文字サイズ + 標準
Department of Systems Life Engineering システム生体工学科

教員紹介

氏名
役職
専門分野
研究室HP
教授
形状処理工学 CAD/CAM                                 形状情報処理研究室:おもにコンピュータによる図形情報の処理技術(CG)とその設計への応用技術(CAD)についての教育・研究をしています。
教授
神経科学 生理学                                              システム神経科学&神経工学研究室:哺乳類の脳構造およびその機能について、特に視覚や運動に関与する神経可塑性を神経工学の観点から研究しています。
教授
制御工学 画像工学 信号理論 電力変換 電動力応用                 生体制御システム研究室:高齢化社会の到来で、近赤外光による高機能の解明とインターフェースの開発、健康維持のシステム開発を行っています。
教授
分光学、生理学                                             光診断技術研究室:光を用いた新たな診断技術の可能性を探っています。主に可視光よりも波長の長い近赤外光を利用した光診断法を開発しています。 HP
教授
バイオメカトロニクス 生体計測                                      生体計測工学研究室:高機能材料を用いた新しい生体情報計測システムについて研究をしています。また、脳波を利用したブレイン-マシン・インターフェースの開発も行っています。
教授
ロボット工学 対人支援システム メカトロニクス                        知能ロボットシステム研究室:パワーアシスト技術や全方向型移動車いすなどの福祉介護ロボットを中心に対人支援システムに関する研究をしています。
准教授
ブラインド信号処理 適応信号処理 感性信号処理
生体信号処理 音声信号処理                                      適応信号処理研究室:生体情報の信号処理や解析方法についての研究をしています。また情報通信技術(ICT)を用いたシステムの構築も行っています。
准教授
神経科学 生理学                                            神経機能工学研究室:記憶に関して研究をしています。電気生理学的、行動科学的な観点から記憶・学習のメカニズムを解明することを目的としています。
准教授
医用電子工学 生体電磁気学 脳情報工学                               神経電子計測システム研究室:ヒトの運動について脳機能の解明や新しい福祉・リハビリテーション機器の開発を行っています。
  HP
講師
脳情報工学 脳データマイニング                                  生体データ工学研究室:生体情報のデータや社会に存在する様々なビッグデータを取り扱い解析するデータマイニングについて研究をしています。

生体計測工学研究室

我々は物を触るとき、そのものは硬いか、柔らかいか、ツルツルか、ザラザラか、温かいか、冷たいかなどを感じます。本研究室では、このような触覚を実現するセンシング・計測技術を研究しています。
将来、治療ロボットや福祉介護ロボットなどに装着して、ロボットに人と同じような触覚を持たせることを目指します。

神経電子計測システム研究室

本研究室ではヒトの運動機能に関する脳機能解明や新しい福祉・医療機器の開発を目指して研究を行っています。脳神経を刺激することができる経頭蓋磁気刺激法や機能的核磁気共鳴画像法を利用してヒトの随意運動生成に関する脳機能解析をしています。また、新しいリハビリテーション装置の開発なども行っています。