文字サイズ + 標準
トップページ教育情報の公表 ≫ 入学者受入方針(アドミッションポリシー)

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

前橋工科大学入学者受入方針(アドミッションポリシー)


 本学は工学系領域の各専門分野における真理の追究に向けて、また、地域社会の生活の質を豊かにし、広く安全を守る科学・技術の探求に向けて努力することのできる学生を求めています。更に、専門性に加えて、技術者として国際的視野や倫理感を備え、総合的な判断力を養いうる素養をもち、かつ、国内外の社会において自立して活躍できることが期待される向上心のある学生を求めています。

 本学の各学科では次のような学生を広く求めます。

各学科の入学者受入方針(アドミッションポリシー)


[社会環境工学科]

① 教育理念

社会環境工学科では、社会資本の整備や自然環境の保全に取り組む土木・環境工学(Civil and Environmental Engineering)分野の技術者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような学生を求めています。

・道路、河川、港湾、鉄道、都市施設の整備・維持管理方法、地震や大雨による自然災害から市民生活を守るための対策、種々の環境問題に関心を持っている

・広くものづくりに関心が高く、自然現象や社会現象の調査分析・実験などを通じて自然科学や社会科学の原理原則を探求したい

③ 評価の観点

公共の福祉についておもんばかる想像力、専門分野の技術者として備えるべき基礎学力、自らの問題意識を社会とのかかわりの中で活かすことを目的とした提案力を涵養するための基盤となる数学・英語・理科・国語等、特に数学・物理の基礎的学力を評価します。

高等学校等での修得すべき科目は、数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(あるいは同等の科目)、理科では、物理(物理基礎を含む)及び英語で、入学時までにこれらの科目の内容を理解していることが望まれます。


[建築学科]

① 教育理念

建築学科では、社会福祉や自然環境への配慮に加え、安全、健康、安らぎ、豊かさ等、文化的・芸術的な視点から建築と都市のデザインやマネジメントを推進する設計者と技術者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような学生を求めています。

・科学、社会、技術、芸術等の広い分野に関心を持っている

・建築や都市の企画・設計・施工・監理・マネジメント等に関わる業務に従事したい

③ 評価の観点

 広い視野と発想力,洞察力、問題発見能力、集中力、持続力、コミュニケーション力等の基盤となる数学・英語・理科・国語等、特に数学の基礎的学力を評価します。

高等学校等での修得すべき科目は、数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(あるいは同等の科目)、理科では、物理(物理基礎を含む)及び英語で、入学時までにこれらの科目の内容を理解していることが望まれます。


[生命情報学科]

① 教育理念

生命情報学科では、生命現象を情報科学により分析・解明して人の健康・福祉に貢献し、情報科学を発展させて行くことのできる研究者と技術者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような学生を求めています。

・プログラミング、システム,ネットワーク、物理、化学、生物等の広い分野に関心を持っている

・将来生命科学 (製薬、医療機器等)及び、情報科学 (データベース開発、情報システム開発等)に関わる業務に従事したい

                                                                                                                                                                              

③ 評価の観点

広い視野と理解力、問題発見能力、分析力、解決力の基盤となる数学・理科等の基礎的学力を評価します。

高等学校等での修得すべき科目は、数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(あるいは同等の科目)、理科では、物理(物理基礎を含む)、 化学(化学基礎を含む)、生物(生物基礎を含む)(あるいは同等の科目)のうち1つ以上及び英語で、入学時までにこれらの科目の内容を理解していることが望まれます。


[システム生体工学科]

① 教育理念

システム生体工学科では、工学と医科学との融合分野における健康長寿の社会的ニーズの実現に向けて、生体に関する医科学の基礎と電気電子・機械・情報・計測制御等の工学基盤技術を学び、福祉や医療の分野で貢献できる技術者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような学生を求めています。

・工学と医科学の学際領域で活躍できる技術者を目指している

・生体工学・メカトロニクスなどの学問に興味があり、人々の健康・福祉に貢献したい

・福祉や医療の機器・システムに関心を持ち、その設計開発を行いたい

・自ら考え、学ぶ力を高め、社会的要請に果敢に挑戦する意欲がある

③ 評価の観点

工学を学ぶのに必要となる数学・理科・英語・国語等の基礎的学力を評価します。

高等学校等での修得すべき科目は、数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(あるいは同等の科目)、理科では、物理(物理基礎を含む)、 化学(化学基礎を含む)、生物(生物基礎を含む)(あるいは同等の科目)のうち1つ以上及び英語で、入学時までにこれらの科目の内容を理解していることが望まれます。


[生物工学科]

① 教育理念

生物工学科では、生物の多様な能力を食品の生産や医薬品をはじめとする有用化合物の製造、地球環境・地域環境の保全と浄化に役立てる知識を持った技術者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような学生を求めています。

