文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 日本初の豚肉機能性表示食品が開発・商品化されました

日本初の豚肉機能性表示食品が開発・商品化されました

2020年6月26日

平成30年度地域活性化研究事業「氷温熟成豚肉(氷室豚)を使用した機能性食品の研究開発」(課題提案者:株式会社クリマ、研究代表者:生物工学科 薩 秀夫准教授)を基盤として開発され、昨年末に日本初の豚肉機能性表示食品として受理された株式会社クリマの「枝豚肉氷温熟成氷室豚14日熟成」(届出番号:E433)が、本年4月に商品化・販売開始されました。また本機能性表示食品の開発・商品化については、読売新聞などにて紹介されました。

パッケージ2.jpg読売新聞記事2.jpg                              (2020年4月10日 読売新聞)

関連記事:日本初の豚肉機能性表示食品が受理されました(https://www.maebashi-it.ac.jp/department/bio/info/prize/post_28.html