名  前  一 言

兼 子

頑張りたいです
世 古 大学院でも頑張る
津 田 介護や福祉技術に興味があって研究室に入りました.大学院進学希望です.
中 本 TMSの研究に興味があります.他大学の大学院を目指し勉強します.
宇都宮 電子ペグボードの開発をする予定です.ぎりぎり進級して研究を始めることができました.進学してさらに自分を磨きたいと思います.
横 山 TMSのシステムを構築する予定です.大学院に進学します.あと,ゆで太郎でも頑張っています.

 

小田垣 雅人  博士(工学)

略歴:

 2007年4月~2009年3月 広島市立大学 助教
 2009年4月~2012年3月 広島市立大学 講師
 2012年4月~2015年3月 前橋工科大学 講師
 2015年4月~      前橋工科大学 准教授
 2010年 Aalto University (旧ヘルシンキ工科大学,Finland)

所属学会:
     (一社)電気学会,(一社)日本生体医工学会,IEEE
     (公社)計測自動制御学会,日本生体磁気学会
     (公社)日本磁気学会,(一社)日本福祉工学会(2016年~)

学会役員:
   ・日本生体医工学会 関東支部評議委員(2015-)
   ・電気学会 栃木・群馬支所委員(2014-)
   ・電気学会 電子・情報・システム部門 論文委員幹事・論文編集委員(2015-)

特許:
   (1) 電気刺激器具,特願2014-022143
   (2) 作業療法支援装置,特願2015-22095

外部資金:
   ・平成19年度 カシオ科学振興財団研究助成(代表)
   ・平成20年度 戦略的情報通信研究開発推進事業(分担)
   ・平成22年度 サタケ技術振興財団(代表)
   ・平成26年度 共同研究(フジレース株式会社)(代表)
   ・平成27年度 受託研究(群馬県繊維工業試験場)(代表)
   ・平成27年度 共同研究(株式会社アステック)(代表)
   ・平成28年度-平成29年度 科研費 若手(B)(代表)
   ・平成28年度 受託研究(群馬県繊維工業試験場)(代表)
   ・平成28年度 公募型研究事業(株式会社ワークジョイ)(代表)

メッセージ:本邦では高齢化社会の進展に伴い介護者負担の増加や,僻地における医師不足など多くの問題が表面化しています.医学と工学の境界領域に属する生体医工学は,これらの諸問題を解決し得る新しい医療機器や技術を生み出す研究分野です.本研究室では、生体信号の計測技術やヒトの脳機能解明に関する研究を中心に研究を実施します。もし興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらお気軽にお問合せ頂ければ幸いです.

Our research interests lie in the field of biomedical electronics. Our primary aim of the research is to develop innovative medical/welfare devices for the people suffering from physical disabilities or diseases. Feel free to ask me any questions or interests you may have.


