文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介教職センター ≫ 菅原  一晴 (すがわら かずはる)
Teaching Profession Center 教職センター

菅原  一晴 (すがわら かずはる)

sugawara.jpg工学部/教職センター   教授
大学院工学研究科/研究科共通/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 分析化学 電気化学 科学教育
担当授業科目 物理化学 理科指導法I 理科指導法II 教育実習 
教教育実習事後指導 教職実践演習 データ解析特論(大学院)

私のプロフィール

 学生時代から、室蘭工業大学、北見工業大学、前橋工科大学とInstitute of Technologyに縁があります。 講義・実験においては、学ぶことの大切さを伝えていきたいと思います。

最終学歴 北海道大学大学院理学研究博士課程修了
学位 博士(理学) 修士(工学)
所属学会 日本化学会 日本分析化学会 アメリカ化学会 日本理科教育学会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

1) バイオマテリアルを反応場とした生体分子間結合のモニタリング
2) マイクロビーズを用いた生体分子のセンシング法の開発
3) カーボン材料の電気化学的測定法への応用

キーワード

バイオマテリアル、生体適合材料、ケミカルバイオロジー、化学センサ、バイオセンサ

現在取り組んでいる研究内容

環境や人間にやさしいケミカルバイオロジーに関する研究を進めており、以下の研究テーマに取り組んでいます。

1) 生体内で起こるタンパク質-リガンド間結合は様々な情報伝達に関与しているため、バイオマテリアル表面上においてその結合を評価しin vivoでの利用を目指しています。

2) 擬似細胞としてアミノ基やカルボキシル基を表面に有するマイクロビーズを利用した生体分子センシングのシステムを構築しています。擬似細胞をデザインするアプローチとして、ビーズ表面にスペーサを介した糖鎖の導入や分子認識タンパクの固定化を行ないバイオセンサを開発しています。

3) 細胞膜透過性ペプチドをベースとしたペプチドに機能性分子を結合させたプローブを構築し、細胞の電気化学的センシング、ドラックデリバリーなどに関する研究を展開しています。

主な研究業績

論文

1) K. Sugawara, T. Kadoya, and H. Kuramitz: Electrochemical sensing of concanavalin A using a non-ionicsurfactant with a maltose moiety, Anal. Chim. Acta, Vol. 814, pp. 55~62(2014)

2)K. Sugawara, T. Kadoya, H. Kuramitz, and S. Tanaka: Voltammetric detection of ovalbumin using a peptide labeled with an electroactive compound, Anal. Chim. Acta,Vol. 834, pp. 37~44 (2014)

3)K. Sugawara, T. Kadoya, and H. Kuramitz, Construction of a peptide with an electroactive daunomycin like a pendant arm to detect ovalbumin, Anal. Chim. Acta, Vol. 857, pp. 71~78 (2015)

4)K. Sugawara, T. Kadoya, H. Kuramitz, Monitoring of the interaction between U937 cells and electroactive daunomycin with an arginine-rich peptide, Bioelectrochemistry, Vol. 105, pp. 95~102 (2015)

5)H. Shinohara, H. Kuramitz, K. Sugawara, Design of an electroactive peptide probe for sensing of a protein, Anal. Chim. Acta, Vol. 890, pp. 143~149 (2015)

6)K. Imai, T. Okazaki, N. Hata, S. Taguch, K. Sugawara, H. Kuramitz, Simultaneous Multiselective Spectroelectrochemical Fiber-Optic Sensor: Demonstration of the Concept Using Methylene Blue and Ferrocyanide, Anal. Chem., 87, pp. 2375~2382 (2015)

7) K. Sugawara, H. S hinohara, T. Kadoya, H. Kuramitz: Sensing lymphoma cells based on a cell-penetrating/apoptosis-inducing/electron-transfer peptide probe, Anal. Chim. Acta, Vol. 924, pp. 106~113 (2016)

8) I.Inaba,H. Kuramitz, K. Sugawara: Electrochemical Sensing of Casein Based on the Interaction between Its Phosphate Groups and a Ruthenium(III) Complex, Anal. Sci. Vol. 32, pp. 853~859 (2016)

9) H. Jiang, M.S. Islam, K. Sazawa, N. Hata, S. Taguchi, S. Nakamura, K. Sugawara, H. Kuramitz: Development of an Electrochemical Bioassay Based on the Alkaline Phosphatase Activity of Chlamydomonas reinhardtii to Assess the Toxicity of Heavy Metals, Int. J. Electrochem. Sci. Vol. 11, pp. 5090~5102 (2016)

共同研究

件数:2