文字サイズ + 標準
地域連携推進センター
トップページ » 地域連携推進センター » 最新情報 » ニュース » 日本財団わがまち基金に「大学生の生活支援から展開する多世代協働の団地再生」(堤研究室)が採択されました

日本財団わがまち基金に「大学生の生活支援から展開する多世代協働の団地再生」(堤研究室)が採択されました

2021年1月27日

候補3.jpg

学生支援×団地再生 in 広瀬団地

日本財団「わがまち基金」を活用した地域創生支援スキーム2020年度の募集において、
建築学科・堤研究室が参加する「大学生の生活支援から展開する多世代協働の団地再生」事業が採択されました。
※【事業主体】桐生信用金庫
 【事業パートナー】有限会社スタイル、特定非営利活動法人リ・デザインマネジメント、前橋工科大学
 【事業連携者】群馬県住宅供給公社

この採択および事業開始の記者会見を、令和3年1月25日、群馬県住宅供給にて行いました。

本事業は、前橋市の広瀬団地において大学生の生活支援を行う体制を構築する、新しいまちづくりを行うものです。
大学生が生活全般の支援を受けつつ、自らも生活支援や団地再生の活動に積極的に参加し、
さらに卒業後には群馬県内で就職・起業し定住者として活動する。
そんな循環型の生活支援体制を目指し取り組んでいきます。