Topics of homePage


前橋工科大学工学部生命情報学科

  • タンパク質情報学研究室

Top 研究 メンバー Publication トピック English Access



HOME > Topics

2016年10月
前橋工科大学・本間研究室との共同研究論文”Codon usage is less optimized in eukaryotic gene segments encoding intrinsically disordered regions than in those encoding structural domains”がNucleic Acids Research誌に掲載されました.

2016年6月
名古屋大学・太田研究室との共著論文”Multiple-Localization and Hub Proteins”がPLo S one誌に掲載されました。

2016年6月
大学院生の村松君が日本蛋白質科学会年会でポスター発表を行いました。

2016年4月
卒研生として、今福恵梨子さん、久下直椰君、中西千春さん、福地哲寛くん、山口渉太君が配属されました。一年間頑張ろう。

安保勲人君、萩原千晶君、村松圭君が大学院博士前期課程に入学されました。おめでとう。

2016年3月
卒研生、安保勲人君、尾内慶信君、萩原千晶君、村松圭君が卒業されました。卒業おめでとう。

2016年3月
4年生の村松圭君が生物物理学会東日本支部会で口頭発表を行いました。

2015年12月
大学院生、大田春輝君・村上真未さん、4年生村松圭君が分子生物学会でポスター発表を行いました。

2015年11月
理化学研究所との共同研究論文
Investigation of the fatty acid transporter-encoding genes SLC27A3 and SLC27A4 in autism.
がScientific Reports誌に掲載されました。

立命館大学・伊藤研究室との共同研究論文
Investigation of glycan evolution based on a comprehensive analysis of glycosyltransferases using phylogenetic profiling.
がBiophysics and Physicobiology誌に掲載されました。

2015年10月
輪講生として、今福恵梨子さん、久下直椰君、中西千春さん、福地哲寛君、山口翔太くんが配属されました。

2015年4月
卒研生として、安保勲人君、尾内慶信君、萩原千晶君、村松圭君が配属されました。また、大田春輝君、村上真未さんが大学院に進学されました。入学おめでとう。

2015年3月
卒研生、大田春輝君、佐藤優さん、村上真未さん、村上蓮君
が卒業されました。卒業おめでとう。

2015年2月
福地研究室と名古屋大学・廣明研究室等との共同研究論文、An optimized Npro-based method for the expression and purification of intrinsically disordered proteins for an NMR studyがIntrinsically disordered protein誌 に掲載されました。

2014年12月
福地が第31回分子生物学会年会でデータベースIDEALの、前工大本間研究室との共同研究で、本間研究室の都倉君がシェディングに関するポスター発表を行いました。

2014年11月
理化学研究所、吉川研究室から福地がお手伝いした論文、Exon resequencing of H3K9 methyltransferase complex genes, EHMT1, EHTM2 and WIZ, in Japanese autism subjects.がMol. Autism誌に掲載されました。

2014年10月
輪講生として3年生の
安保勲人君、尾内慶信君、萩原千晶君、村松圭君が配属されました。

2014年9月25日
福地が第52回日本生物物理学会年会でデータベースIDEALのポスター発表を行いました。

2014年7月7−8日
Gordon Research Conference, Intrinsically disordered proteinにおいて福地が「The IDEAL database - Intrinsically disordered proteins with extensive annotations and literature」のポスター発表を行いました。

2014年7月
「細胞工学」誌にSpecial Review「天然変性タンパク質のプロミスキャスな相互作用」が掲載されました。

2014年6月26日
第14回日本蛋白質科学会年会において、福地が「データベースIDEALの新機能と機能性天然変性領域の配列・構造比較 」のポスター発表を行いました。

2014年4月
卒研生、大田春輝君、佐藤優さん、村上真未さん、村上蓮君
が配属されました。


2014年3月24日
卒業式が行われ、高木義史君、橋本思穂さん、片見綾那さん、柳田礼央君が卒業されました。卒業おめでとう。

2013年9月3日〜5日
新学術領域研究「天然変性タンパク質の分子認識と機能発現」第4回領域会議が行われました。福地がデータベース開発の進捗を報告しました。


2013年8月21日〜23日
立命館大学菊池研究室と合同研究合宿を行いました。

2013年6月
第13回 日本蛋白質科学会年会で共同研究者の立命館大学 石野友喜さんが
「ヒトタンパク質リン酸化部位の予測と保存性解析」
を、名古屋大学のDivya Shajiさんが
Structural analysis of protean segments (ProSs) in intrinsically disordered proteins (IDPs)
のポスター発表を行いました。


2013年4月
卒研生が4名配属されました。

永井翔君が大学院前期課程に進学しました。

創薬等プラットフォーム事業の研究員として河合洋介さんが加わりました。


2012年10月

名古屋大学・インディアナ大学との共同研究論文、An assignment of intrinsically disordered regions of proteins based on NMR structuresがJournal of Structural Biology誌に掲載されました。

立命館大学との共同研究論文、Intrinsically disordered proteins in human mitochondriaがGenes to Cells誌に掲載されました。


2012年9月22日
第50回日本生物物理学会おいて、天然変性タンパク質データベースIDEALに関する口頭発表を行いました。

2012年8月22日
第14回日本進化学会において、立命館大学との共同研究「天然変性タンパク質の進化的保存性の解析」をポスター発表しました。

2012年8月1日
(研究開発施設等共用促進費補助金)創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業
創薬等支援技術基盤プラットフォーム 解析拠点バイオインフォマティックス領域に名古屋大学・太田教授と提案した「構造バイオインフォマティックス・リテラシーの浸化と深化」が採択されました。

LinkIcon2012年7月8日〜13日
Gordon Research Conference of Intrinsically disordered ProteinsでデータベースIDEALのポスター発表をおこないました