文字サイズ + 標準
地域連携推進センター
トップページ » 地域連携推進センター » 最新情報 » ニュース » 国際交流支援事業(北京工業大学)を行っています。

国際交流支援事業(北京工業大学)を行っています。

2018年11月21日

前橋工科大学では毎年、北京工業大学との短期交換留学(1ヵ月間)を行っています。
今年度行われている受入および派遣事業について、紹介します。

【交換留学の目的】
平成15年3月6日に締結した「北京工業大学と前橋工科大学との協力と交流に関する協定」に基づき、学術及び教育の交流を推進することを目的として、両校の学生2名の短期交換留学を平成17年度から実施しています。本年で13回目(H21は不実施)の実施となります。

《受入(招へい)事業》
北京工業大学の大学院生1名が、平成30年11月1日から30日までの30日間滞在し、大学院生命情報学専攻/環境・生命工学専攻の鍾研究室で、知能情報学を研究しています。
また、1月にも同大学の大学院生1名が1ヵ月滞在し、研究を行う予定です。


平成30年11月1日、北京工業大学から交換留学生1名が来日。11月2日、本学の星学長に挨拶しました。

DSC06667.JPG
DSC06672.JPG
[学長に挨拶]
[左から、北京工業大学の郐(KUAI)さん、
星学長、鍾教授]
北京工業大学からの交換留学生が、鍾研究室で研究中です。
DSC06778-1.JPG DSC06779-1.JPG
[左から、北京工業大学の郐(KUAI)さん、
鍾教授、澤田さん(12月派遣者)、
万さん(H29年度派遣者)]
[鍾研究室の様子]

《派遣事業》
前橋工科大学の学部生の田島さん(システム生体工学科)が、平成30年9月24日から平成30年10月19日までの26日間、北京工業大学 国際WIC研究院 呂研究室で、知能情報学を研究しました。
また、平成31年12月9日から30日までの22日間に、澤田さん(生命情報学科)が同研究室で知能情報学を研究予定です。

IMG_1550.JPG IMG_1565.JPG
[北京工業大学] [研究室のある棟(正面)]