ニュースの最近の記事

日本農芸化学会関東支部2018年度大会が10月13日(土)に東京理科大学野田キャンパスにて開催され、日頃の研究成果を、本学大学院修士課程2年生の吉岡潤一君(題目:ストロンチウム蓄積細菌の探索)、1年生の鍜治遼太郎君(題目:ムラサキイモ濃縮エキスがマウス摘出腸管におけるアルコール吸収に及ぼす影響)、1年生の廣瀬仁志君(題目:マウス摘出腸管における糖吸収に及ぼす梅抽出液の影響)がポスター発表を、学部4年生の杉山沙依美さん(題目:マウス摘出腸管における糖吸収に及ぼす酢酸投与のタイミングについて)が口頭発表を行いました。

入口.jpg 吉岡.jpg 廣瀬.jpg 鍜治.jpg杉山2.jpg

生物工学科3年生20名が、夏休み中、民間企業6社(カネコ種苗、タマムラデリカ、ハルナビバレッジ、ダノンジャパン、日農化学工業、群馬県薬剤師会環境衛生試験センター)、群馬県施設3カ所(衛生環境研究所、農業技術センター、生涯学習センター)、前橋市役所にて、インターンシップ(実務実習)に参加しましたので、その報告会を10月4日(木)および11日(木)に実施しました。インターンシップに参加した3年生の他、半数近くの2年生の参加もありました。体験したこと、インターンシップを通じて得られたことを各自が発表し、進路のこと、将来のことを考える良いきっかけになったようです。また参加して下さった教職員には、発表の後にコメントを頂きました。

2018インターンシップ報告会1.png 2018インターンシップ報告会2.png

91回日本生化学会大会が、924日~26日に国立京都国際会館で、開催されました。大会2日目(25日)に本学大学院生物工学専攻 博士前期課程1年 菊地壮也さんが、「ガレクチン-1は糖尿病腎症の発症に関与する」と題して日頃の研究成果についてポスター発表を行いました。討論時間の約1時間、途切れることなく人が訪れ、活発に質疑応答が交わされました。

                生化学会2018京都03.jpg

第23回日本フードファクター学会・第12回日本ポリフェノール学会・第15回日本カテキン学会合同学術集会が、メルパルク京都で9月7日、8日に開催されました。本学生物工学科学部4年生の榎本泰大君が、日頃の研究成果を発表しました。 

発表演題:「尿酸トランスポーターABCG2の発現を制御するフィトケミカルの探索・解析」

JSoFF2018榎本君写真.png

H30SP-3.jpgH30SP-1.jpgH30SP-2.jpg

2018年8月21日(火)から23日(木)の3日間にわたり、市立前橋高校の生徒さん8名(理科研究サークル所属の生徒さん4名を含む)が本学に来校し、生物工学科の中山 明 准教授の指導のもと、植物材料からのDNAの抽出やPCR法による遺伝子の増幅、電気泳動による分離確認などの実験を行いました。

第48回根研究集会の開催と本学院生の発表

「植物の根」をキーワードに様々な研究者が集まる根研究学会では、年に2回研究集会を開催しています。この度第48回根研究集会を、生物工学科・本間教授を実行委員長とし、前橋観光コンベンション協会の協力の下、2018年5月25日(金)13時より5月26日(土)12時まで、前橋プラザ元気21内の前橋市中央公民館にて開催しました。北は北海道、南は宮崎まで全国各地から40名(大学の研究者・学生、国・地方自治体の研究機関の研究者、高校教員、民間会社の方)が参加し、口頭発表10題、ポスター発表10題、特別講演2題(群馬県農業技術センター・鹿沼土壌保全係長による群馬の土壌と作物について、(株)神戸万吉商店・神戸隆介代表取締役社長による下仁田町における桑活用事業について)の発表がありました。本学大学院生物工学専攻博士課程前期2年の小山田篤史さんも、日頃の研究成果を発表しました。また、研究集会前日・終了後の準備・片付け、研究集会当日の会場運営には、生物工学科・本間研究室所属の学生が関わり、研究集会は盛況のうちに無事終了しました。講演会場.JPG受付.JPG要旨集.JPG小山田発表.JPG特別講演鹿沼.JPGポスター発表2.JPG神戸試飲.JPGコースター.JPG

第72回日本栄養・食糧学会大会が、岡山県総社市岡山県立大学で5月11-13日に開催されました。本学大学院生物工学専攻博士課程前期1年の波津優花さん、福村みどりさんが日頃の研究成果を発表しました。

栄食2018写真1.png

日本農芸化学会2018年度大会が、愛知県名古屋市名城大学で3月15-18日、開催されました。生物工学専攻の大学院博士課程前期2年生の大村佳孝さん、鈴木大斗さん、関慎太郎さん、寺島和哉さん、山本晃久さん、和多利研二さん、博士課程前期1年生の本田瑞希さん、生物工学科4年生の梅谷華奈さん、近藤泰嗣さん、深海あすかさんが、日頃の研究成果を発表しました。

一部の学生には、旅費の支援(本学独自制度)が実施されました。

関君.GIF.GIF寺島君.GIF.GIF大村君.GIF.gif深海さん.GIF.gif研究室写真2018農化.GIF.gif

生物工学科では、専門教育の一環として医薬工場と食品工場の見学を毎年実施しています。食品工場の見学では、これまでいろいろな企業様に見学を受け入れていただいておりますが、今年度はJA高崎ハム株式会社にお願いしまして、1/19(金)に学部3年生41名が、引率教員2名、学科技術員1名とともに見学に伺いました。

初めにハムやソーセージ等の製造に関するビデオを観た後、会社概要・歴史等についての説明を伺いました。そして工場内部を見下ろす上層階部に移動し、稼働中の製造機械を見ながら、工場内の設備、製品の製造工程(ハムの製造が行われていました)、そして工場内部の衛生管理に関する取り組み等についての説明を伺いました。学生から出た様々な質問に対しても一つ一つ丁寧に答えていただき、貴重な経験となりました。最後に工場内の直売店にも案内されて、製品を試食させて頂きました。

お忙しいところ、見学を受け入れて下さったJA高崎ハム株式会社の皆様に感謝申し上げます。

IMG_2150.jpg IMG_2152.jpg

ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会)が、12月6日~9日に神戸国際会議場、神戸ポートピアホテルで、開催されました。本学大学院生物工学専攻 博士前期課程2年 吉田雄斗さんが、「ガレクチン-1と糖尿病腎症との関連性」に関する日頃の研究成果を発表しました。発表の間、人が途切れることなくポスターの前を訪れ、活発な討論が行われました。

IMG_0066 - コピー.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちニュースカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。