2014年12月アーカイブ

カリキュラム・卒業認定基準

CURRICULUM POLICY

生物工学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、共通教育科目、専門教育科目(専門基礎科目、専門科目)に分けて、以下のカリキュラムを開設し、年次に従って実施します。

  1. 1、2年次においては、教養科目から成る共通教育科目を履修するとともに、生物工学の基礎知識を修得するための必修科目である専門基礎科目を履修する。
  2. 3、4年次においては、生物工学を応用した医薬品、食品、化学、環境産業などの研究開発の基礎となる専門科目を履修する。
  3. 生物工学研究では、様々な事象を論理的に説明するための仮説を設定し、実証実験を繰り返しながら仮説の真偽を検証することが重要である。この観点から、講義による基礎知識の修得とともに、1年次は基礎生物工学実験Iおよび基礎生物工学実験IIを、2~3年次は生物工学実験I~IVを全員が履修して、仮説の証明のための基礎となる実験技術の基本を幅広く修得する。
  4. 卒業研究は、専任教員の研究室に所属し、具体的な研究活動の体験を通じて、高度の実験技術を修得する。また、テーマの設定や文献調査、学術論文の作成法、プレゼンテーション方法、討議の仕方などの基礎を学ぶ。

cul_bio01_2016.gif

DIPLOMA POLICY

卒業に必要な単位数を修得し、以下に示す能力を有すると認められたものに学位を授与します。

  1. 生物に備わる機能と情報の仕組みを理解する能力を有する。
  2. 様々な事象から問題点を見出し、その解決方法を論理的に考えることができる。
  3. バイオ、化学、食品等の関連産業における専門知識と実践技術を有する。
  4. 技術者としての倫理に則り行動することができる。
  5. データや情報を集約して分析し、わかりやすく発表、説明することができる。
専門教育科目
専門基礎科目
専門科目
必修
必修
選択
1年次
前期
有機化学Ⅰ
基礎生物工学実験Ⅰ
情報処理演習
後期
基礎生物工学実験Ⅱ
分析化学
有機化学Ⅱ
2年次
前期

生物工学概論
分子生物学Ⅰ
生化学Ⅰ
微生物学
生物情報処理演習
生物工学実験Ⅰ

遺伝子工学

バイオ統計
生理学

後期
分子生物学Ⅱ
生化学Ⅱ
物理化学
生物工学実験Ⅱ
3年次
前期
生物有機化学
機器分析
食品生化学
公衆衛生学・関係法規
生物化学工学
生物工学実験Ⅲ
バイオ技術英語Ⅰ
植物生理学
脳神経工学
微生物利用学
糖鎖生物学
後期
食品製造学
生物工学実験Ⅳ
バイオ技術英語Ⅱ
機能性食品学
微生物生理学
植物栄養学
プロテオミクス
免疫学
4年次
前期
卒業研究
後期

» 3つのポリシー 工学部

授業紹介

有機化学I

生物工学科で学習するタンパク質や遺伝子など、生物の構成成分やその機能をつかさどる化合物は、いずれも炭素を骨格とする「有機化合物」で構成されています。生物工学科1年次必修科目「有機化学I」では、生物におけるこれら生体物質の特性を理解するため、有機化合物を構成する原子間の結合の仕組み、化合物命名法や、立体構造など、有機化合物についてのさまざまな基礎的な知識を学びます。

生化学I

生化学Ⅰは2年次の前期に行われる必修科目の授業です。これまでに身に付けた自然科学の知識をさらに発展させ、生体分子を働かせるための様々な仕組みを学びます。授業では、生命科学全般を理解する上で欠かせない、核酸、タンパク質、糖、脂質などの生体分子についての基礎知識を修得します。講義を通して、それぞれの生体を構成する分子が生命現象の機能の維持に働く役割について理解を深めます。

基礎生物工学実験I

基礎生物工学実験Iでは、生物工学に関係する基本的な実験素養を身に付けることを目的として、実体顕微鏡を用いた生物試料の観察を行ったり、容量分析や重量分析、金属陽イオンの定性分析などの基礎的な化学実験を行います。これらの観察や実験を通じて、ガラス器具や電子天秤、顕微鏡などの基本的な実験器具の取扱い方法を習得します。

生物工学実験II

生物工学実験IIIは3年次の前期に行われる実験で、生物工学に関係する有機化学の応用実験として実施しています。実験は1)化合物の分離と同定、2)有機合成、3)ジベレリンの抽出と生物検定、4)統計解析で構成され、これまで学んできた基本操作を確認しながら、赤外分光法、ガスクロマトグラフ-質量分析法など、機器分析の手法も学びます。

