文字サイズ + 標準
地域連携推進センター
トップページ » 地域連携推進センター » 前橋工科大との研究活動はどのように行えますか? » Ⅱ 受託研究

Ⅱ 受託研究

jutaku_fig01.png

受託研究の主な流れ

1.申込み

企業等が前橋工科大学(以下「本学」という)に受託研究を申し込みたい場合は、「受託研究申込書」を提出していただきます。

2.契約の締結

本学の規程に基づき、受託研究申込みの内容を精査の上、受入れを決定し、受託研究の契約を締結します。

3.研究費の納付

本学からの請求書により、指定された金融機関に研究費を納付していただきます。

4.研究の実施・研究成果の報告

研究成果を委託者に報告します。

5.発明に係る知的財産権の取扱い

研究の結果生じた発明に係る知的財産権は、原則として、本学にその権利が帰属します。

受託研究に関する規程等

受託研究に関する様式

間接経費

当該受託研究の遂行に関連して直接経費以外に必要となる管理的経費で、直接経費の30%相当額を別途ご負担いただきます。
間接経費は、本学の教育・研究活動の推進、研究成果の地域への還元、産学官連携の推進体制の整備及び受託研究の管理運営に係る経費に利用されます。