文字サイズ + 標準

教員情報の最近の記事

菅原  一晴 (すがわら かずはる)

| コメント(0) | トラックバック(0)

sugawara.jpg工学部/教職センター   教授
大学院工学研究科/研究科共通/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 分析化学 電気化学 科学教育
担当授業科目 物理化学 理科指導法I 理科指導法II 教育実習 
教教育実習事後指導 教職実践演習 データ解析特論(大学院)

私のプロフィール

 学生時代から、室蘭工業大学、北見工業大学、前橋工科大学とInstitute of Technologyに縁があります。 講義・実験においては、学ぶことの大切さを伝えていきたいと思います。

最終学歴 北海道大学大学院理学研究博士課程修了
学位 博士(理学) 修士(工学)
所属学会 日本化学会 日本分析化学会 アメリカ化学会 日本理科教育学会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

1) バイオマテリアルを反応場とした生体分子間結合のモニタリング
2) マイクロビーズを用いた生体分子のセンシング法の開発
3) カーボン材料の電気化学的測定法への応用

キーワード

バイオマテリアル、生体適合材料、ケミカルバイオロジー、化学センサ、バイオセンサ

現在取り組んでいる研究内容

環境や人間にやさしいケミカルバイオロジーに関する研究を進めており、以下の研究テーマに取り組んでいます。

1) 生体内で起こるタンパク質-リガンド間結合は様々な情報伝達に関与しているため、バイオマテリアル表面上においてその結合を評価しin vivoでの利用を目指しています。

2) 擬似細胞としてアミノ基やカルボキシル基を表面に有するマイクロビーズを利用した生体分子センシングのシステムを構築しています。擬似細胞をデザインするアプローチとして、ビーズ表面にスペーサを介した糖鎖の導入や分子認識タンパクの固定化を行ないバイオセンサを開発しています。

3) 細胞膜透過性ペプチドをベースとしたペプチドに機能性分子を結合させたプローブを構築し、細胞の電気化学的センシング、ドラックデリバリーなどに関する研究を展開しています。

主な研究業績

論文

1) K. Sugawara, T. Kadoya, and H. Kuramitz: Electrochemical sensing of concanavalin A using a non-ionicsurfactant with a maltose moiety, Anal. Chim. Acta, Vol. 814, pp. 55~62(2014)

2)K. Sugawara, T. Kadoya, H. Kuramitz, and S. Tanaka: Voltammetric detection of ovalbumin using a peptide labeled with an electroactive compound, Anal. Chim. Acta,Vol. 834, pp. 37~44 (2014)

3)K. Sugawara, T. Kadoya, and H. Kuramitz, Construction of a peptide with an electroactive daunomycin like a pendant arm to detect ovalbumin, Anal. Chim. Acta, Vol. 857, pp. 71~78 (2015)

4)K. Sugawara, T. Kadoya, H. Kuramitz, Monitoring of the interaction between U937 cells and electroactive daunomycin with an arginine-rich peptide, Bioelectrochemistry, Vol. 105, pp. 95~102 (2015)

5)H. Shinohara, H. Kuramitz, K. Sugawara, Design of an electroactive peptide probe for sensing of a protein, Anal. Chim. Acta, Vol. 890, pp. 143~149 (2015)

6)K. Imai, T. Okazaki, N. Hata, S. Taguch, K. Sugawara, H. Kuramitz, Simultaneous Multiselective Spectroelectrochemical Fiber-Optic Sensor: Demonstration of the Concept Using Methylene Blue and Ferrocyanide, Anal. Chem., 87, pp. 2375~2382 (2015)

7) K. Sugawara, H. S hinohara, T. Kadoya, H. Kuramitz: Sensing lymphoma cells based on a cell-penetrating/apoptosis-inducing/electron-transfer peptide probe, Anal. Chim. Acta, Vol. 924, pp. 106~113 (2016)

8) I.Inaba,H. Kuramitz, K. Sugawara: Electrochemical Sensing of Casein Based on the Interaction between Its Phosphate Groups and a Ruthenium(III) Complex, Anal. Sci. Vol. 32, pp. 853~859 (2016)

9) H. Jiang, M.S. Islam, K. Sazawa, N. Hata, S. Taguchi, S. Nakamura, K. Sugawara, H. Kuramitz: Development of an Electrochemical Bioassay Based on the Alkaline Phosphatase Activity of Chlamydomonas reinhardtii to Assess the Toxicity of Heavy Metals, Int. J. Electrochem. Sci. Vol. 11, pp. 5090~5102 (2016)

共同研究

件数:2

小林 清 (こばやし きよし)

kobayashi-k.jpg工学部/教職センター 教授

専門分野 学校経営 教育行政 教師教育 教科教育学
担当授業科目 教職概論 教育の制度と経営 特別活動の理論と方法
教職実践演習 教育実習 教育実習事前事後指導 保健体育

