文字サイズ + 標準

施設案内

キャンパス

配置図

campus_map2.png

「AED(自動体外式除細動器)」を1号館1階事務局内に設置しています。

[1]1号館  

cam01_01.jpg

1・2階には多目的ホールや事務局、 3~5階は講義室になります。

cam01_02.jpg cam01_03.jpg

2号館

cam02.jpg

化学実験室や物理実験室のある建物です。
主に総合デザイン工学科の研究室があります。

3号館

3号館.JPG

生物工学科の学生が主に使用する建物です。
生物実験室、植物実験室、食品実験室、などがあります。

[2]4号館

cam04.jpg

社会環境工学科、建築学科が主に使用する建物です。
1Fには製図室、PCルームがあり、製図室は建築学科の学生が使用します。
2Fには講義室、3Fからは社会環境工学科と建築学科の先生の研究室があります。

[3]5号館

5号館.JPG

平成13年度大学院工学研究科修士課程の開設に合わせて平成12年度から建築に着手し、平成14年4月から使用を開始しました。
南北をガラス張りにしたデザインで遠くからもよく目立ちます。
入試・公開講座等にも利用されることが多く、学外の方にも利用していただく機会が多い建物です。

[4]実験棟1

cam07_01.jpg

外観南西

cam07_02.jpg

外観北西

cam07_03.jpg

外観北東

cam07_04.jpg

外観南東夜景

平成23年9月に完成、使用を開始しました。水・環境系、システム生体・生物系分野の利便性の高い実験・演習施設です。地域貢献、産学官連携を推進する開かれたシンボルとして地域社会に寄与することを目的として建設されました。

[5]実験棟2

cam13.jpg

平成29年11月に完成し、平成30年4月より使用を開始しました。最新設備を設置し、土木に係る土質や水理実験、建設部材の構造、材料促進実験を行う施設で、授業はもちろん、共同研究等にも活用されます。

[6]図書館

cam08.jpg cam08-2.jpg

蔵書の内容は、数学・物理学・化学・地球科学などの一般教養書。建設工学・土木工学・環境工学・建築学・情報科学・情報工学・通信工学・電子工学などの工学専門分野で構成されています。本館未所蔵のものは、所蔵する大学へ借用(図書)または文献複写(雑誌)依頼ができます。Web蔵書検索、NII学術コンテンツポータル、論文情報ナビゲータの利用ができます。

ホームページ

https://www01s.ufinity.jp/maebashi_it/

蔵書数

図書 93,726冊(洋書9,372冊)
学術雑誌 所蔵891種類
電子ジャーナル 23種(136タイトル)
(平成30年4月1日現在)

施設概要

1階 開架図書室、閲覧席16席、利用者用端末3台、受付カウンター
2階 学習コーナー(学習席120席)、雑誌コーナー
3階 ラーニングコモンズ

開館時間(授業期間)

月曜から金曜 9:00〜22:30 
土曜 9:30〜18:00 (休館/日曜日・祝日)
地域にも開かれた図書館として利用ができます。

cam14.jpg

ラーニングコモンズ(3階)

グループ学習や討論会など、さまざまな学習形態に対応できる「学びの場」です。

(竣工:昭和51年8月)

クラブ棟

cam09.jpg

前橋工科大学の自治会、各サークル用の建物です。

(竣工:平成17年3月)

[7]体育館

cam11.jpg

保健体育の授業時や、サークル活動にも利用されます。

(竣工:平成16年10月)

グラウンド

グラウンド.JPG

社会環境工学科が測量実習に使用したり、保健体育の授業時や、サークル活動で主に利用されています。

[8]メイビットホール

cam16.jpg cam15.jpg

学生のための交流の場として、全学科の学生が利用している建物です。
1Fには多目的フロアであるコミュニケーションホールや、学生の就職相談を行うキャリアセンターもあり、求人票などが掲載されています。2Fには食堂があります。営業時間は午前10:30~午後1:30です。

(竣工:平成9年3月)