文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介総合デザイン工学科 ≫ 稲見 成能(いなみ しげよし)
Department of Integrated Design Engineering 総合デザイン工学科

稲見 成能(いなみ しげよし)

inami.png

工学部/総合デザイン工学科 助教

専門分野

環境デザイン

担当授業科目

造形基礎工作Ⅰ 造形基礎工作Ⅱ デザイン演習Ⅰ デザイン演習Ⅱ

エンジニアリングデザインワークショップ 都市デザイン

エンジニアリングデザイン概論 総合デザイン工学研究基礎 総合デザイン工学研究

私のプロフィール

自然の中で過ごすのも、まち中で過ごすのも、どちらにも魅力を感じる私は、ここ数十年の間に両者の環境が絶えず壊され続けてきたことに遣り切れなさを感じています。「この場所にこれを造る必要があるのか?」「あの価値ある環境を残すことがなぜ出来ないのか?」「どうしてこの様にしか造れないのか?」という様なことの連続です。それら無思慮な破壊・建設行為をやめ、価値ある環境を造るためにはどうすればいいのか、といつも考えています。

最終学歴 筑波大学大学院(博士課程単位取得退学)
学 位 修士(デザイン学)
所属学会

日本建築学会 日本デザイン学会

連絡先

E-Mail inami@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

都市景観調査・計画,まちづくり・地域の活性化に関する研究

キーワード

芸術諸学、都市・地域計画、景観・環境計画、景観・環境

現在取り組んでいる研究内容

地方都市の衰退抑止と活性化に関する研究

現在、わが国の地方都市の多くでは、従来からの都市問題である市街地の空洞化や郊外化に加え、人口減少や超高齢化といった新たな社会問題に起因する低密度化や活力低下が、更なる衰退に拍車をかけている状態といえる。この問題の解決には、都市のハードとしての再編―都市構造の再構築と、ソフトとしての再編―コミュニティの再構築の両者がバランス良く図られることが肝要である。またその際に、都市の「活性化」を視野に入れつつも、今日の都市問題の複雑かつ困難な状況を踏まえると、まずはその前提条件となるであろう「衰退抑止」の概念に留意して対応すべきである。本研究はこのような観点から現代の地方都市の問題をとらえ、衰退抑止と活性化の方策を探ることを目的とし、問題を抱える多くの地方都市の将来像創出に向けて意義あるものと考える。

主な研究業績

著書

1) 土肥博至,稲見成能(他):浦安まちづくり研究1「アートとデザインの街づくり」,千葉県浦安市都市整備部市街地開発課(1994)

2) 松井淳,渡辺真理,稲見成能(他):前橋駅前けやき並木通り活性化プロジェクト2008年度活動報告書,前橋工科大学×法政大学(2009)

3) 松井淳・渡辺真理・稲見成能(他):前橋駅前けやき並木通り活性化プロジェクト2009年度活動報告書,前橋工科大学×法政大学(2010)

論文

1) 稲見成能:景観とその評価に関する研究(その3)―インタラクティブな街路空間シミュレータの構築―,日本建築学会大会学術講演梗概集,1996 F-1,pp.889-890,(1996)

2) 稲見成能・齋藤佳奈絵,建築デザインにおける設計与件としての景観条例に関する研究―景観形成基準項目による条例の分類と景観形成地区指定の現状―,日本建築学会大会学術講演梗概集,2004 F-1,pp.1103-1104,(2004)

3) 稲見成能・相内大海・高沢翔,建築用2次元CADソフトを利用したGISの検討,前橋工科大学研究紀要,第15号,pp.79-82,(2012)

4) 稲見成能・力石敏郎,前橋市周辺商業地域における商業施設の分布状況と人口密度・店舗密度による住商環境の量的評価について,前橋工科大学研究紀要,第15号,pp.83-87,(2012)

5)松井淳・遠藤精一・稲見成能・笹敦・塚田伸也・桜沢拓也,歩行者に着目した都市デザイン -前橋市JR前橋駅北口広場-,日本土木学会 景観・デザイン研究講演集No.8,pp.287-291(2012)

その他

  • 前橋市よりの受託研究である「前橋駅北口広場整備計画案作成に関する研究」において、前橋都心エリア内の歩行者環境再構築によって来街者を取り戻すことを目指す、前橋駅周辺地区の将来像及びコンセプトを検討し、駅前広場の活用デザインの提案を行なった。
  • 前橋市よりの受託研究である「前橋駅前通りに関する調査研究」において、前橋市の玄関口であるJR前橋駅前広場からつながる駅前通り(けやき並木)活性化に向けての勉強会運営や活性化策への活用に資するために、実地調査・事例調査及び通りの活用策やデザイン研究等の提案を行なった。
  • 地域活性化予備課題研究として前橋駅前通り商交会からの提案を受け、「前橋駅前通りの街並の変遷に関する研究―主に戦後を対象として―」をテーマに調査研究を遂行し、前橋駅前通りの主として戦後の(一部、明治・大正期を含む)街並みの変遷を明らかにするとともに、街並み来歴モデルの検討・制作を行なった。