研究業績

1.学術誌
1.           小田垣雅人,須賀一貴,佐々木正,湯ノ口万友,保坂栄弘,尿失禁治療法における電気刺激式と磁気刺激式の生体内電流分布の比較,日本応用磁気学会誌/ Vol. 27/ Nol. 3/ pp. 146-150/ 2003
2.           小田垣雅人,須賀一貴,佐々木正,湯ノ口万友,保坂栄弘,電気刺激式および磁気刺激式尿失禁治療における刺激効率-三次元下腹部コンピュータシミュレーションによる評価-,生体医工学/ Vol. 41/ No. 3/ pp. 27-34/ 2003 
3.           小田垣雅人,市川隆久,布川和城,佐々木正,保坂栄弘,磁気刺激電流波形におけるStrength – Duration カーブに関する基礎的検討-実験的渦電流波形を用いた測定- ,生体医工学/ Vol. 42/ No. 3/ pp. 174-180/ 2004
4.           小田垣雅人,須賀一貴,佐々木正,湯ノ口万友,保坂栄弘,磁気刺激式尿失禁治療における最適コイル配置のシミュレーションによる検討,生体医工学/ Vol. 42/ No. 4/ pp.224-229/ 2004
5.           Masato Odagaki, Kazutaka Suga, Tadashi Sasaki, Hidehiro Hosaka,Study on Optimization for Current Distribution in Magnetic Stimulation Therapy for Urinary Incontinence ,Neurology and Clinical Neurophysiology/ Vol. 44/ pp.1-5/ 2004
6.           小田垣雅人,須賀一貴,佐々木正,湯ノ口万友,保坂栄弘,磁気刺激式尿失禁治療法における下腹部内渦電流分布に与える多媒質的要素の影響–3次元実験モデルおよびコンピュータモデルによる検討–,生体医工学/ Vol.43/ No. 1/ pp. 58-67/ 2005
7.           Masato Odagaki, Kazutaka Suga, Tadashi Sasaki, Hidehiro Hosaka,Comparison of Current Distribution Based on Tissue In-homogeneity in Magnetic Stimulation for Treatment of Urinary Incontinence,IEEE Transactions on Magnetics/ Vol. 41/ No. 10/ pp. 4155-4157/ 2005
8.           Masato Odagaki, Hidehiro Hosaka,Examination of the S–D curve for magnetic stimulation used in the treatment of urinary incontinence using an experimental eddy current waveform ,International Congress Series/ Vol. 1300/ pp.591-594/ 2007
9.           Hiroshi Fukuda, Masato Odagaki, Osamu Hiwaki, Atsushi Kodabashi, Toshiro Fujimoto,Estimation method on multiple sources of MEG based on columnar structure of the cerebral cortex ,IEEE Transactions on Magnetics/ Vol. 44/ Issue 11/ pp.4425-4431/ 2008
10.         Osamu Hiwaki, Masato Odagaki, Hiroshi Fukuda, Atsushi Kodabashi, Toshiro Fujimoto,Modification of Motor Evoked Potentials Caused by Electrical Peripheral Nerve Stimulation in Transcranial Magnetic Stimulation,IEEE Transactions on Magnetics / Vol. 44/ Issue 11/ pp.4440-4443/ 2008
11.         Masato Odagaki, Hiroshi Fukuda, Osamu Hiwaki,Suppression of electromyogram of hand muscle elicited by transcranial magnetic stimulation over the primary motor cortex,IEEE Transactions on Magnetics / Vol. 44/ Issue 11/ pp.4545-4548 2008
12.         福田浩士,小田垣雅人,樋脇治,両手指の連打タッピング運動における高密度脳電位計測 ,体医工学/Vol.46/No. 6/ pp.684-689/ 2008
13.         Masato Odagaki, Hiroshi Fukuda, Osamu Hiwaki,Influence of Transcranial Magnetic Stimulation on Muscle Activity during Finger Movement,IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering/ Vol. 4/No.1/ pp.121-124/ 2009
14.         Masato Odagaki, Hiroshi Fukuda, Osamu Hiwaki,Effect of Transcranial Magnetic Stimulation on Force of Finger Pinch, Journal of Applied Physics/Vol. 105/No. 7/07B307 (3 pages)/2009
15.         Hiroshi Fukuda, Masato Odagaki, Osamu Hiwaki,Brain activity during bilateral rapid alternate finger tapping measured with mag-netoencephalography ,Journal of Applied Physics/Vol. 105/No. 7/07B313 (3 pages) /2009
16.     Hiroshi Fukuda, Masato Odagaki, Osamu Hiwaki,“Identification of Stimulated Sites Using Artificial Neural Networks Based on Transcranial Magnetic Stimulation-Elicited Motor Evoked Potentials,” 電気学会論文誌C Vol. 120, No. 12, pp. 2204-2209 (2010)
17.     福田浩士,小田垣雅人,樋脇治、“手指の到達運動における外部力場の安定性の差異に対する運動適応”,生体医工学, Vol. 49 No. 1,pp. 100-107(2011)
18.    小田垣雅人,福田浩士,村中博幸,樋脇 治, "TMSにおける大脳皮質の構造を考慮した刺激部位推定についてのfMRIによる妥当性の検証", 電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌), Vol. 132, No. 10, pp. 337-342 (2012)
19.    Masato Odagaki, Toshiyuki Taura, Yutaka Kikuchi, Kazutomo Yunokuchi,Optimization of Eddy Current Distribution Using Magnetic Substance in TMS, Vol.8211 ,Brain and Health Informatics Lecture Notes in Computer Science, Volume 8211, pp 193-200 (2013)
20.    小田垣雅人,田浦敏幸,伊藤寛知,菊地豊, "TMSを用いた手指のリズミック運動における運動周波数に対する皮質脊髄路興奮特性の計測", 電気学会論文誌C, Vol. 135, No. 7, pp.793-798 (2015)
21.    Masato Odagaki,Kanchi Ito,Toshiyuki Taura, Yutaka Kikuchi, Kazuyuki Imamura, "Frequency-dependent Modulation of Corticospinal Excitability During Passive and Active Rhythmic Finger Movements: A TMS study", Journal of Neuroscience and Neuroengineering,4, 53-59 (2016)
22.    大沢佑貴,兼子健汰,伊藤寛知,菊地豊,小田垣雅人 "両示指の受動的な対称・非対称運動におけるTMSを用いた皮質脊髄路興奮特性の解析", 電気学会論文誌C, Vol. 136, No. 12, pp.1791- 1796 (2016)
23.    Kanchi Ito, Kenta Kaneko, Yuki Osawa,Yutaka Kikuchi,Masato Odagaki "Comparison of Corticospinal Excitability between Observations of Tonic Contraction and Rhythmic Movement: a TMS Study, " Advanced Biomedical Engineering, Vol. , No. , pp.- (2017)


