文字サイズ + 標準
地域連携推進センター
トップページ » 地域連携推進センター » 最新情報 » イベント » 産学連携フォーラム(28年度公募型共同研究成果発表会)を開催しました。

産学連携フォーラム(28年度公募型共同研究成果発表会)を開催しました。

2017年8月 3日

平成29年7月27日(木)、本学1号館2階教授会室において産学連携フォーラムを平成28年度公募型共同研究事業成果発表会として行いました。

当日は発表参加チーム15チーム34名をはじめ、ご招待者20名、一般参加者7名、学生1名、報道関係者1名の計63名のご参加をいただきました。

各チームとも熱心な意見発表が行われ、盛況のうち終了いたしました。

開催風景

DSC04929.JPG

DSC04934.JPG DSC04935.JPG

挨拶:市長代理

川端産業政策課長

  司会:鵜野学務課長    

発表司会:下田副センター長

DSC04939.JPG

DSC04941.JPG DSC04947.JPG

カイエー共和コンクリート㈱

チーム

 

宮田コンクリート工業(有)

チーム

  

(有)里源 チーム

DSC04950.JPG

DSC04956.JPG DSC04960.JPG
 富士油圧精機㈱ チーム  ㈱ヤマト(アイススラリ) チーム 

㈱AUC チーム

DSC04963.JPG

DSC04969.JPG DSC04977.JPG
  蔦井㈱ チーム   ㈱アドテックス チーム   ㈱ろけっと開発 チーム

DSC04981.JPG

DSC04987.JPG DSC04992.JPG

 ㈱ワークジョイチーム 

 ㈱英技研チーム

 ㈱ヤマト(温浴事業)チーム 

DSC04998.JPG

DSC05002.JPG DSC05011.JPG
㈱大道産業 チーム  ㈱フジサワ チーム ㈱ライリイ・コーポレーション チーム
DSC05020.JPG DSC04931.JPG DSC04968.JPG
講評:星 学長 会場風景 会場風景

公募型共同研究補助金事業の概要

  • 事業概要 本補助金は、前橋市(産業政策課)が前橋工科大学を窓口に実施する。地元企業等は前橋工科大学との研究計画を作成の上、補助申請書を前橋市に提出する。 決定を受けた地元企業等は、前橋工科大学との共同研究を行い、要した対象経費について補助金の交付を請求することができる。
  • 研究費負担割合 企業1/3、前橋市2/3
  • 補助対象 事業費ベースで上限750万円、下限100万円

※公募型共同研究補助金事業は平成28年度をもって終了いたしました。

公募型共同研究一覧(平成28年度)

企業名 研究テーマ
カイエー共和コンクリート 株式会社 プレキャストRC部材接合用 拘束型鉄筋継手の実用化の研究 開発結果報告書.pdf

宮田コンクリート工業

有限会社

耐凍害性コンクリート製品の開発 開発結果報告書.pdf

有限会社 里源

植物性廃棄物の効率的なコンポスト化技術の検討 開発結果報告書.pdf
富士油圧精機      株式会社 キズが発生しない高速上取り式カード捌き装置の開発 開発結果報告書.pdf
株式会社 ヤマト CO2冷凍機による不凍液のアイススラリー化(シャーベット化)技術を適用したCO2 UEIシステムの事業化研究 開発結果報告書.pdf
株式会社 AUC 遠心分離の自動装置開発 開発結果報告書.pdf
蔦井 株式会社

打音による床版コンクリート等の健全度測定システム(T.T.Car) 開発結果報告書.pdf

株式会社 アドテックス

自己学習機能を持つ、予測制御を用いた小型モータを含めた汎用自動制御装置の開発

 開発結果報告書.pdf

株式会社 ろけっと開発

高齢者介護施設および移動販売事業者をマンマシンインターフェースで結ぶ買い物支援システムの開発 開発結果報告書.pdf
株式会社ワークジョイ 電子ペグボード・システムの開発 開発結果報告書.pdf
株式会社 英技研 数値化されたシャワー水の実現による手洗環境の革新 開発結果報告書.pdf
株式会社 ヤマト 温浴施設における安全性及び省エネルギーの最適化システムの開発 開発結果報告書.pdf
株式会社 大道産業 IT技術を備えた新しい抽出自動化装置群の開発 開発結果報告書.pdf
株式会社 フジサワ 介護施設における光触媒最適設計手法の開発並びに効果検証 開発結果報告書.pdf
株式会社 ライリイ・コーポレーション 遮熱・断熱・防火性能を持つ高性能樹脂窓の開発 開発結果報告書.pdf