科目区分 授業科目 配当年次 単位数 授業形態 卒業要件
必修 選択 講義 演習 実験

実習













心理学(前期)(後期) 2·3   2     必修1科目2単位を含む14単位以上を修得
哲学 2·3   2    
文学 2·3   2    
美術 1·2   2    
言語学 2·3   2    
文化人類学 2·3   2    
歴史学 1·2   2    
科学技術史 2·3   2    
経済学 1·2   2    
社会学 2·3   2    
マスメディア論 2·3   2    
法学 1·2   2    
日本国憲法 1·2   2    
経営学 1·2   2    
国際関係論 2·3   2    
地理学 1·2   2    
エネルギー概論 1·2 2
マネジメント概論 1·2 2
技術者倫理 1 2
生命倫理 2·3 2
保健体育 保健体育 1 2




英語A(小林)
英語A(平野)
1   2     英語4科目8単位を含む10単位以上を修得
英語B(原島)
英語B(井口)
1   2    
英語C(原島)英語C(井口)英語C(神保) 2   2    
英語D(エステイ)
英語D(内田)
2   2    
英語E(井口) 3   2    
フランス語 2   2    
ドイツ語 2   2    
中国語 2   2    





微分積分学T
(渡邊)(伊藤)(新國)
1   4     必修4科目8単位を含む20単位以上を修得
微分積分学U
(新國)(渡邊)(伊藤)
1   2    
線形代数T
(新國)(渡邊)(伊藤)
1 2    
線形代数U
(新國)(渡邊)(伊藤)
1   2    
ベクトル解析 2   2    
微分方程式 2   2    
確率統計 2   2    
関数論 2   2    
物理学T 1 2    
物理学U 1   2    
物理学V 2    2    
物理学W  2    2    
化学T 1 2
化学U 1 2
生物学T(田中)/(浜名) 1  2    
生物学U 1 2    
地学 1·2 2
天文学 1·2 2










生物工学概論 2 2       必修21科目46単位を修得
有機化学T 1 2      
有機化学U 1  2    
生物有機化学 3 2      
物理化学 2 2      
分析化学 1  2    
生化学T 2 2      
生化学U 2  2    
機器分析 3  2    
分子生物学T 2 2      
分子生物学U 2 2      
生理学 2  2    
微生物学 2 2    
遺伝子工学 2  2    
バイオ統計 2 2
情報処理演習 1 2      
生物情報処理演習 2 2    
基礎生物工学実験T 1 2      
基礎生物工学実験U 1 2      
生物工学実験T 2 4
生物工学実験U 2 4



植物生理学 3 2     必修9科目24単位を含む32単位以上を修得
植物栄養学 3    
食品生化学 3 2      
食品製造学 3 2      
機能性食品学 3   2    
微生物生理学 3   2    
微生物利用学 3 2    
糖鎖生物学 3   2    
生物化学工学 3  2    
免疫学 3   2    
公衆衛生学・関係法規 3 2      
プロテオミクス 3 2
脳神経工学 3   2    
生物工学実験V 3 2      
生物工学実験W 3 2      
バイオ技術英語T 3 2
バイオ技術英語U 3 2
卒業研究 4 8      
  • 授業形態の欄の○は1単位あたり15時間、◎は1単位あたり30時間、☆は1単位あたり45時間の授業。
  • 他学科の修得科目は、専門教育科目の専門科目として10単位までを卒業要件単位として認める。
  • 他大学等において修得した認定科目は共通教育科目の人文・社会科学科目として10単位までを卒業要件単位として認める。
  • 内容は予告無く変更されることがあります。

教職課程
科目区分 授業科目の名称 配当年次 単位数 授業形態 備考
必修 選択 自由 講義 演習 実験·
実習
教職の意義等に関する科目 教職概論 1 2 必修13科目25単位を含む25単位以上を修得
教育の基礎理論に関する科目 教育学概論 1 2
教育心理学 2 2
教育の制度と経営 1 2
教育課程及び指導法に関する科目 教育課程論 2 2
理科指導法T 2 2
理科指導法U 2 2
特別活動の理論と方法 1 2
視聴覚教育と教育工学 3 2
生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目 生徒指導法 2 2
教育相談 3 2
教育実習 教育実習事前事後指導 3 1
教育実習T 3 2
教職実践演習 教職実践演習(高) 4 2
<教育実習の開始要件>
  • 履修前年度に教育実習予備申請をしていること。
  • 原則として、教職に関する科目を4科目以上修得済みであること。
  • 「教育実習事前事後指導」を履修していること。