文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介総合デザイン工学科 ≫ 伊佐 浩史(いさ ひろし)
Department of Integrated Design Engineering 総合デザイン工学科

伊佐 浩史(いさ ひろし)

isa.jpg

工学部/総合デザイン工学科  准教授

専門分野

通信理論

担当授業科目

情報処理技術の基礎 プログラミング入門 プログラミング

通信ネットワーク 音響工学 建築設備

私のプロフィール

理学部物理学科で理論物理学(相対論的場の理論)を学び、大学院では通信理論を専攻。これまで、主に通信における信号受信方式や信号処理についての研究に従事。最近は、量子コンピューター、量子暗号等の量子情報理論に興味を持っている。

最終学歴 東邦大学大学院理学研究博士課程修了
学 位 博士(理学)
所属学会

電子情報通信学会 日本数学会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

高速ディジタル通信における信号受信方式
量子情報理論

キーワード

通信方式、変復調、信号処理、量子計算理論、量子情報

現在取り組んでいる研究内容

通信における信号受信方式

移動体通信においては、移動体周囲の電波伝搬環境の変化と移動体の走行により、受信波の振幅、位相が時間と共に複雑に変動する周波数選択性フェージングが発生する。周波数選択性フェージングを受けた伝送路においては、その伝送路応答はランダムな時間変動を示す。さらに、移動体の走行により伝送路応答の時間変動は高速なものとなる。このため、受信される信号は複雑に歪んだ波形となり、符号間干渉を起こし、雑音が無い状態でも受信誤りを起こす。
そこで、受信側では、フェージングを受けて歪んだ波形から送信された信号を正確に再生する手段が必要となる。移動体通信での伝送路応答のような、高速、かつランダムな時間変動を示す伝送路応答に対しては、送信信号系列の推定の過程で、同時に伝送路応答の推定を行う方法が有効であると考えられる。この方法の一つの実現である、ブランド・ビタビ・アルゴリズムについての理論的検討と計算機シミュレーションによる数値的検討を行っている。

主な研究業績

論文

1) Ushirokawa,Y.Furuya,H.Isa,H.Oda,and Y.Sato,Viterbi Equlization on Time Varying Channel,Proc.of Second Makuhari International Conference on High Technology, pp.101~104,(1991)

2) 伊佐浩史,佐藤洋一,陰形式ブラインド・ビタビ・アルゴリズムのQPSKへの応用,電子情報通信学会論文誌,B-Ⅱ,Vol.J79-B-Ⅱ,№4,pp.233~246,(1996)

3) グラフ間距離による陰形式ブラインド・ビタビ・アルゴリズムの拡張" 共著 平成11年1月 Journal of Signal Processing Vol.3 No1,pp.47~57, (1999)

4) H. Isa, M. Ito, E. Kamei, H. Tohyama and M. Watanabe, Relative operator entropy,operator divergence and Shannon inequality, Scientiae Mathematicae Japonicae., 75(2012), 289-298. (online:e-2012(2012), p353-362.)

5) H. Isa, M. Ito, E. Kamei, H. Tohyama and M. Watanabe, Extensions of Tsallis Relative Operator Entropy and Operator Valued Distance, Scientiae Mathematicae Japonicae., 76 (2013), 427-435. (online: e-2013 (2013), 427-435.)

6) H. Isa, M. Ito, E. Kamei, H. Tohyama and M. Watanabe, Generalizations of operator Shannon inequality based on Tsallis and Renyi relative entropies, Linear Algebra and its Applications., 439 (2013), 3148-3155.

7) H. Isa, M. Ito, E. Kamei, H. Tohyama and M. Watanabe, On relation between operator valued α-dinvergence and relative entropies, to apper in Scientiae Mathematicae Japonicae.

8) H. Isa, M. Ito, E. Kamei, H. Tohyama and M. Watanabe, Expanded relative operator entropies and operator valued α-dinvergence, to apper in Journal of Mathematics and System Science.

共同研究

平成19年度 独立行政法人産業技術総合研究所客員研究員