学
社会学 ドイツ語 保健体育
法学 中国語
など

自然科学科目
微分積分学I・II 確率統計 生物学I・II
線形代数I・II 関数論 地学
ベクトル解析 物理学I・II・III・IV 天文学
微分方程式 化学I・II
など

英語(Internet and English)

images/kiso_p01.jpg

英語BはCALL教室を使い、コンピュータ上で英語の4技能の学修をしています。学修形態はブレンディッドラーニングというもので、学修とMoodleを使ったeラーニングを混合した形を取っています。こうすることにより、学生はいつでも頻繁に英語に接することができ、コミュニケーションを日常的に継続することができます。

線形代数II

images/kiso_p02.jpg

線形代数は、直線や平面のようなまっすぐな世界を扱う学問です。行列や行列式といった具体的な対象を扱う線形代数Ⅰに引き続き、線形空間や線形写像と呼ばれる少し抽象的な対象を中心に据えて、線形代数Ⅱの講義は行われます。まっすぐな世界をきちんと理解することが目的ですが、同時に、論理的、抽象的な思考訓練の場でもあります。

物理学Ⅱ

images/kiso_p03.jpg

物理学は様々な自然現象を少数の基本法則から説明することを目的とした学問です。「物理学II」では「物理学I」に引き続き、物体の運動を説明する力学のうち、角運動量と剛体の運動を中心に学びます。こま・ヨーヨー・ビリヤードなどの身近なおもちゃや、惑星の運動が、同じ基本法則からいかに説明されるのかを理解することを目標にします。

微分積分学Ⅱ

images/kiso_p04.jpg 微分積分学Ⅱでは多変数、特に2変数関数の微積分について講義を行います。一般に、2変数関数のグラフは座標空間内の曲面を表します。高校および微分積分学Ⅰの授業では1変数関数の微積分を学びますが、そこで学んだ概念との類似点や相違点に注意しながら、具体的な計算例を通して理論も重視した解説を行います。