2014年12月アーカイブ

カリキュラム・卒業認定基準

CURRICULUM POLICY

システム生体工学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、共通教育科目、専門教育科目(専門基礎科目、専門科目)に分けて、以下のカリキュラムを開設し、年次に従って実施します。

  1. 基礎教育から専門教育へスムーズに移行できるように、低学年において、数学、物理、生物、語学など幅広い分野の知識を修得させ、工学基礎力を涵養する。
  2. システム生体工学に関連する学問を体系的に学ぶことができるように、共通の専門科目を設けるとともに、システム脳神経工学分野、生体情報計測分野、生体機能制御分野の3つの専門分野を横断する科目を開設する。
  3. 専門教育では、専門科目の講義とともにプロジェクト型教育を行い、基本的な原理に対する理解を深め、課題探究能力や問題解決能力などの基礎力を養成する。
  4. 専門のゼミナールと卒業研究では、それぞれの分野の専門知識をさらに深め、社会に貢献できる研究の方法を学ぶとともに、自由な発想と柔軟な創造力を養い、論理的思考能力やプレゼンテーション能力、およびコミュニケーション能力を養成する。

cul_sys01_2016.gif

DIPLOMA POLICY

卒業に必要な単位数を修得し、以下に示す能力を有すると認められたものに学位を授与します。

  1. 生体工学、メカトロニクス、情報科学を含むシステム生体工学に関する横断的な知識を有する。
  2. システム生体工学に関する問題の発見、分析、解決を主体的に取り組むことができる。
  3. 健康・医療・福祉機器やシステムの設計・開発をはじめとする広い分野に応用できる基礎的な技術力を有する。
  4. 技術者として、地域社会への貢献や技術を運用する責任と倫理について考えることができる。
  5. 論理的思考能力、プレゼンテーション能力、およびコミュニケーション能力を有する。
専門教育科目
専門基礎科目
専門科目
必修
選択
必修
選択
生体情報計測分野
生体機能制御分野
システム脳神経工学分野
1年次
前期 プロジェクトⅠA~プロジェクトⅣA
プロジェクトⅠB~プロジェクトⅣB
電気回路
後期 プロジェクトⅠA~プロジェクトⅣA
プロジェクトⅠB~プロジェクトⅣB
電子回路
情報処理概論
解剖学
医学概論
2年次
前期 プロジェクトⅠA~プロジェクトⅣA
プロジェクトⅠB~プロジェクトⅣB
生理学
光工学
機械工学
論理回路
電磁気学
人間・安全工学
後期 プロジェクトⅠA~プロジェクトⅣA
プロジェクトⅠB~プロジェクトⅣB
生体計測工学
制御工学
生体情報工学
情報・通信論
生体数値解析
組込みシステム 生体システム工学
3年次
前期 実用化技術Ⅰ
インターンシップ
応用プロジェクトⅠ・Ⅱ
信号処理
医工学 CAD
ロボティックス
脳神経工学
医用機器工学
後期 実用化技術Ⅱ ゼミナール
応用プロジェクトⅠ・Ⅱ
画像処理 福祉工学
4年次
前期 卒業研究
後期 卒業研究

» 3つのポリシー 工学部

授業紹介

画像処理

本講義ではC 言語を利用して基本的な手法を学習します。毎回、画像処理の原理を解説した後に、学生自身がプログラムを実装します。得られた画像処理結果を視覚的に確認することによって、画像処理の仕組みを理解することができます。また主に脳のMRI 画像を利用していますので医用画像処理の基本も身に付けることができます。

工学基礎演習II

基礎的な数学と電気・電子回路の実践的な力を演習によって修得することを目標としています。2年次以降で受講する学科の専門科目の理解を助け、数学や回路を工学の道具として使いこなす素養を身に付けることができます。数学や物理が苦手な学生も、毎回のレポートやパソコンを通じた演習により基礎力がアップします。

工学基礎演習I

工学基礎演習I・II・IIIは、システム生体工学の専門科目で必要となる数学や電気・電子回路を実践的に理解し、利用できるようにするために数学の演習と電気・電子回路の演習・実験実習・コンピュータシミュレーションを行う科目です。工学基礎演習Iでは、微分積分学・線形代数の演習と電気回路の基礎的な演習・実験実習を行います。

電気・電子回路実習

電気・電子回路において基礎となる知識や技術の習得を目的としています。講義で習った回路の動作原理についての理解を深めるのみならず、回路素子の扱い方やオシロスコープやファンクションジェネレータ等の基本的な計測機器の使い方、レポートの記述方法やプレゼンテーション技法について学ぶことができます。

プロジェクトIIIB

プロジェクトIIIBでは、システム生体工学科の専門科目で必要となる確率統計・電気数学・論理回路の実践的な力を演習によって修得することを目的としています。2年次以降で受講する専門科目の理解を助けるとともに、レポートによって自ら問題解決ができる能力を身に付け、数学や論理回路を研究の道具として使いこなせるように演習を進めています。数学や電気が苦手な学生も、丁寧な解説や課題を通じて数学や電気の素養と実力が付くようになります。

Teacher's Voice

システム生体工学科
本村 信一 講師

システム生体工学科は、生体というキーワードを通じて医学の基礎や脳科学、電子情報工学、機械工学やプログラミングなど幅広い分野を学ぶことができる学科です。そのため楽な学科ではないかもしれません。しかし、社会で活躍できるエンジニアになれる力を身に付けることができます。是非一緒に学んでいきましょう。