2.国際会議発表
1.           Masato Odagaki, Kazutaka Suga, Tadashi Sasaki, David Cohen,  Hidehiro Hosaka, Comparison of Current Distributions between Electric and Magnetic Stimulation for Treatment of Urinary Incontinence Using a Computer Model , Proceedings of the Second Joint EMBS/BMES Conference 2002/ Vol. 3/ pp. 2086-2089/ 2002
2.           Masato Odagaki, Kazutaka Suga, Tadashi Sasaki, Hidehiro Hosaka, Study on Optimization for Current Distribution in Magnetic Stimulation Therapy for Urinary Incontinence , Proceedings of the 14th International Conference on Biomagnetism/2004
3.           Masato Odagaki, Kazutaka Suga, Tadashi Sasaki, Hidehiro Hosaka, Modified Weiss’s Equation for Strength – Duration Curve in Magnetic Stimulation, Proceedings of the 27th Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society / pp.4264-4267/2004
4.           Masato Odagaki, Takahisa Ichikawa, Kazushiro Nunokawa,Tadashi Sasaki, Hidehiro Hosaka, Comparison of Current Distribution Based on Tissue In- homogeneity in Magnetic timulation for Treatment of Urinary incontinence, INTERMAG Asia 2005. Digests of the IEEE International/ pp. 1121-1122/ 2005
5.           Masato Odagaki, Takashisa Ichikawa, Kazutaka Suga, Tadashi Sasaki, Hidehiro Hosaka, Difference of Current Distribution between Electrical and Magnetic Stimulation Methods for the Treatment of Urinary Incontinence, 6th Asian-Pacific Conference on Medical and Biological Engineering/PA-3-52(4 pages) /2005
6.           Kan Yashima, Yu Kageyama, Masato Odagaki, Hidehiro Hosaka, Application of wavelet analysis to the plethysmogram for the evaluation of mental stress, Proceedings of the 27th Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society 2005 IEEE-EMBS 2005/ pp. 2781-2784/ 2006
7.           Aya Yaguchi, Kan Nagase, Mitsukuni Takahisa Ishikawa,Masato. Odagaki Hidehiro Hosaka, Basic Study on a Lower-Energy Defibrillation Method Using Computer Simulation and Cultured Myocardial Cell Models, Proceeding of 28th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society/ pp. 6540-6543/ 2006
8.           Y. Kgeyama, Masato Odagaki, H. Hosaka, Wavelet Analysis for Quantification of Mental Stress Stage by Finger-Tip Photo-Plethysmography [Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE/ pp. 1846-1849/ 2007 
9.           Masato Odagaki, Yoshio Uomori, Hidehiro Hosaka, Current Distributions Inside 3D Abdomen Models as Obtained by Electrical and Magnetic Stimulations for the Treatment of Urinary Incontinence  [Proceedings of Joint Meeting of the 6th International Symposium on International Conference on Functional Biomedical Imaging/ pp. 276-279/ 2007
10.         Masato Odagaki, Sanae Ohishi, Hiroshi Fukuda, Osamu Hiwaki, Effects of transcranial magnetic stimulation on hand electromyogram and finger trajectory [16th International Conference on Biomagnetism 2008/pp. 179/2008
11.         Osamu Hiwaki, Masato Odagaki, Hiroshi Fukuda, Effects of Transcranial Magnetic Stimulation on Voluntary Thumb Movement, 4th International IEEE/EMBS Conference on Neural Engineering /pp.195-198/2009
12.         Hiroshi Fukuda, Masato Odagaki, Osamu Hiwaki, Neural Network for Confirmation of Coil Location in Transcranial Magnetic Stimulation by Motor Evoked Potential and Force, 4th International IEEE/EMBS Conference on Neural Engineering /pp.183-186/2009
13.         Masato Odagaki, Inoue Tomonori, Taro Ikeda, Hiroshi Fukuda, Osamu Hiwaki, Precise coil positioning system using multi-articular arm for location of stimulated brain area in transcranial magnetic stimulation, 4th International IEEE/EMBS Conference on Neural Engineering /pp.42-45/2009
14.         Masato Odagaki, Hiroshi Fukuda, Osamu Hiwaki, Effect of Transcranial Magnetic Stimulation on Isotonic Finger Muscle Contraction, MMM-Intermag conference, GS-09, pp.1695, Washington DC, 2010
15.         Masato Odagaki, Toshiyuki Taura, Testumi Harakawa, , Proceedings of the 35th Annual International IEEE Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society 2013 ,FrB07.6 , Osaka, 2013


