文字サイズ + 標準
地域連携推進センター
トップページ » 地域連携推進センター » 最新情報 » ニュース » 「第12回群馬産学官金連携推進会議」実施報告

「第12回群馬産学官金連携推進会議」実施報告

2016年8月 9日

 平成28年8月1日(月)、前橋商工会議所において、企業、大学、行政、金融関係等多くの皆様にご参加いただき、「第12回群馬産学官金連携推進会議」を盛大に開催いたました。
 基調講演では、NPO法人科学技術と人類の未来に関する国際フォ-ラム 尾身幸次理事長から『科学技術政策の新展開』、文部科学省 坂本修一課長から『今求められる大学発イノベーション』、経済産業省 田中英治室長から『産学連携活動の更なる深化に向けて』、北陸先端科学技術大学院大学 寺野稔総括理事から『Matching HUBによる地域連動型イノベーション創生システムの構築』をテーマに、産学官金連携に係る大変貴重なお話をいただきました。
 それに続くテクニカルセッションでは、セッションⅠ『健康・医療で新産業を興すにはどうしたらいいか』、セッションⅡ『IT・観光で新産業を興すにはどうしたらいいか』、セッションⅢ『環境・エネルギーで新産業を興すにはどうしたらいいか』の3セッションが行われ、本学からはセッションⅠに松本浩樹准教授、セッションⅡに森田哲夫教授、セッションⅢに三田村輝章准教授がパネリストとして参加しました。各セッションとも、会場の皆様と意見交換や質疑応答などが活発に行なわれ、盛況のうちに終了しました。
 その後のポスターセッションにおいても本学の10研究室が参加し、担当教員・学生が参加者に研究内容の発表を行いました。
 また、セッション終了後にはビジネス交流会が開催され、産学官金連携の推進が図られました。

本学ポスターセッション出展者

テーマ 出展内容 発表者
健康・医療 小動物用MRI計測システムの開発 システム生体工学科
小田垣 雅人
脳ビッグデータから知恵を提供するシステム 生命情報学科
鍾 寧
ICTを用いた健康・医療での新産業 システム生体工学科
松本 浩樹
IT・メカトロ 車いす用簡易型電動駆動ユニットの開発 システム生体工学科
朱 赤
装着型計量パワーアシストスーツの開発 システム生体工学科
朱 赤
環境・エネルギー 現代版「土壁の家」づくりのために 建築学科
石川 恒夫
電気化学的手法による中和処理・資源回収 社会環境工学科
田中 恒夫
表層地中熱を活用した健康・省エネ住宅 建築学科
三田村 輝章
世界遺産を支える富岡交通まちづくり 社会環境工学科
森田 哲夫
食品・生活・地域 食品成分の生理機能探索及び解析 生物工学科
薩 秀夫
機能性素材としての桑葉の利用に関する研究 生物工学科
本間 知夫

以下、開催風景

sangaku12-1.jpg主催者挨拶:星学長

sangaku12-2.jpg来賓挨拶:山本市長

sangaku12-3.jpg

基調講演

sangaku12-6.jpgテクニカルセッションⅠ 松本准教授

sangaku12-5.jpgテクニカルセッションⅡ 森田教授

sangaku12-4.jpg

テクニカルセッションⅢ 三田村准教授

sangaku12-8.jpg

テクニカルセッション 会場風景

sangaku12-7.jpg

ポスターセッション 会場風景