文字サイズ + 標準
地域連携推進センター
トップページ » 地域連携推進センター » 前橋工科大ではどんな研究をしていますか? » 産学連携フォーラム(平成26年度公募型共同研究事業成果発表会)実施報告

産学連携フォーラム(平成26年度公募型共同研究事業成果発表会)実施報告

平成27年7月23日(木)、本学1号館2階教授会室において産学連携フォーラムを平成26年度公募型共同研究事業成果発表会として行いました。

当日は発表参加チーム12チーム33名をはじめ、ご招待者25名、一般参加者2名、学生2名、報道関係者1名の計63名と多数の方のご参加をいただきました。

各チームとも熱心な意見発表が行われ、盛況のうち終了いたしました。

また、発表に先立ち、前橋市産業政策課長より「御用聞き型企業訪問」についての説明がありました。

開催風景

sityou.JPG sanseikatyou.JPG shimoda.JPG
挨拶:山本前橋市長 産業政策課長による説明 発表司会:下田副センター長
№1.JPG №2.JPG №3.JPG
㈱ナカヨチーム

カイエー共和コンクリート㈱チーム

NEOMAXエンジニアリング㈱チーム
№4.JPG №5.JPG №6.JPG
㈱ファスターチーム ㈱吉田鉄工所チーム ㈱ヤマトチーム
№7.JPG №8.JPG №9.JPG
相模屋食料㈱チーム (有)里源チーム 富士油圧精機㈱チーム
№10.JPG №11.JPG №12.JPG
雪国アグリ㈱チーム ㈱吾妻バイオパワーチーム ㈱しみづ農園チーム
kaijyou1.JPG kaijyou2.JPG kaijyou3.JPG
会場風景 会場風景 会場風景
saruya.JPG fueta.JPG hoshi.JPG
講評:東和銀行 猿谷様

講評:群馬県産業支援機構
笛田様

挨拶:星学長       

平成26年度

平成26年度前橋市公募型共同研究費補助金事業採択研究の開始について

前橋工科大学では地元企業が抱える課題や要望に応えるため、企業ニーズに応える共同研究を実施します。

公募型共同研究事業の概要

  • 事業概要
    本補助金は、前橋市(産業政策課)が前橋工科大学を窓口に実施する。地元企業等は前橋工科大学との研究計画を作成の上、補助申請書を前橋市に提出する。
    決定を受けた地元企業等は、前橋工科大学との共同研究を行い、要した対象経費について補助金の交付を請求することができる。
  • 研究費負担割合 企業1/3、前橋市2/3
  • 補助対象 事業費ベースで上限750万円、下限150万円

公募型共同研究一覧(平成26年度)

企業名
研究テーマ
株式会社 ナカヨ
服薬管理機能を有する健康管理システム 

カイエー共和コンクリート株式会社

プレキャストRC部材接合用機械式継手の研究開発

NEOMAXエンジニアリング株式会社

疾患モデル動物評価のためのMRI計測システムの開発
株式会社 ファスター
銀繊維を用いた生体刺激用プローブの開発
株式会社 吉田鉄工所

手動-電動切り替え式車椅子用電動ユニットの実用化及びセンサレスパワーアシスト技術の開発

株式会社 ヤマト

自然冷媒であるCO2を使用した不凍液のアイススラリー化(シャーベット化)技術の開発ーその2

株式会社吾妻バイオパワー
燃焼灰を用いた中和処理と中和生成物の循環利用に関する研究
相模屋食料 株式会社

食品加工業における廃棄物の有価物化に関する複合的トータル最適化(その2)

有限会社 里源
植物性廃棄物の効率的なコンポスト化技術の検討
富士油圧精機 株式会社
5軸加工の段取り工数が最大1/100で済む「工作物ワンタッチ押さえ装置」の精度向上
雪国アグリ 株式会社

多品種・小ロット生産における「袋詰めの前工程」の中小企業向け自動化技術の開発

株式会社 しみづ農園
観葉植物・果樹園芸植物を組み合わせた屋内型立体ディスプレイの開発

※研究テーマをクリックするとPDFで詳細がご覧いただけます。