2014年4月アーカイブ

 『埼玉県環境住宅賞』(委員長 三井所 清典、芝浦工業大学名誉教授、建築士会連合会会長)とは、近年の環境問題を踏まえ、「住まい」の視点からも環境を意識することが必要との考えにより、環境への負荷が少ない新築やリフォームの実践例、住まい方のアイディアなどを広く募集し表彰するものです。『第1回 埼玉県環境住宅賞』には、4部門(建築部門・リフォーム部門・アイディア部門・住まい手部門)に72作品もの応募があり、最優秀賞1作品(住まい手部門より)、優秀賞3作品、入選10作品、佳作21作品が選出されました。

 大学発ベンチャーのビオ・ハウス・ジャパンは建築部門に応募した「北庭に開く家」で入選、「都市型住宅ウッド・キューブ」で佳作にそれぞれ選出されました。仕事の核であるバウビオロギー(建築生物学)の考えのもとに健康な住まいの在り方が多様に提案されています。

受  賞  第1回 埼玉県環境住宅賞 「入選」 「佳作」
受賞者  石川 恒夫 教授  前橋工科大学 工学部 建築学科
( ビオ・ハウス・ジャパン 一級建築士事務所 代表取締役 )

 

>> 第1回 埼玉県環境住宅賞作品


■ 入選 (建築部門) ■

「 北庭に開く 」
- 中庭を囲んだ3世代家族のための環境共生住宅の試み -
前橋工科大学  石川 恒夫 教授

埼玉県環境住宅賞作品 ( No. a8 )

ishikawa01.jpg
ishikawa01.pdf
(PDF:5.15MB)

■ 佳作 (建築部門) ■

「 都市型住宅ウッド・キューブ 」
- 地球環境を超えたこれからの住まいづくり -
前橋工科大学  石川 恒夫 教授

埼玉県環境住宅賞作品 ( No. a13 )

ishikawa02.jpg
ishikwa02.pdf
(PDF:6MB)

研究報告

  統計資料に基づく群馬県の煉瓦生産と消費の関連
     煉瓦建造物の保存・活用に関する研究-6     

     受  賞  2013年度 日本建築学会関東支部 若手優秀研究報告賞
     受賞者  石田 真弥  建築学専攻博士後期課程

    >> 研究報告 (PDF:3.13MB)


「 2013年度 日本建築学会関東支部 若手優秀研究報告賞」

建築学専攻博士後期課程  石田 真弥

ishida02.jpg

研究報告

  内装材として土壁のライフサイクル評価
     現代版「土壁の家」づくりのための基礎的研究

     受  賞  2013年度 日本建築学会関東支部 若手優秀研究報告賞
     受賞者  竹中 徹  建築学専攻博士前期課程2年生

     >> 研究報告 (PDF:830KB)


「 2013年度 日本建築学会関東支部 若手優秀研究報告賞」

建築学専攻博士前期課程2年生  竹中 徹

takenaka02.jpg

研究報告

  日本二十六聖人殉教記念施設における今井兼次の初期構想について
     日本二十六聖人殉教記念施設にみる今井兼次の建築思想に関する研究(その1)

       受  賞  2014年度 日本建築学会 奨励賞 
       受賞者  原 衣代果  現前橋工科大学嘱託員

     >> 日本建築学会 2014年各賞受賞者

     >> 受賞内容について (PDF:64KB)

スパイラルホールで開催されるSICF(Spiral Independent Creators Festival)に100名のアーティストが選抜され、下記の本学2名の作品が展示されることになりました。

建築学専攻

萩原 林太郎
村崎 友里恵

sicf.jpg

SICF(Spiral Independent Creators Festival)について

SICF WEB  www.sicf.jp
       >> SICF15開催概要 
       >> SICF15出展者一覧   ( B日程 47(ムラサキユリエ), 50(荻原林太郎))
       >> SICFについて 

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。