文字サイズ + 標準
前橋工科大学同窓会
トップページ » 同窓会 » 活動報告 » 渋川・北群馬支部の活動紹介

渋川・北群馬支部の活動紹介

平成26年度 活動報告

平成27年9月

副会長 佐藤昌巳

渋川・北群馬支部の定期総会を3月21日、渋川市内にて開催いたしました。

総会では、平成25年・26年度事業報告及び収支決算、平成27年・28年度事業計画及び予算案などが協議され、満場一致で承認されました。

また、岸哲夫支部長が支部長を担任され、4月から支部長に私、佐藤昌巳が就くことも決まりました。岸支部長におかれましては、長年のご苦労に深く感謝申し上げます。その後の懇親会では、会員同士、近況を報告しあって親睦を深めました。

支部の主な活動としまして、毎年、秋には研修旅行を開催していますが、去年は山梨県方面へ出向き、恵林寺などの重要文化財を巡り、会員の見聞を広げることができました。

今後も支部の活動を活発化させ、より多くの会員方に参加していただければ幸いです。

渋川・北群馬支部の活動

平成25年3月

副会長  岸 哲夫

渋川北群馬支部では、毎年晩秋に近県の名所に出かけ視察研修を実施しております。

平成24年度、長野県軽井沢三笠の宮ホテル・中央工学校資料館研修を下記のとおり報告いたします。
平成24年11月25日(日)に中央工学校資料館は岐阜県にあった床屋を移築(1935)農家の養蚕住宅・茅葺きで、柱はちょうな造りの落ち着いた建物(資料館)でした。


国定重要文化財旧三笠の宮ホテル視察については、木造建築で、洋館基礎は石造り、暖炉や風呂・床が印象的な造り、古い建物を大切に保存するところに努力を感じました。

以上会員の親睦を兼有意義な研修となりました。