文字サイズ + 標準
トップページ保健室からのお知らせ ≫ ハラスメントのないキャンパスのために

ハラスメントのないキャンパスのために

教育・研究、勉学、就労の場であるキャンパスにハラスメントが存在すると、秩序が乱れ、人間関係の悪化や生産性の低下を引き起こします。ハラスメントを受けた人や周囲の人の精神状態に大きな影響を与える可能性もあります。本学の構成員が快適に教育・研究、勉学、就労できる環境を維持するため、一人一人がハラスメントの防止に努め、絶対にハラスメントを許さないという心構えを持つことが大切です。

ハラスメントの被害にあったら

  • ひとりで悩まないで
    ハラスメントを受けていると感じたら、自分を責めたり悩んだりせずに、ハラスメント相談員に連絡してください。 相談に来ることがためらわれる場合は、まず身近な人に相 談をしてください。相談には家族や信頼できる友人、教職員と一緒に来室することもできます。大学が解決に向けて支援します。
  • 被害の記録を取ってください
    あなたが受けた言動について、いつ、どこで、誰から、どのようなことかがわかる記録を残しておくと、相談・申立ての際に役立ちます。
  • 緊急の場合は警察に連絡を
    相手からの暴力行為などで、心身に危険を感じたり、緊急を要する場合は、迷わず周囲の人に助けを求め、警察に連絡をしてください。

加害者にならないために

  • 互いに人格を尊重して
    本学を構成するすべての立場の人々(学生・生徒・教職員)は、対等に互いの人格を尊重する姿勢を持ちましょう。
  • 固定的な性役割観の再考を
    社会的に形成された性別意識、「男性や女性はこうあるべき」という固定的な性役割観などの偏った見方・考え方を押し付けることは避けましょう。
  • 立場が上の人(指導者又は先輩)は十分な配慮を
    反対意見や「ノー」と意思表示がないからといって、それが合意・同意とは限りません。
  • すぐに謝罪を相手が自分の言動を
    ハラスメントと受けとめているとわかったら、すぐに止めて、真摯な気持ちと態度で謝罪しましょう。自分の家族や大切な人が受けたら不快だと思う言動を慎むという心構えが大切です。

ハラスメントを見かけたら

  • 見過ごさない勇気を
    ある集団内でハラスメントの存在が黙認されてしまうと、周囲もその関係に巻き込まれ、環境が悪化してしまいます。ハラスメントを見過ごさない勇気が必要です。特に教育、指導、管理監督する立場にある人の果たす役割は重要です。
  • ハラスメント相談を勧める
    相談を受けた場合は、必要に応じてハラスメント相談を勧めてください。その際、同行することも可能です。
  • 知り得た情報は慎重に
    相談内容等の知り得た情報については、本人の意向を尊重し、安易に漏らさず慎重に扱うことが必要です。