文字サイズ + 標準
トップページ教育情報の公表 ≫ 卒業要件・単位取得認定(学部)

卒業要件・単位取得認定(学部)

単位

各授業科目の単位数は、教室内及び教室外を合わせて45時間の履修時間を必要とする内容をもって1単位とし、授業の方法に応じ次の3つの基準により計算する。

(1) 講義については、15時間の授業をもって1単位とする。
(2) 演習については、30時間の授業をもって1単位とするが、別に定める授業科目は15時間の授業をもって1単位とする。
(3) 実験、実習及び実技については、45時間の授業をもって1単位とするが、別に定める授業科目は30時間の授業をもって1単位とする。

卒業要件

(1) 卒業の要件

本学を卒業するためには、4年以上(編入の場合は2年以上)在学し、所定の単位数(124単位)以上を履修し、単位を修得しなければならない。
※詳細は履修規程第7条別表のとおり   前橋工科大学履修規程[PDF758.9KB]

(2) 卒業研究の履修条件

専門科目中の卒業研究を履修するためには、3年以上(編入の場合は1年以上)在学し、次の条件を備えていることが必要である。(総合デザイン工学科を除く)

  ・平成19年度(2007年度)~平成22年度(2010年度)入学生
    
①基礎教育科目中、1年次及び2年次の必修科目の単位をすべて修得していること。
    ②卒業に必要な単位数の4分の3(93単位)以上を修得していること。

  ・平成23年度(2011年度)~平成26年度(2014年度)入学生
    
①1年次及び2年次の必修科目の単位をすべて修得していること。
    ②卒業に必要な単位数の4分の3(93単位)以上を修得していること。
    ③学科で別に定める要件を満たしていること。

  ・平成27年度(2015年度)以降入学生
   
 ①1年次及び2年次の必修科目の単位をすべて修得していること。
    ②共通教育科目(総合デザイン工学科は基礎教育科目)の卒業要件の単位数を
      すべて修得していること。
    ③卒業に必要な単位数の4分の3以上を修得していること。
    ④学科で定める要件を満たしていること。

単位取得認定

(1) 単位認定

単位は試験の成績、レポート、論文、出席状況及び平常の学習状況・成績等を総合評価して与えられる。
その具体的な方法については、各授業科目の担当教員が定める。
原則として、出席日数が授業時間の3分の2以上でなければ単位は認定されない。

(2) 成績評価

成績の評価は100点を持って満点とし、60点以上をもって合格とする。
成績はS・A・B・C・Dの記号をもって表し、その区分は下図のとおりである。

S 90点以上 100点まで
A 80点以上 90点未満
B 70点以上 80点未満
C 60点以上 70点未満
D 60点未満 (不合格)

※評価の基準(100点満点)

(3) 成績表の配布

成績表は学期末に本人及び保護者宛に郵送する。送付先は保護者の住所宛てに郵送するので、住所変更がある場合は速やかに届け出ること。

(4) 入学前の既修単位

【1】学生が本学入学前にほかの大学、短期大学または高等専門学校において修得した授業科目の単位を、本学における授業科目の履修により修得したものとみなし、30単位を限度として卒業に必要な単位とすることができる。ただし、申請は36単位まで申請することができる。

【2】入学前に既修得単位の申請をしなかった学生で、既修得単位の申請を希望する学生は、原則として入学年度の授業開始後15日以内に申請しなければならない。

【3】申請には、事務局で配布する「既修得単位認定申請書」に必要事項を記入し、成績証明書及びシラバス (シラバスは申請後、後日返却)を添えて提出すること。