・動植物や微生物の示す様々な形態や生理現象の発現の仕組みに関わる化合物やタンパク質、遺伝子等について学びたい

・食品が生体内で示す様々な作用の仕組みについて学び、健康の維持と増進等で、社会に役立てたい

・地球環境の保全や汚染された環境の浄化・修復に生物の能力を利用するための知識や技術の修得に意欲がある

・学んだことを生かして社会に貢献する意欲を持ち、積極的に勉学に取り組むことができる

③評価の観点

自然科学、工学の知識を収集・理解し、情報や自分の考えを伝えるための基盤となる国語・数学・理科・英語等の高等学校等で学ぶ基礎的学力を評価します。

高等学校等での修得すべき科目は、数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(あるいは同等の科目)、理科では、物理基礎、化学(化学基礎を含む)、生物(生物基礎を含む)(あるいは同等の科目)、国語(古典を除く)及び英語で、入学時までにこれらの科目の内容を理解していることが望まれます。

教職課程

生物工学科において、高等学校教諭一種免許状(理科)を取得することができます。

教職課程では、教育に対する深い理解と教職に対する強い情熱を持ち、教育の専門家として確かな力量を備え、総合的な人間力を持って生徒に援助ができる実践的指導力を兼ね備えた教員の養成を目指しています。

そのために、次のような学生を求めています。

・人と人とのかかわりを大切にでき、教育に関心がある

・自然科学を総合的にとらえ、広く理解している

・グループワークにおいて目標を定め、協力しながらその目標を達成できる


[総合デザイン工学科]

総合デザイン工学科 アドミッション・ポリシー

① 教育理念

総合デザイン工学科では、主に働きながら学ぶ意欲のある人を対象として、人々の暮らしを豊かにするためのデザインに求められる基本的な考え方と表現を修得していると共に、そのデザインを実現するための構造・材料・設備の知識や情報技術についても修得している専門技術者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような学生を求めています。

・地域社会に貢献したい

・デザイナー、建築家としての確かな基礎知識や技術を身につけたい

・構造家、設備系技術者、情報技術者として活躍したい

・基礎的な倫理観や教養、専門的な知識に基づく、独創的な発想力と問題解決能力を身につけたい

・既に社会人であり、工学的専門知識を学び、将来的に仕事に活かしたい

③ 評価の観点

専門的知識を学ぶのに必要となる数学・理科の基礎的学力、専門的な技術を身につけるのに必要とされる想像力・理解力・描写力・表現力、独創的な発想力と問題解決能力についての資質を評価します。

高等学校等での修得すべき科目は、数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(あるいは同等の科目)、理科では、物理基礎(できれば物理も)及び英語で、入学時までにこれらの科目の内容を理解していることが望まれます。

総合デザイン工学科は、主として夜間および土曜日に授業を開講しています。

前橋工科大学大学院工学研究科入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)


博士前期課程
 国内外を問わずに、独創的な発想力と、研究に対する実行力を持ち、専門分野を極めて修士(工学)の学位を取得したいという意欲のある人材を求めています。 

博士前期課程各専攻入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)


[建設工学専攻]

① 教育理念

建設工学専攻は、地域防災分野、地域計画分野、および地域環境整備分野を3つの柱とし、地域の地盤特性の解明や、構造物に関する技術開発、地域社会における種々の計画課題への対応、循環型社会の形成を目ざした環境整備に関する技術開発等を担う高度専門技術者、研究者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような資質を持った人材を求めています。

・社会基盤を構成する道路、河川、港湾、鉄道、都市施設等々に生じている諸問題や関連する環境問題を工学的視点で調査、研究したことがある

③ 評価の観点

専門的な諸問題を解決する能力を重視するため、材料・構造分野、地域計画分野、および地域環境整備分野の専門知識と英語の能力により評価します。また,技術開発等を担う技術者・研究者となりうる資質を確認するため、面接により評価します。

[建築学専攻]

① 教育理念

建築学専攻は、建築計画・意匠分野、建築構造・材料分野、および建築環境・設備分野を3つの柱とし、自然と調和した生活環境を構成するデザインと技術を教育研究します。建築デザインを社会的行為として捉え、より高度化・複雑化する建築構造と環境工学を理解し、自由な建築空間の創造に寄与するとともに、倫理観を備えた建築家、高度専門技術者、研究者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような資質を持った人材を求めています。

・科学、技術、芸術、経済などの幅広い知識を備え、かつ専門分野を極めたい

・都市や建築、インテリアの設計・施工・監理および行政、研究等に関わる専門業務に従事したい

③ 評価の観点

 建築計画・意匠分野、建築構造・材料分野、および建築環境・設備分野の専門知識と英語の能力により評価します。また、多角的視野を備え、客観的なデータに基づいた論理的思考力、分析力、判断力、コミュニケーション力等の能力、さらに独創的な発想とそれをリアライズできる持続力や探求力を有しているか、面接等により評価します。

