文字サイズ + 標準
地域連携推進センター
トップページ » 地域連携推進センター » 最新情報 » イベント » 臼井講師がまちなかキャンパスにて発表を行いました

臼井講師がまちなかキャンパスにて発表を行いました

2019年3月11日

平成30年地域活性化研究事業で研究を行っていた、「中心市街地におけるアートプロジェクトによる空き家、空き店舗の利活用研究」(課題提案者:前橋中央商店街協同組合)について、まちなかキャンパスにて発表を行いました。
前橋中心市街地の活性化に興味を持つ幅広い世代の方が参加され、講師による発表の後、「まちなかの磁力とは」というテーマによる、参加者とのディスカッションも行われました。

展覧会「つまずく石の縁」から発見される前橋市中心市街地の魅力

平成31年03月01日 (金) 18:00~19:30
講  師

前橋工科大学 建築学科 講師:臼井 敬太郎、 アーツ前橋:五十嵐 純、 ONOBORI3:竹内 躍人

会  場
中央公民館 502学習室
参加費
無料
定  員
30名
概  要

昨秋、中心市街地で開かれた展覧会「つまずく石の縁」(平成30年10〜11月)は、街なかの店舗や空き家を美術館に見立てたものでした。作家、学芸員、鑑賞者、それぞれが見出した街の魅力を共有します。

 

会場の様子.JPG 発表の様子.JPG
会場の様子

講師による説明
【左から:臼井講師(前工大)、
五十嵐氏(アーツ前橋)、竹内氏(ONOBORI3)】

ディスカッションの様子.JPG 展覧会資料.JPG
意見発表の様子
【宗形氏(前工大)】
展覧会開催時の資料