私のプロフィール

学校現場において教諭、管理職として、教育行政において指導主事、管理主事としておよそ30年間勤務し、教員の採用、指導、研修、学校経営に携わってきました。また、この間、文科省のマネジメント研修カリキュラム等開発会議委員として、新しい研修プログラム作成に携わり普及実践などを行ってきました。実務家教員としてこれまでの経験を生かし、平成22年度より開設された教職課程の円滑な運営に努め、次代を担う優秀な教員の養成に取り組みます。趣味は栃木・群馬民謡八木節演奏、スキー(全日本スキー連盟指導員)です。

最終学歴 宇都宮大学大学院教育学研究科修士課程修了
学位 修士(教育学)
所属学会 日本教育経営学会 日本教育行政学会 日本教師教育学会
大塚学校経営研究会 日本体育学会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

学校経営制度の変化に伴う学校ガバナンスの在り方、組織・経営理論と学校経営研究(学校評価、組織マネジメント)、教師の成長と教師教育、学校組織の活性化、スポーツ教育

キーワード

学校経営、教育行政、教師教育、教科外教育、学校組織開発、体育科教育

現在取り組んでいる研究内容

戦後に行われた学校教育改革には三つの節がある。戦後の民主化を推し進めた第1の改革期、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の制定に基づき秩序づくりをした第2の改革期。そして「今後の地方教育行政の在り方」中教審答申後の第3の改革期である。現在は第3の改革期にあたり、新しい行政経営の考えを色濃く反映し「学校の自主性・自律性の確立」を目指したマネジメント改革が展開されている。しかし、新たな制度改革や取り組みの強化には不確実性や曖昧性を含みながら矢継ぎ早に学校現場に導入されたため、改革が児童生徒の教育活動の成果向上に繋がっているのか疑問や課題も指摘されてきている。このような現状を踏まえ、学校の組織統制の視点や組織開発の視点から総合的な分析を通し、人材育成や学校経営のサポートシステム構築を目指し、研究開発を進めている。

主な研究業績

著書

1) 小林清「児童・生徒による評価の進め方」,亀井浩明・小松郁夫編著:こうして使おう学校評価ガイドライン, 教育開発研究所, pp.78-83 (2006)

2) 小林清「管理職・中堅のマネジメント力をどう磨くか」,教職研修,第464号, pp.40-43(2011)

3) 小林清「教頭の調整・補佐機能をいかに発揮するか」,藤井穂高編著:教頭の仕事術,教育開発研究所,pp.14-21 (2012)

4) 書評『学校を変える新しい力』,学校経営研究,第38巻, pp.71-78 (2013)

5)「学校施設の損壊」「その時、校長会は」,天笠茂編著:東日本大震災と学校,学事出版,pp.68-76,113-120 (2013)

6)「10年間の教育経営改革を振り返って」学校経営研究,第40巻,pp.92-109 (2015)

7)「学校経営参画における大切な視点」平成27年度学校事務研究大会記録集,栃木県公立学校事務職員研究協議会,pp.30-52(2016)

8)「チーム学校と組織マネジメント」,別冊教職研修,教育開発研究所,pp.28-32 (2016)

「頻出面接問題演習」シリーズ解説,月刊教職研修,教育開発研究所,p.126 (2016.10-)

論文

1) 小林清:市町村教育委員会における指導主事を通した学校支援の在り方,学校経営研究, 第37巻, pp.18-28 (2012)

2) 小林清:書評『学校を変える新しい力』,学校経営研究,第38巻, pp.71-78 (2013)

共同研究

1) 文部科学省委託研究、研究代表北神正行「学校運営の在り方に関する調査研究」(2010)

2)文部科学省委託研究、研究代表小松郁夫「学校の総合メネジメント力の強化に関する調査研究」(2015)

その他

1) 鳥取県教育委員会主催教頭基礎研修講師「学校の危機管理と教頭の役割」(2008-2010, 2013-) 

2) 群馬県前橋市教育委員会主催校長研修会講師「協働プロセスを通した校長のマネジメント」(2010)

3) 群馬県前橋市総合教育プラザ主催務主任研修会講師「学校評価の考え方と学校経営」(2010,2012)

4) 新潟県立教育センター主催高等学校新任教頭研修会講師「学校組織マネジメント概論」(2013-)

5) 群馬県公立小中学校・特別支援学校事務長会研修講師「変化する学校経営と事務長への期待」(2013)

6) 栃木県芳賀郡市中学校長会主催研修講師「東日本大震災に学ぶ危機管理」(2014) 

7) 群馬県前橋市総合教育プラザ主催特別活動推進研修講師「子どもたちの主体性を育てる学級活動の充実」(2014) 

8) 兵庫県教育委員会主催県立学校管理職(教頭)研究協議会講師「新しい時代に対応した学校づくりと管理職のリーダーシップ」(2014)

9) 独立行政法人教員研修センター主催教職員等中央研修副校長・教頭等研修講師「学校組織マネジメント」(2014-2016)

10)福島県教育委員会主催県北地区校長研修講師「新たな人事評価制度にかかる研修」(2015)

11) 栃木県公立学校事務職員研究協議会全体研修講師「学校経営参画における大切な視点」(2015)

12) 新潟県立教育センター主催12年経験者研修講師「学校運営参画における中堅教員の在り方」(2015-)

メインページ | アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち教員情報カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。