文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介総合デザイン工学科 ≫ 山中 憲行(やまなか のりゆき)
Department of Integrated Design Engineering 総合デザイン工学科

山中 憲行(やまなか のりゆき)

n_yamanaka.jpg

工学部/総合デザイン工学科 助教

専門分野

腐食工学 疲労工学 材料工学 耐震工学 照明工学

担当授業科目

構造力学Ⅰ 構造力学Ⅱ 材料工学 材料力学 材料実験 構造実験 組積造

私のプロフィール

 現在,コンクリートブロックに関する材料特性,構造特性,歴史に関する研究を行っている。また,低炭素鋼の腐食,構造物の疲労や耐震性能,照明工学に基づいた住環境についても研究を行っている。

最終学歴 東京都立大学大学院
学 位 博士(工学)
所属学会

腐食防食学会 日本建築学会 日本コンクリート工学会 照明学会 日本広告学会 日本材料学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7315  E-Mail yamanaka@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

1) コンクリートブロック全般

2) 低炭素鋼の腐食

3) 構造物の疲労特性

4) 構造物の耐震性能や力学性状

キーワード

 コンクリートブロック,腐食,疲労,耐震,瓦

現在取り組んでいる研究内容

1) コンクリートブロック全般

 コンクリートブロックに関する材料特性,構造特性,歴史について研究を行っている。コンクリートブロック建築は防火構造や耐震構造として期待されており,本研究では多くの方々に安心・安全な状態でコンクリートブロック建築を利用していただけるように研究を進めている。

2) 低炭素鋼の応力腐食割れ

 現在,供用中の鉄筋コンクリート構造物の中には,鉄筋で応力腐食割れが原因であると考えられる破断が発生している。そこで,本研究では,鉄筋の応力腐食割れ試験を行うことによって,応力腐食割れが発生する環境を明らかにして,応力腐食割れを防止するための対策を考え,鉄筋コンクリート構造物における応力腐食割れに対する維持管理手法の確立を目指すための研究を行っている。

3) 鉄筋のギガ疲労問題

 繰返し荷重を受ける鉄筋では,通常は200万回~500万回までの疲労寿命を想定していたが,1000万回以上の繰返し荷重が作用する場合にも破断することがわかってきた。そこで,本研究では,1000万回以上の繰返し荷重を考慮した疲労寿命式を構築し,鉄筋コンクリート構造物が長期の繰返し荷重にも耐えられるように研究を行っている。

4) 瓦屋根を有する木造住宅の耐震性について

 東日本大震災では,群馬県内の住宅において多くの瓦屋根被害が発生して大きな問題となった。そこで,本研究では,瓦屋根で被害が出ないように研究を行っている。

5) 照明工学に基づく快適な住環境づくり

 現在,照明技術では,環境負荷の低減からエネルギー効率が高いLEDの採用が求められている。そのため,LEDに対応した住環境づくりを進めていく必要がある。そこで,本研究では,快適な住環境を目的として,照明工学に基づく住環境づくりに関する研究を行っている。

主な研究業績

論文

1) 山中憲行,藤井秋男:魚津大火と群馬県のコンクリートブロックの関係について,日本建築学会関東支部,第87回,pp.237-241,2017.2

2) 土倉泰,山中憲行,林貞夫:石丸積でつくられた擁壁の安定性を評価するための載荷実験,土木構造・材料論文集,第32号,pp.159-166,2016.12

3) 土倉泰,山中憲行,岡村雄樹:空積みコンクリートブロック擁壁に生じる浮き上がりのシミュレーション方法,セメント・コンクリート論文集,Vol.68,pp.553-560,2014

4) 山中憲行,宇佐見隆志,四役誠之:瓦屋根の破壊過程 -2011年東北地震による群馬県の瓦屋根被害-,地団研専報,第60号,pp.187-194,2014

5) 宇佐見隆志,山中憲行:瓦屋根被害の減災,地団研専報,第60号,pp.179-186,2014

6) 土倉泰,山中憲行,岡村雄樹:中空部に砕石を詰めた空積みブロック擁壁の転倒条件の評価方法,土木構造・材料論文集,第30号,pp.131-139,2014

7) 山中憲行,岡村雄樹:ステンレス鉄筋の高サイクル疲労特性,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.679-684,2013

8) Noriyuki Yamanaka, Yuki Okamura,Koji Takewaka:Probability for Carbonate Stress Corrosion Cracking in Rebars and PC rods in the Carbonate Concrete, EASEC, 2013

9) 山中憲行,東村淳平:カルシウムが炭酸塩応力腐食割れに与える影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.34,No.1,pp.1090-1095,2012 など

受賞

1) 2002年日本コンクリート工学協会年次論文奨励賞

2) 2003年日本コンクリート工学協会年次論文奨励賞