・その他
学会発表
1.           小田垣雅人,保坂栄弘, コンピュータシミュレーションモデルによる電気刺激と磁気刺激の刺激効果の比較, 日本ME学会大会/pp.208/2002
2.           小田垣雅人,保坂栄弘, インピーダンスプレチスモグラフによる脈波伝搬速度測定の試み,  日本ME学会大会/pp.1860/2002
3.           小田垣雅人,須賀一貴,佐々木正,保坂栄弘, 磁気刺激尿失禁治療における生体内誘導電流解析, 日本ME学会大会/ pp.438/ 2003
4.           須賀一貴,小田垣雅人,佐々木正,保坂栄弘, 磁気刺激における生体実験モデルを用いた誘導電流分布の計測, 日本ME学会大会/ pp.483/2003
5.           小田垣雅人,須賀一貴,佐々木正,湯ノ口万友,保坂栄弘, 磁気刺激式尿失禁治療における刺激条件の検討 /日本応用磁気学会大会/ 2003
6.           市川隆久,布川和城,小田垣雅人,佐々木正,保坂栄弘, 擬似渦電流波形によるS-Dカーブの推定, 日本ME学会大会/pp.574/2004
7.           小田垣雅人,須賀一貴,佐々木正,保坂栄弘, GA,FEM併用による磁気刺激式尿失禁治療用刺激コイル配置の最適化, 日本ME学会大会/ pp.519/ 2004
8.           魚森良保,小田垣雅人,保坂栄弘, 磁気刺激式尿失禁治療法における導電率の差異に基づく下腹部実験モデルを用いた生体内電流分布の検討 /日本ME学会大会/ pp.516/ 2006
9.           小田垣雅人,石井隆治,魚森良保,保坂栄弘, 磁気刺激式尿失禁治療法における実験的渦電流波形を用いた尿道括約筋に対す9刺激効果, 日本生体磁気学会/vol.19, No. 1, pp.260-2612/2006
10.         小田垣雅人,大石早苗,福田浩士,樋脇治, 大脳皮質一次運動野への経頭蓋磁気刺激が手指の随意運動に与える影響, 日本生体医工学会大会/ PS3-1-1/ 2008
11.         池田太郎,樋脇治,小田垣雅人,井上朋紀, 多関節アームと三次元スキャナを用いた刺激用コイルと脳の位置計測によるTMS刺激部位推定システム, 日本生体医工学会大会/ pp. 870/2008
12.         小田垣雅人,福田浩士,樋脇治, 大脳皮質の構造に基づく神経興奮特性により推定した経頭蓋磁気刺激強度についての検討, 日本生体磁気学会/pp.286-287 /2009
13.         福田浩士,小田垣雅人,樋脇治, ニューラルネットワークを用いた経頭蓋磁気刺激における運動誘発電位の判別分析, 日本生体磁気学会/pp.290-291/2009
14.         樋脇治,福田浩士,小田垣雅人, 手指の連続随意運動に対する第一次運動野の経頭蓋磁気刺激の効果, 日本生体磁気学会/pp. 294-295/2009
15.      小田垣雅人,福田浩士,樋脇治,Response of finger movement to transcranial magnetic stimulation in maintenance of constant finger force,日本生体医工学会/PS1-7-2/2010
16.   小田垣雅人,福田浩士,村中博幸, 樋脇治,TMSにおける刺激部位推定についてのfMRIによる妥当性の検証,日本生体磁気学会,P1-41,福岡,2011
17.   小田垣雅人,福田浩士,樋脇治,経頭蓋磁気刺激における刺激候補部位の選択による脳刺激部位推定の高速化, 日本生体医工学会/P3-2-4, 東京,2011
18.      小田垣雅人,福田浩士,村中博幸,樋脇治, "TMSにおける大脳皮質の構造を考慮した刺激部位推定法のfMRIによる妥当性の検証", 第51回日本生体医工学会, 福岡, 5月10日-12日, P1-07-5, 2012.
19.      Toshiyuki Taura, Yutaka Kikuchi, Masato Odagaki, Kazutomo Yunokuchi ,"Allocation Method of Stimulating Point in Transcranial Magnetic Stimulation Using a Magnetic Substance", 日本生体医工学会 (joint conference with IEEE EMBC),SaB11.22, 大阪,2013
