文字サイズ + 標準
トップページ » 前橋工科大大学院 » 大学院入学案内 » 博士前期課程開設研究室【システム生体工学専攻】

博士前期課程開設研究室【システム生体工学専攻】

平成29(2017)年度 大学院工学研究科(博士前期課程)学生募集要項掲載

» 各研究室へのお問い合わせはこちら

分野   研究室名   職 名 教員名等   研究内容  
システム神経工学                
  システム神経科
学&神経工学
研究室
  教 授 いまむら かずゆき
今村 一之
  命の理(ことわり)をリアルタイムで解き明かし、生命科学統合のプラットフォームと考えられる生理学と工学系の諸学問領域を融合させること(再生医工学等)に挑戦している。これまでに脳神経回路に特徴的な広汎投射型回路の働きを調べ、可塑性調節との関連を明らかにした。神経可塑性の増強を手段に新たな福祉工学(機能回復学)を確立することが研究のゴールである。  
             
               
  神経機能工学
研究室
  准教授 いしかわ やすゆき
石川 保幸
  高次脳機能を理解する上で必要となる神経生理学の基礎 から解剖学的視点を中心に実験を実施する。実験動物の取扱いに習熟し、脳スライスおよび個体レベルからの電気的活動の記録が独力で可能 になることを目指す。さらに、脳機能、特に脳の可塑性および行動を計測解析する方法を学ぶ。  
             
               
  神経電子計測
システム
研究室
  准教授 おだがき   まさと
小田垣 雅人 
経頭蓋磁気刺激法や機能的核磁気共鳴画像法等の脳機能計測手法により運動生成に関する脳機能メカニズムを解明する。また、歩行運動中に経頭蓋磁気刺激法の利用を可能にする刺激部位を推定するシステムの開発を行う。これらの要素技術を応用して、新しいリハビリテーション手法や運動機能評価法の確立を目指している。  
             
生体情報計測システム                 
  光診断技術
研究室
  教 授 のむら やすとも
野村 保友
  光は個体から分子まで各階層での生命活動を無侵襲測定できるので、例えば酸素を運搬する血液ヘモグロビンを体外から測定すれば、酸素代謝の変動を評価可能であり、ラベルされた生体分子のダイナミクスを生細胞内で測定すれば分子間相互作用などを評価できるはずである。このような光学技術の幅広い応用を試みている。  
             
               
  生体計測
研究室
  教 授 わん ふぇん
王  鋒
(Feng Wang)
  機能性材料・センシング・計測・エレクトロニクス・信号処理等の技術を統合して、生体から発する様々な情報を無侵襲的に測定する手法を研究し、医療診断や健康モニタや福祉機器への応用に取り込み、在宅健康モニタ、新しい診断・治療および介護支援装置の開発研究を行っている。人々の健康および生活の質の向上に貢献することを目指す。  
             
               
  適応信号処理
研究室
  准教授 まつもと ひろき
松本 浩樹
  生体・音声・心理・通信・マルチメディアなどで発生する現象を情報システムとして捉え、数理モデル化し、これを適応信号処理やブラインド信号処理の手法を用いて最適化することで工学的な方式を構築する研究を行っている。並行して、ここで用いる適応信号処理やブラインド信号処理の基礎理論・アルゴリズム・アーキテクチャの研究にも力を注いでいる。  
             
生体機能制御システム                
  生体制御
システム
研究室
  教 授 はらかわ てつみ
原川 哲美
  脳では様々な情報処理を行っている。その処理は脳波(EEG)や他の非侵襲計測で測定することが可能であるが、具体的な把握は不十分な状況である。そこで体性感覚、運動指令、感性情報処理に関する処理の定量化を検討している。近年注目されている「感性」の定量評価についても検討を進めている。  
             
               
  形状情報処理
研究室
  教 授 むかい しんじ
向井 伸治
  CAD/CGにおける形状モデリング・形状処理に関する基礎研究や形状モデルを生体医療・福祉工学分野に応用する研究を行っている。形状処理では、3次元モデルの分類や検索、形状計測と再構成、形状認識、視覚化、幾何推論などの問題を扱っている。これらの要素技術を応用して、設計支援システムの高度化や福祉支援システムの開発を行っている。  
             
               
  知能ロボット
システム
研究室
  教 授 しゅ せき
朱  赤
(Chi Zhu)
  電気電子、機械、と生体系の融合を目指し、福祉・介護・医療・家事ロボットなどの研究開発を通し、人間の生活支援技術の研究を行っている。当面は、人間の力信号、筋電信号、脳信号などの生体信号を用い、高齢者や障害者の運動支援ロボット、介護者のパワーアシスト装置、人間のパートナーとしての人間型2足ロボット、及び家事ロボットの研究を進めている。私たちの研究・教育活動を通して、まだ実現されていない人間支援ロボットの開発およびその技術の確立が研究の目標である。