生物工学実験I

生物工学実験Iは、2年次の前期午後、週の2日間を通して行われる実験です。1年次に身に付けた自然科学の一般的な実験スキルを基本として、生化学、分子生物学、有機化学分野のより専門的な実験スキルを身に付けながら、生理活性物質を取り扱います。具体的には、バクテリアと植物から生体高分子や低分子を取り出し精製して、バイオアッセイにより評価する技術を学びます。生命を遺伝子、細胞、個体のレベルで身近に感じる最初の機会となるはずです。

Teacher's Voice

生物工学科
善野 修平 教授

21世紀は「バイオの時代」といわれています。ヒトゲノムの解読やiPS細胞の樹立など、夢を実現するバイオ情報・技術の関係者は、時代の申し子として大きな責任を担います。実験で学んだ知識・スキルをベースにして、生物現象を化学言語で語れる科学技術者に、是非ともなって頂きたいと思います。

生物工学実験IV

生物工学実験IVは3年次後期に行われる必須科目の学生実験です。2年間、学生実験で学んできた実験操作や知識を元に、生物工学の分野の応用実験として実施しています。微生物学実験では微生物の生産する酵素や抗生物質に関する実験、食品科学・衛生学実験ではデンプン糖の製造、食品中の塩分測定、食品中のカロテノイド分析などを行っています。これらの実験で学んだことを基に卒業研究を行っていくことになります。

Teacher's Voice

生物工学科
林 秀謙 准教授

生物工学実験IVでは、生物工学分野の応用実験を行っています。微生物および食品分野の実験技術や知識を高めていくことを目標としています。また、製薬会社と食品会社の工場見学を行い、どのように製品が作られているかを現場の見学をすることで学んでいきます。

タンパク質化学研究室

タンパク質は、恒常性の維持、運動、生体防御などの生体反応において多様でダイナミックな働きをしています。当研究室では新規治療法開発を目的として、神経損傷、ストレス、糖尿病、腎疾患など様々な病態における生体反応メカニズムの解明に取り組んでいます。また、研究を進める上で必要なタンパク質の分離分析法の開発や改良も進めています。

微生物工学研究室

研究室では細菌、放線菌、酵母などを研究材料として使用しています。研究内容としてはヒトの腸内細菌より単離した食物繊維分解酵素の機能解析、新規コンニャク分解細菌の単離、セシウム蓄積放線菌の単離および蓄積能の評価、酒造用酵母の機能解析、新規植物系バイオマス分解細菌の単離および機能解析などの研究を行っています。

将来について

取得可能な資格

  • 食品衛生管理者の任用資格(国家資格)
  • 食品衛生監視員の任用資格(国家資格)
  • 甲種危険物取扱者受験資格
  • 高等学校教諭一種免許状(理科)

卒業後の主な進路

  • 本学または他大学の大学院進学
  • 食品関連企業
  • 医薬品関連企業
  • 環境関連企業
  • 植物育種関連企業
  • 分析業務関連企業
  • 教育関連分野 ほか

在校生・卒業生メッセージ

"Biotechnology" をじっくり学び、自分の可能性を広げたい人へ

生物工学科 4年
name_st_bio01.png さん
(神奈川県立川和高等学校出身)

生物工学科では、微生物機能、基礎生物、植物機能、食品機能の4つの分野について扱っています。1年次で広く基礎科学を、2年次で専門基礎について学ぶことにより、興味の幅が広がりました。私は、遺伝子について学ぶためにこの学科を志望しましたが、現在は植物機能や食品機能について研究を行っています。
大学院進学する人も多く、より深い研究を行うことができます。また、高校理科の教員免許が取得可能であり、将来の可能性が広がります。
生物工学科では、良い環境で学びたいことを探求できます。
皆さんもここで、共に学びましょう!

幅広く学ぶことができるため、可能性が広がる

株式会社原田ガトーフェスタハラダ 勤務
name_st_bio02.png さん
平成29年3月 生物工学科 卒業
(栃木県立栃木翔南高等学校出身)

生物工学科は、大きく分けて基礎生物工学、食品機能工学、植物機能工学、微生物機能工学の4つの分野について学びます。座学だけでなく、1年次から週に1回以上の実験があるため、幅広い学問の中でも特に自分の興味があるものが見つけられるのではないでしょうか。
また、専門性の高い就職先でなくとも、学生実験での他者との連携や姿勢、レポートの作成などの経験は必ず役立ちます。
漠然とした興味でもかまいません。生物工学を当学科で学び、自分の道を見つけてください。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。