文字サイズ + 標準
トップページ教育情報の公表 ≫ 大学の理念・目的・目標 工学部

大学の理念・目的・目標 工学部

教育理念

 真理の追究及び地域住民の生活の質を豊かにし安全を守る科学技術の創成に向けて、工学部及び大学院工学研究科において、専門性に加えて、国際的視野・倫理を踏まえた総合的な判断力を具え、自立して国内外の社会において活躍できる高度専門技術者及び若手研究者を養成する。

ア 探求心の育成

 各教育課程において遭遇する疑問に対し、その解決の糸口を探求する意欲と能力を育成する。

イ 合理的な判断能力と統合能力の育成

 学究活動において遭遇する様々な問題点について、関連技術、文化、自然環境などの背景及び環境社会への影響を含めて統合的に整理し、解決策について合理的に判断する能力を育成する。

ウ 豊かな人間性、倫理観、社会貢献に対する自主性の育成

 基礎教育及び専門教育を通した学問的、技術的資質の向上に加え、学内外の様々な活動への参加により豊かな人間性を培い、技術者、研究者及び社会人としての倫理観を身につけ、社会貢献の意義を理解し、自主的に社会活動に参加する積極性を育成する。

エ 語学力及び情報活用能力の育成

 技術者又は研究者として国際的に活動するために、実践的語学力を身につけ、多様な情報を統合活用する能力を育成する。

学士教育の目的・目標

 学士教育においては、下記に掲げる目的・目標を基盤として学士教育を展開するとともに、それぞれの学科は、学科の特徴を反映する目的・目標を併せて掲げ、特徴ある教育の達成に努める。

ア 基礎教育

 知の集積と体系への関心を導き、幅広い教養を養い、豊かな人間性の醸成を促す。
 応用と実学に立脚した学問領域である工学の基礎教育においては、後続の専門教育との連携が教育成果を高める上で重要であるとの認識に立って、専門教育に必要な基礎学力を着実に身につけさせるとともに、合わせて人格形成教育を実施する。

イ 学部専門教育

 急速な分野融合と技術革新を伴って高度化かつ多様化する専門分野、多様化する価値観等、社会環境の変化に柔軟かつ的確に対応する素養を培い、卒業後、社会の様々な分野で指導的役割を担うことができる専門的素養のある人材を育成する。基礎教育の成果を踏まえて、各専門分野における基本理念を理解させるとともに、専門基礎と応用の知識を習得させ、社会において実践するための基盤となる能力を養う。

学科の教育

社会環境工学科      建築学科       生命情報学科

システム生体工学科     生物工学科     総合デザイン工学科

新しいウィンドウで開きます。