ニュースの最近の記事

日本農芸化学会2018年度大会が、愛知県名古屋市名城大学で3月15-18日、開催されました。生物工学専攻の大学院博士課程前期2年生の大村佳孝さん、鈴木大斗さん、関慎太郎さん、寺島和哉さん、山本晃久さん、和多利研二さん、博士課程前期1年生の本田瑞希さん、生物工学科4年生の梅谷華奈さん、近藤泰嗣さん、深海あすかさんが、日頃の研究成果を発表しました。

一部の学生には、旅費の支援(本学独自制度)が実施されました。

関君.GIF.GIF寺島君.GIF.GIF大村君.GIF.gif深海さん.GIF.gif研究室写真2018農化.GIF.gif

生物工学科では、専門教育の一環として医薬工場と食品工場の見学を毎年実施しています。食品工場の見学では、これまでいろいろな企業様に見学を受け入れていただいておりますが、今年度はJA高崎ハム株式会社にお願いしまして、1/19(金)に学部3年生41名が、引率教員2名、学科技術員1名とともに見学に伺いました。

初めにハムやソーセージ等の製造に関するビデオを観た後、会社概要・歴史等についての説明を伺いました。そして工場内部を見下ろす上層階部に移動し、稼働中の製造機械を見ながら、工場内の設備、製品の製造工程(ハムの製造が行われていました)、そして工場内部の衛生管理に関する取り組み等についての説明を伺いました。学生から出た様々な質問に対しても一つ一つ丁寧に答えていただき、貴重な経験となりました。最後に工場内の直売店にも案内されて、製品を試食させて頂きました。

お忙しいところ、見学を受け入れて下さったJA高崎ハム株式会社の皆様に感謝申し上げます。

IMG_2150.jpg IMG_2152.jpg

ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会)が、12月6日~9日に神戸国際会議場、神戸ポートピアホテルで、開催されました。本学大学院生物工学専攻 博士前期課程2年 吉田雄斗さんが、「ガレクチン-1と糖尿病腎症との関連性」に関する日頃の研究成果を発表しました。発表の間、人が途切れることなくポスターの前を訪れ、活発な討論が行われました。

IMG_0066 - コピー.JPG

生物工学科で球技大会を開催しました

生物工学科では例年、秋に研究室対抗の球技大会を実施しています。この行事は研究室に仮配属が決まった3年生と上級生の懇親をかねており、今年は11月11日(土)に本学体育館で開催しました。

3年生以上のあわせて60名以上の学生、院生が参加し、終始、和やかな雰囲気で球技大会を終えることができました。

皆様、ご協力ありがとうございました。

写真2.jpg写真1.jpg写真3.jpg1511161942438.jpg

11月16日(木)13時〜14時、131講義室において、日本水産株式会社(ニッスイ)人事部の吉田恵里子氏による業界・業種説明会が開催され、学部生40人(3年生35人、2年生4人、4年生1人)、大学院生4人の計44人が参加しました。

はじめに食品業界の概要について、続いてニッスイを例にした様々な食品に関係する業種についての説明がなされた後、あらかじめ3年生および大学院1年生から出してもらっていた質問事項(事前に送付済み)について、時間一杯まで答えていただきました。

仕事のこと、会社のこと、就職活動のことなど多岐に渡って具体的な事例を交えて知ることができ、自身の進路を考えるよい機会でした。お忙しいところ、当学科・専攻の学生のために時間を割いていただきました日本水産(株)の吉田氏に御礼申し上げます。

ニッスイ説明会2.JPG ニッスイ説明会1.JPG

日本食品免疫学会2017年度大会が、東京大学伊藤謝恩ホールで11月9日、10日に開催されました。本学大学院生物工学専攻博士課程前期1年の本田瑞希さんが、日頃の研究成果を発表しました。

JAFI2017.JPG

11月10日、427講義室において、生物工学科の大学院進学説明会を行いました。

平成27年3月に本学大学院生物工学専攻を修了し、現在、ハルナビバレッジ株式会社ウェルネスサイエンス研究所(群馬県高崎市)で研究職として働いている、高橋計史氏をお招きして、講演していただきました。

講演では会社での仕事や生活についての説明や、大学院進学によって得られた知識や経験が会社でどのように役立っているかなどの話がありました。

また、講演後は学部生との活発な質疑応答が行われていました。

PB100254.JPG

高橋計史氏

PB100248.JPG

大学院進学のメリットについて

生物工学科ではこの他にもインターンシップ体験報告会などを実施することで学生の進学や就職のサポートを手助けする活動に力を入れています。

生物工学科では、専門教育の一環として医薬工場と食品工場の見学を毎年実施しています。医薬工場の見学では、例年、協和発酵キリン株式会社高崎工場で見学を受け入れていただいており、今年度も11/10(金)に学部3年生42名が、引率教員3名とともに見学に伺いました。

バイオ医薬品の現状と製造法についての説明を伺った後、4班に分かれてバイオ医薬品の原薬製造棟と製剤製造棟の見学を行いました。普段は目にすることのない12トンの大きな培養タンクや直径1mを超えるクロマトグラフィーカラムをはじめ、大規模で管理された製造設備を前に、お話を伺うことができました。また、学生からの多くの質問に対しても一つ一つ丁寧に答えていただき、貴重な経験となりました。

お忙しいところ、見学を受け入れて下さった協和発酵キリン高崎工場の皆様に感謝申し上げます。

IMG_0057.JPGIMG_0032.JPG

IMG_0055.JPGIMG_0042.JPG

平成29年度日本醸造学会大会が、東京都北区の北とぴあで10月11日、12日に開催されました。生物工学専攻博士課程前期2年の鮎澤涼さんが、日頃の研究課題である「醸造用酵母のフェノール臭抑制機構」について発表しました。

2017年醸造学会写真 ホームページ用.jpg

インターンシップ報告会を開催しました

生物工学科では学生のインターンシップ参加を積極的に勧めており、今年は43名の学部3年生のうち、28名の学生が企業や公的機関等でお世話になりました。複数の事業所でお世話になった学生も複数名おります。

10/5と10/12には、そのとりまとめとして報告会を開催し、それぞれの体験、学習の様子を紹介してもらいました。

お世話になった企業、機関、事業所の皆様、ありがとうございました。

DSC_0018.JPGDSC_0021.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちニュースカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。