20.      Kengo Tsunoda,Masato Odagaki ,Tetsumi Harakawa,"Analysis of EEG on Silent Reading UsingEmpirical Mode Decomposition",日本生体医工学会 (joint conference with IEEE EMBC),SaB16.5, 大阪,2013
 21.      田浦敏幸,菊地豊,小田垣雅人,"TMSを用いた上肢および下肢の運動誘発電位におけるリズミック運動の周波数依存性",日本生体医工学会 52(Supplement), O-513-O-514, 2014 , 仙台,2014
22.      小田垣雅人,田浦敏幸,菊地豊,"手指のリズミック運動における運動周波数に対する皮質脊髄路の興奮特性",電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2014 ,島根,2014
23.   伊藤寛知,大沢佑貴,菊地豊,小田垣雅人,今村一之,"リズミック運動における感覚モダリティが皮質脊髄路の興奮特性に与える影響",第54回日本生体医工学会大会,P3-2-5-B(2015年5月)
24.   伊藤寛知,大沢佑貴,菊地豊,小田垣雅人,"周期運動の観察によって生じるTMSによる運動誘発電位の低下",日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2015(2015年12月)
25.   大沢佑貴,伊藤寛知,小田垣雅人,菊地豊,"両示指の周期性を持つ受動運動がTMSによる運動誘発電位に与える影響",日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2015(2015年12月)
26.   大沢佑貴,伊藤寛知,菊地豊,小田垣雅人,今村一之,"指腹部に対する振動刺激がTMSによる運動誘発電位に与える影響",第54回日本生体医工学会大会,P3-2-6-B(2015年5月)
27.   兼子健汰,大沢佑貴,伊藤寛知,猪口祐次,小田垣 雅人,菊地 豊,"示指MP関節角度に依存する皮質脊髄路興奮特性の解析",第6回電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,169-172 (2016年3月)
28.   猪口祐次,伊藤寛知,,大沢佑貴兼子健汰,小田垣 雅人,菊地 豊,"経頭蓋磁気刺激におけるベクトルポテンシャル分布に基づく刺激部位推定法の開発",第6回電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,244-247 (2016年3月)
29.   小池隆元、小田垣雅人、近藤康人,"導電性繊維を用いた縟瘡予防センサおよびSNS管理システムの開発",日本福祉工学会第20回学術講演会論文集, p.121-122 (2016年11月)
30.   兼子健汰、伊藤寛知、大沢佑貴、世古悠太、小田垣雅人、菊地豊,"TMSを用いた手指の周期運動中の視覚運動統合におけるM1の興奮性に関する研究",平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会,PS1-6, pp. 1262-1263 (2016年8月)
31.   岡田富男,向井伸治,織間稔,下田真也,遠藤隆志,今村一之,石川保幸,小田垣雅人,野村保友,原川哲美,"導電性手袋を装着した手のモデル内部の電位分布の計測",日本福祉工学会第20回学術講演会論文集, p.119-120 (2016年11月)
32.   廣瀬智紀,土井弥,小田垣雅人,"運動機能評価のための高機能電子ペグボードの開発と解析方法の検討",日本福祉工学会第20回学術講演会論文集, p.113-114 (2016年11月)
33.   世古悠太,兼子健汰,大沢佑貴,伊藤寛知,小田垣雅人,菊地豊,"TMSにおける磁場分布を利用した逆問題的刺激部位推定法の妥当性の検証",平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会,PS2-6, pp. 1277-1278 (2016年8月)