[生命情報学専攻]

① 教育理念

生命情報学専攻は、知的情報処理分野と生命情報科学分野を2つの柱とし、生命現象にヒントを得たプログラムの作成等による情報学の課題解決と、情報処理技術を活用し、生命現象を解明して行くための教育・研究をおこないます。

生命科学と情報科学の融合により双方の発展に寄与するとともに、高い倫理観を備え、優れたコミュニケーション能力を持つ高度専門技術者や研究者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような資質を持った人材を求めています。

・生命科学、情報科学等の幅広い知識を備え、その融合と応用に興味を持ち、専門分野を極める意欲がある

・将来生命科学、創薬、医療、情報科学等の研究や開発に関わる高度専門業務への従事を希望する

③ 評価の観点

多角的視野を備え、客観的なデータ解析に基づいた論理的思考力、分析力、判断力、コミュニケーション能力等を、生命科学、情報科学の専門知識と英語の能力により評価します。また、独創的な発想力と研究を地道に行うことができる忍耐力を有していることを確認するため、面接により評価します。

[システム生体工学専攻]

① 教育理念

システム生体工学専攻は、システム神経工学分野、生体情報計測システム分野および生体機能制御システム分野を3つの柱とし、社会情勢や健康長寿の社会的ニーズを的確に把握し、それを工学シーズと融合させることができる高度で知的な素養を備え、多様に変化する社会で柔軟に活躍できる高度専門技術者や研究者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような資質を持った人材を求めています。

・工学と医科学の学際分野で真に活躍できる技術者・研究者として、学部で学んだ専門知識や技術を一層発展させたい

・電気電子・機械・情報・計測制御等の工学基盤技術を駆使し、生体システムの理解を究め、 人の健康や福祉に貢献したい

・生体システムのメカニズムを探求し、工学に応用したいと考えている

③ 評価の観点

コミュニケーション能力を身につけていて、独創的な発想と探求心を持ち、高度な研究やその応用を目指す実行力を、面接、専門知識および英語の能力により評価します。

[生物工学専攻]

① 教育理念

生物工学専攻は、生物科学分野と生物利用分野を2つの柱とし、生物の持つ精巧かつ多様な機能を効果的に活用し、健康・医療分野、食分野、環境分野に於ける21世紀の課題を解決する高度専門技術者や研究者の養成を目指しています。

② 求める学生像

次のような資質を持った人材を求めています。

・社会、経済、技術等の幅広い分野の知識を有し、生物工学分野で高度な知識と技術を修得したい

・生物の持つ高度の機能について強い興味を持ちその原理を解明し、新しい産業技術を創造したい

・生命科学分野に於いて研究を行うに十分な基礎知識を有している

・広い視野を持ち、客観的なデータに基づき論理的に解決方法を見出し、それを伝える能力を有している

・独創的な発想力を持ち、地道な研究開発を行う実行力と忍耐力を有している

③ 評価の観点

生命科学、生物工学の専門知識と課題を深く理解し、それを伝えるための基盤となる大学学部で学ぶ基礎的専門知識と英語を含む基本的なコミュニケーション能力を有していることを確認するため、面接、専門知識および英語の能力により評価します。

教職課程

生物工学専攻において、高等学校教諭専修免許状(理科)を取得することができます。

教職課程は、教員養成に対する社会的要請を踏まえ、学部で学んだ専門分野の基礎能力と教育に対する理解と実践的な指導力をベースに大学院での講義や研究活動を通して、高度な専門的職業能力と現場での応用力を備え、それらの力を教育に活かせる教員の養成を目指しています。

次のような資質を持った人材を求めています。

・様々な視点に基づき物事の本質を見極め、解析する能力をもっている。

・自ら課題を設定し、修得した知識と基礎的能力を活用してその課題を解決できる。

・教育現場での活動に根気強く主体的に取り組むことできる。


博士後期課程(環境・生命工学専攻) 環境デザイン工学分野 ・ 生命工学分野


 学内外を問わず環境・生命工学に深い関心を持ち、博士の学位を取得しようとする強い意志を持つ修士修了見込みの者及び既に修士修了後に社会で活躍しながら、自己の研究能力の更なる向上を図り、博士の学位取得を目指す人材を選抜する。
 また、世界に開かれた研究科との観点から外国人留学生の受入れも積極的に行う。博士後期課程へ入学しようとする者は自身が作成した修士論文要旨や学術論文を提出し、さらに語学(TOEICなど可)と専門に関する記述試験、研究能力に関する口頭試問などを受けなければならない。なお、学業成績優秀者、企業における研究開発などの活動が十分な者に対しては記述試験免除の制度がある。