応用プロジェクトII

応用プロジェクトIIでは、学生自らが製作した心電計を利用して心電図の解析を行います。病院で利用されている心電計は、患者の心電図を自動で解析して心疾患を判定することができます。授業では、このような心電図の解析に必要とされる計測技術、信号処理技術の習得を目的とします。心電図から特徴的な波形を自動で抽出するプログラムを開発し、得られたデータを解釈する力を身に付けることができます。

Teacher's Voice

システム生体工学科
小田垣 雅人 准教授

システム生体工学科は医科学の基礎と工学の幅広い知識を得ることができる学科です。学問領域が多岐にわたるため、4年間は勉強に費やす時間が多くなり大変と感じることもあるかもしれません。しかし日々の努力を欠かさずに、有意義な大学生活を過ごしてください。社会で活躍できる人材となれるよう全力でサポートします。

神経機能工学研究室

石川研究室では脳の情報処理、特に記憶の形成についての研究を進めています。実験手法は生体信号増幅器を用いた電気生理学的解析や実験動物の行動解析を組み合わせて行っています。また、最近では下肢のリハビリに応用可能なバイオフィードバックシステムの構築も手がけています。

知能ロボットシステム研究室

朱研究室は、少子高齢化社会のニーズに応じて、電気系、機械系、生体系の融合を目指し、対人支援ロボットシステムの研究開発を行っています。当面は、人間の脳信号、筋電位信号、力信号などを用いた歩行支援ロボットや、パワーアシスト装置、ロボットスーツなどの人間とロボットを融合したシステムの構築およびその制御技術の開発を行っています。

将来について

取得可能な資格

  • 第2種ME技術実力検定
  • 基本情報技術者

卒業後の主な進路

  • 本学または他大学の大学院進学
  • 医療・精密機器関連企業
  • 情報通信関連企業 ほか

在校生・卒業生メッセージ

医学・福祉分野のニーズを工学技術で満たす

システム生体工学科 4年
name_st_sys01.png さん
(埼玉県立三郷北高等学校出身)

システム生体工学科では電気電子、機械工学といった工学分野の知識のみならず、解剖学、生理学、福祉工学の医学・福祉分野の勉強をします。そして、将来的には医学・福祉工学からのニーズを工学的技術で対応していくことを目指しています。例えば、いま私の所属している研究室では、人体の筋力の補佐をして介護・福祉分野に応用することを目的として、パワーアシストスーツを研究しています。この研究では電気電子、機械の知識のみならず、人体の骨格や筋肉についての知識も要求されます。こういった医療工学に興味がある方はぜひ一緒に勉強しましょう。

幅広い分野を学び、新たな自分を発見する

株式会社高崎共同計算センター 勤務
name_st_sys02.png さん
平成29年3月 システム生体工学科 卒業
(高等学校卒業程度認定試験合格)

システム生体工学科の魅力は、医療と工学の分野について幅広く学ぶことができるところです。2年次には生理学実習とプログラム実習を並行して学び、勉強面で苦労しました。しかし、3年次では2つの実習で得た知識を生かすことができ、心電計を作製して心電図の解析を行い、工学が医療に役立つことを実感しました。
このように、生理学やハード・ソフトウェアなどを学んだことで、多角的な視野から物事を捉えることができるようになり、自分の将来の選択肢も幅広くなります。
工学と医療について、少しでも興味があれば本学科で充実した日々を送れると思います。

医工融合研究による治療支援の最前線

  講師   正宗 賢 氏  (東京女子医科大学先端生命医科学研究所)

  日時   平成26年12月11日(木)14時30分~16時00分

  場所   前橋工科大学 1号館 141教室(群馬県前橋市上佐鳥町460番地1)

  主催   電気学会群馬支所

参加者数は132名(内,学生122名,教職員8名,外部2名)であった.本講演では,治療支援機器を中心に医工融合研究について広く紹介いただいた.工学技術の進歩にともない医学と工学の連携さらには融合が今後加速する.本講演では,はじめにこれまで開発された脳外科用ロボットが紹介された.超音波モータを用いたロボットを用いることでMRI環境における治療支援技術が可能となっていることが示された.次に,同軸レーザ観察内視鏡の開発について胎児治療を例に,その原理や利点について説明いただいた.出生前の胎児の治療が本技術を用いることで可能となるとのことであった.最後のトピックはiPadを用いたNavigationシステムの開発が紹介されていた.医療における拡張現実感を利用したデバイスの開発事例から,さらにはより簡便に利用できるiPadを用いた治療拡張現実感の技術応用が紹介された.まとめとして,医療技術普及のために必要なレギュレトリーサイエンス研究など,最前線での課題や動向についてご講演いただいた.これまでは医工連携という言葉が頻繁に利用されてきたが,これからはさらに進めて医工融合が重要な課題となることがわかった.また医工融合においては,医学・工学の研究者のみならずバイオ,製薬,電機,IT等の幅広い人材とともに研究をする必要があるとのことであった.最先端の研究事例や研究の必要性が明確になり大変有意義な講演会であった.

photo20141211a.jpg

photo20141211b.jpg

photo20141211c.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。