学会・社会における活動状況

受賞
1. 平成28年8月  平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 優秀ポスター賞(電気学会)
2. 平成28年3月  電気学会 栃木・群馬支所合同研究会 優秀発表賞(電気学会)
3. 平成27年12月  日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2015 優秀論文発表賞(日本生体医工学会)
4. 平成20年6月     第23回 日本生体磁気学会大会 若手研究者奨励賞(日本生体磁気学会)
5. 平成20年8月     生体医工学シンポジウム2008 ベストリサーチアワード(日本生体医工学会)
6. 平成10年4月から平成14年3月 東京電機大学スカラシップ(入試成績3番以内)

招待講演

小田垣雅人,生体磁気刺激の基礎とその応用,第6回上肢の神経機能回復セミナー,秋田,2013


解説記事
小田垣雅人,磁気刺激の現状と応用技術について,財団法人 磁気健康科学研究振興財団 会報,pp.11~18,2009年9月

 

平成28年度 OB

名  前  一 言

伊 藤(寛)

頑張れよ

大 沢

頑張ります
松 山 頑張って
小 池 頑張る
伊 藤(弘) 頑張
橋 本

就職先:日本光電工業株式会社(3名,東証一部),株式会社高崎共同計算センター,三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社
外部進学先:北里大学保健衛生専門学院

平成27年度 OB

名  前  一 言
佐 藤 頑張ります
村 上 頑張る
猪 口 頑張り
小 林 頑張れ

就職先:日本無線(東証一部),小野測器(東証一部),東邦工業
外部進学先:兵庫県立大学大学院

平成26年度 OB

名  前  一 言

田 浦

がんばります
花 岡 これから頑張ります
飯 嶋 頑張りたいです
世 古 大学院でも頑張る
大 沢 本気出す
伊 藤 俺に任せろ

就職先:日本光電工業株式会社(東証一部),坂本工業株式会社,明治機械株式会社(東証二部)

平成25年度 OB

名  前  一 言
井 森 頑張ります
宮 坂 これから頑張ります

就職先:株式会社ジェイテック(東証ジャスダック),株式会社マシンエンジニアリング

平成24年度 OB

名  前  一 言
松 野 卒業したい
神 林 卒業します
金 井 卒業します

就職先:株式会社ナカヨ(東証1部),山洋電気テクノサービス株式会社


Links:

前橋工科大学
システム生体工学科

生体医工学会
生体磁気学会
IEEE
統合医療学会