文字サイズ + 標準
トップページ前橋工科大について ≫ 学長メッセージ

学長メッセージ

gakuchou.jpg

 科学と工学によって、私たちの生活をより一層快適に、安全に、そして持続可能に。前橋工科大学は目指します。

 道路や橋、さらに環境の構築と幅広くこたえる社会環境工学科、建物からまちづくりまで生活を考える建築学科、さまざまな分野のデザインに取り組む総合デザイン工学科(夜間主コース)、情報科学と生命科学を融合し展開をはかる生命情報学科、工学と医療、福祉を結ぶ方向性を開拓するシステム生体工学科、健康と食品と環境から新たな領域を生みだす生物工学科(教職課程設置)。

 大学院も含め全学で1,300人ほどと、規模は小さな公立の工学部単科大学ですが、このような多面的で、個性的かつ先進的な6学科が特色です。 夜間の建設系短期大学として誕生以来60年あまり、ここまで成長してきましたが、さらなる発展に挑戦します。 現在の直面する問題を着実にとらえ、これからの社会が求めるところを視野に入れて、多様な課題に取り組み続けます。

 富岡製糸場でも知られる群馬県の関東平野の北端、自然と歴史の豊かな前橋で学びませんか。地域社会のため、そして群馬からさらに世界に視野を拡げ、行動する人を求めます。 人と科学・工学が紡ぐ21世紀の社会を創出すること、それが本学のテーマです。